ISSUE

... 続きを読む

さとり世代ってどんな意味?ゆとり世代との違いは?あてはまる年齢や特徴も!

近ごろ、よく聞くようになった「さとり世代」。いったいどういった意味を持つ言葉なのでしょうか?若い世代を指す言葉だとは知っていても、具体的な年齢層や「ゆとり世代」との違いがわからないという人も多いでしょう。ここでは、さとり世代の年齢や特徴、ゆとり世代との違いなどを説明していきます。

30歳までにやっておくべき7つの準備

30歳になると肉体面、社会的立場、人間関係など、さまざまな局面において変化が訪れます。あまりにも大きな変化であるため、いざ遭遇すると戸惑いや焦りで判断を誤ってしまうことも少なくありません。アラサー世代と呼ばれる20代後半から、30歳を機に訪れる変化を知り、準備しておくべきでしょう。ここでは30歳になる前に知っておくべき7つの変化をご紹介していきます。

やる気が出ないのは理由があった!やる気スイッチをオンにする方法

「やる気が出ない」という言葉を聞いて「サボってるだけ」と思った人は少し認識を改める必要があるかもしれません。やる気にもちゃんとしたメカニズムがあり、何らかの理由によってやる気が出ない状態になっているのです。ここではやる気が出ない理由や、薄れてしまったやる気スイッチをオンにする方法をご紹介していきます。

共依存ってどんな意味?特徴やなりやすい性格の傾向も解説

人生をどんどん悪い方向へと導いてしまう共依存。特に恋愛における共依存は深い愛情を伴っているぶん、苦しみも大きくなってしまいます。「なんでそんな人とつきあってるの?」と言われる人は一度、自分が共依存に陥っていないかチェックしてみましょう。ここでは共依存の意味や特徴、なりやすい性格の傾向を解説していきます。

人間不信の本当の意味は○○だった?診断テストと克服方法も

どれだけ孤独耐性が高い人でも一人で生きていくことはできません。現代社会で生きていくためには人間関係の構築が必須となります。しかし酷い裏切りに遭遇して人間不信になってしまう人も少なくありません。人間不信は人生を曇らせる悲しい心理です。ここでは人間不信の本当の意味や人間不信を改善する方法をご紹介していきます。

左利きの割合は世界共通?不便な左利きのあるある話も!

皆さんの周りに左利きの人物はいますか?左利きは珍しいと思われがちですが、実は意外と多いのです。ここでは日本や世界における左利きの割合がどれくらいなのかをご紹介していきます。左利きの便利、不便なあるある話もご紹介しますので「自分は左利きだ!」という人も、「あるある!」と頷きながら読んでみてくださいね。

謙虚の本当の意味とは?堅実との違いは?損をせずに謙虚になる方法

日本において謙虚さは美徳とされていますが、グローバルになりつつある現代社会では謙虚すぎると損をするかもしれません。謙虚とはどういう意味なのか、もう一度しっかりと意味を把握して自分の価値を貶めていないかを考えてみましょう。ここでは謙虚の本当の意味や堅実との違い、そして損をせずに謙虚になる方法を解説していきます。

リーダーシップとは?あなたに合ったリーダーの種類をタイプ別に診断

社会人として活躍していくのであれば、ぜひとも身につけておきたいリーダーシップ。向き不向きがあると思われがちなリーダーシップですが、実は誰もが持っている能力です。リーダーにはさまざまな種類があり、環境や組織によって必要とされるリーダーシップの能力は異なります。ここでは、リーダーシップの意味や能力、タイプ別診断について解説していきます。

ゆとり世代が理解できるようになる!ゆとりの悪い特徴といい特徴

「やる気がない」「空気が読めない」「学力が低い」など、散々な評価を受けているゆとり世代。近年はゆとり世代=仕事ができない世代という認識が広まり、ゆとり世代という言葉自体が悪い意味を持つ言葉として扱われています。

本当にゆとり世代はダメな世代なのでしょうか?ゆとり世代の特徴を改めて調べてみたところ、意外と優秀な特徴があることがわかりました。

ここではゆとり世代の悪い特徴といい特徴、そしてゆとり世代と接する際のポイントをご紹介していきます。

これをやれば幸せになれる!科学的に証明された幸せになる方法5選

幸せになるために必要なものはお金や美貌といった外部要素だけではありません。裕福な生活を送るセレブモデルや芸能人も、それぞれ独自の悩みを抱えて、うつ病などの心の病に悩まされることがあります。

しかし一方で裕福でなくとも、幸せな日々を送っている人たちもいます。そういった人たちは幸せになる方法を無意識のうちに行なっているそうです。ここでは研究や統計学といった科学的知識によって明らかとなった幸せになる方法をご紹介していきます。

承認欲求が強い人の特徴は?実はうざいと思われているパターンも

SNSなどで時折見かけるようになった「承認欲求」というキーワード。難しい言葉であるかのように感じますが、実は大人から子どもまで誰もが持っている欲求のひとつです。

ただし、承認欲求が強すぎると「うざい人」「めんどくさい人」だと認定されてしまいます。しかも、承認欲求が強すぎる人は自分がそうだと気づいていないため、知らず知らずのうちに「うざい」認定されてしまっているパターンがほとんどです。

ここでは承認欲求が強い人の特徴やうざいと思われるパターンをご紹介していきます。心当たりがあって不安な人はぜひ一度、チェックしてみてください。

ページトップへ