染谷将太は若手潰し?「出たいものは出たい!」

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若手実力派俳優の染谷将太さんが、映画総取りで若手潰しだと話題に。

染谷将太

染谷将太

1992年9月3日
トイズファクトリー所属
東京都出身
身長172cm
体重54kg
日出高等学校卒業via google imghp

実力派俳優の染谷将太は若手潰し?

実写版映画『寄生獣』の主演だったのは記憶に新しいかと思います。人気実力派俳優として知られています。

過去の出演作品は、
『ヒミズ』
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
『劇場版 テンペスト3D』
『悪の教典』
『ストロベリーナイト』
『脳男』
『清須会議』
『永遠の0』
『白ゆき姫殺人事件』
『神さまの言うとおり』
『寄生獣』
『バクマン。』…等

2011年には、第68回ヴェネツィア国際映画祭に出品された園子温監督作品『ヒミズ』で女優、二階堂ふみとともに、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞しています。
これで二人とも有名になった気がしますね。


「どこでとれたの唄」篇

これはだれもが見たことのあるCMかもしれません!これ染谷さんなんですね。知らなかった。via www.youtube.comそんな染谷さん、演技力がすごいので、監督等映画関係者に一目置かれる存在となっているそうなのですが、あることで関係者を困らせてしまっているようです。

大作で主演を張るまでに存在感を大きくした染谷さんですが、作品の大小に関わらず「自分が出たい」と思った作品には、監督に立候補するそうです。
監督も、彼の実力は重々わかっているのでそれを承諾。それによって、元から決まっていた主演俳優や脇役の俳優等を総入れ替え…それには膨大な時間がかかりますし、何よりすでに決まっていた役者さんの気持ちを考えると可哀想ですよね。

ここ数年でも多数の映画に出演している染谷さんですが、その中でもヒット作はかなり出ています。芸能関係者曰く、興収20億を超える映画の主演俳優は仕事を選ぶべき、所属事務所やマネージャーが止めるべきだと言っています。他の若手俳優が活躍する場がなくなってしまうからですね。

実際に、いろんな役をチャレンジするのは良いんでしょうけど、やはり自分の意見が必ず通るみたいな環境は作るべきではないですよね。
映画業界も大変だなと思いました。



ページトップへ