YouTuberゆたぼんの炎上騒動まとめ!何が面白くて人気があるの?

エンタメ サブカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小学生の頃から不登校であることを明かしていたYouTuberゆたぼん。中学生になった現在も学校へは通っておらず、YouTuberとして活動しています。今回はゆたぼんの炎上騒動をまとめてご紹介しましょう。

中学生YouTuber・ゆたぼんは何が面白いの?

かつては“天才小学生YouTuber”とも呼ばれたゆたぼん。

ゆたぼんの本名は中村 逞珂(ゆたか)で、2008年生まれの13歳です。

大阪府で生まれ育ちましたが、2017年に不登校になったことをきっかけに小学校へ通わないことを宣言。

その後、姉を除いた家族で沖縄県に移住しています。

ゆたぼんは「少年革命家ゆたぼん」としてYouTube配信を行っていますが、正直芸能人ではないため何か芸を持っていて面白いという子ではありません。

その一方で、不登校になったことをきっかけに「不登校は不幸じゃない」「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない」と自らの考えを堂々と明かしており、賛否両論はあるもののこれらの考えに刺激を受けている方が多い様子。

特に時事ニュースなどをよくチェックしており、自分なりの見解などもYouTubeで配信しています。

ちなみに父親の中村幸也さんは心理カウンセラーを仕事にしており、2021年にはNHK党から衆議院選挙に出馬。

3053票で惨敗していますが、不登校などに対しては基本的にゆたぼんの考えを尊重することを明かしています。

ゆたぼんの炎上騒動をまとめてご紹介!

ひろゆき氏に対し「本当にクソ」発言

ゆたぼんは以前「中学校に行く気はありません」と宣言しました。

小学校の頃は「好きな時に行く」としていましたが、中学校に関しては最初から「行かない」と断言。

これについて2ちゃんねる創設者・ひろゆき(西村博之)氏が「子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います」とし「社会的に良くないしアホの再生産になります」と批判。

その結果、ゆたぼんはひろゆき氏に対し「本当クソだなと思う」とコメントし炎上。

その後もゆたぼんとひろゆき氏の舌戦は続きますが、この炎上をきっかけにゆたぼんの動画再生回数が上昇。

そのため“炎上商法”と言われることも増えています。

ノーマスクで誕生日会を開催

ゆたぼんは昨年12月12日、自身の誕生日パーティーを開催しています。

そこには加藤紗里さん、へずまりゅうさん、NHK党の立花孝志さんら100人あまりが出席。

有名インフルエンサーやYouTuberたちも多く参加していましたが、そのほとんどがノーマスクでした。

この頃、すでに日本では新型コロナウイルスオミクロン変異株が流行し始めており、大人数での集まりは控えていた方も多いはず。

そのため「ノーマスクで密は非常識」「知名度を上げるためなら何でもするんだね」「モラルなさすぎ」と炎上!

その一方で「同年代の友達いなくて可哀想」「ビジネス目的の集まりで草」「大人の売名や金儲けに使われてるだけ」という声も上がっていました。

既読スルーは「友達じゃない」発言

ゆたぼんはトラックを改装した車で、全国47都道府県の不登校児らとの交流を目的とした「ゆたぼんスタディ号プロジェクト」を行うことを発表。

トラックの購入・改装費用や、期間中の活動費用を集めるためクラウドファンディングをスタートさせました。

しかし、なかなか目標金額に届かず焦り始めたゆたぼん。

YouTubeで動画を配信しながら、支援をお願いするための電話に出なかった相手に対して「自分が都合いいときだけ電話してきて」「人が困ってるときに助けてくれないって、ホント酷い」と発言。

さらにメッセージを既読スルーした人たちについては「友達じゃない」というような発言をし、炎上しました。

クラウドファンディング難航でお金をせびる

結局、終了直前まで目標金額に届かず焦ったゆたぼんは知り合いのクリエイターたちに直接電話。

「俺いまインスタライブやってんねんけどさ。クラウドファンディングやってんねん、それ支援して欲しいねん!」と呼びかけする様子が、再び炎上しました。

ネットユーザーたちは「電話して金をせびってるの恥ずかしい」「公開カツアゲじゃんww」とコメント。

また電話に出ることができなかったクリエイターや既読スルーしたクリエイターに対しての発言については「ゆたぼん、誹謗中傷してるけど大丈夫?」「YouTubeで稼いでるんだから親が金出せば?」と批判の声が相次ぎました。

炎上した結果、ニュースでもこの件が大きく取り上げられ最終的に目標を達成したゆたぼん。

それでもまだまだ炎上は収まりそうにありませんね。

“不登校キャラ”のゆたぼんが実は学校に行っていた!?

小学校の頃、宿題をしていなかったことが原因で先生とトラブルになり不登校となったゆたぼん。

不登校という定義がはっきりしていないため、どれだけ学校に通っていなければ不登校と呼ばれるのか分かりませんが、実は週の半分は学校に通っていたことが判明!

一部では「嘘つき」「不登校キャラは作っていただけ」と呼ばれ炎上していますが、その一方では「学校に通っていてよかった」という声もありました。

ゆたぼんは給食だけを食べたり、友達と遊ぶために登校していたようで中学校になってからは一度も登校をしていません。

2021年3月時点では、中学校の制服すら購入していないと明かしているため、このままだと小学校と同様に中学校の卒業式にも出席は出来なさそうですね。

<こちらもおすすめ>

あやなんが次男の育児放棄で炎上!泥酔してしばゆーが謝罪の経緯は?

ギャルママモデル、聖菜が離婚!元夫や子供は?子育てで炎上も?

まとめ

中学生YouTuberゆたぼんの炎上騒動をまとめてご紹介しました。

小学生の頃の不登校を始め、現在は全く学校へ通うことなくYouTuberとして活動しているゆたぼん。

結果的には義務教育を受けさせていない父親や、不登校を後押しするようなゆたぼんの発言はたびたび炎上しています。

その一方で、ゆたぼんの発言ひとつひとつを面白おかしく取り上げているメディアも多く、現在は“大人のネタ”のひとつになっているのが現状。

今後、ゆたぼんがどのような道に進むのか見守っていきましょう。



ページトップへ