大怪我注意!!アラサー女の泥臭い恋を描いたマンガが熱い

マンガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「きょう会社休みます。」「5時9時」などアラサー女性の恋愛を描いたドラマが強い人気がある今日ですが、まだまだメジャーにはなっていないが爆発寸前の超危険マンガをご紹介!!

今アラサー女子の恋愛マンガが面白い

フジテレビで放送していた「私が恋愛でききない理由」や地味なアラサー女が年下の男の子に恋するドラマ「きょうは会社休みます。」を始め近々の「ダメな私に恋してください」「5→9~私に恋したお坊さん~」などアラサー女子の中々うまくいかない恋愛模様を描いた物語がやたらと多い近年ですが、まだドラマ化されていないマンガ、メジャーにはならなかったマンガ、まだまだアラサー女たちの泥臭い恋愛を描いた作品がたくさんあるので今回は3作品をピックアップ!!

イケメンからの罵声に中毒者続出。「東京タラレバ娘」東村アキコ

先日のマンガ大賞で見事第9位に輝いた東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」。

おしゃれ、トレンド、期間限定、女子の好む言葉を捨て大衆居酒屋で連日連夜女子会?という名の愚痴会を開く独身アラサー女子の物語。”あのとき~していれば””ここが~だったら”と自分と向き合えず【タラレバ】ばかりいう女たちの前に突然現れた謎の金髪イケメンに出会ったことで、過去、現在、未来を照らし合わせ、自分と向き合い、もがき苦しみながらも懸命に生きていく女たちの姿に中毒者が続出。

なかでも物語のキーマンの金髪イケメンモデル・KEYから繰り出される的を得すぎた毒舌にアラサー女子たちは心を抉らること間違いなし。google imghp (16256)

via google imghpgoogle imghp (16257)

飲み過ぎて転んだ時に放たれた一言via google imghpgoogle imghp (16258)

昔付き合ってたバンドマンと再会して彼女はいるけど2番目でもいいと思った直後に放たれた一言。via google imghpgoogle imghp (16291)

via google imghp

アラサー女が日頃から心がけないといけない3つの気持ち
①人様に感謝する気持ち
②男子からLINEを貰うだけでもありがたいと思う気持ち
③人様に自分が何をしてあげられるかを考える気持ち

google imghp (16259)

アラサーになると全てが否定されるのです。via google imghp現在単行本第4巻まで発売されております。この恐怖に耐えられる方、イケメンからの罵声なら大歓迎のマゾヒストの方は是非お読みくださいませ。

異なる3人のアラサー女子が集まった「地獄のガールフレンド」鳥飼茜

離婚を機に引っ越しを余儀なくされたが子供の保育園は変えたくないシングルマザーの加南、8年間住んだ賃貸を泣く泣く手放すことになった真面目OLの悠里、そして男にモテるけど男癖がすこぶる悪い謎多きふわふわ系家主の奈央の3人で始めた謎のルームシェア生活を描いた物語。

この作品は過去の仲良しルームシェアを描いたものとは違い、役所の掲示板に貼られた張り紙で”地区の都合がいいから””人に干渉されなさそう”といった理由から集まった3人でこれまでのルームシェアした物語とは一味違うスタート地点から始まっている。

このマンガでもやはり大きな重点となるのが3人の恋愛模様。シングルマザーで子供のことを第一に考える故恋していいのか悪いのか悩む加南。仕事を頑張り過ぎたせいで気づけば今までの恋愛経験は20代前半のときの不倫恋愛しかない悠里。いままで彼氏が途切れたことのなかく、初めて彼がいなくなって自分に気づいた奈央。それぞれ全く違った道を歩いているがそれ故の化学反応が面白い。


そしてやはりこの作品でもキーになってきそうなのは処女厨のイケメンである。google imghp (16273)

via google imghpgoogle imghp (16275)

via google imghpgoogle imghp (16276)

via google imghpgoogle imghp (16277)

via google imghpTwitterではこのシーンが共感を得てあっという間に5000リツイートされたそうだ。「地獄のガールフレンド」は単行本第2巻まで発売中

先日ドラマが終わったばかりの「いつかティファニーで朝食を」マキヒロチ

トリンドル玲奈を主演としてつい先週まで放送されていた同作品。ドラマでは新木優子や柳俊太郎、成田凌など人気モデルを起用し深夜帯にも関わらず高い人気を誇った。

タイトルからして最近よく有りがちなグルメマンガに思われた方も多いのでないでしょうか?

それは大きな間違いです!!

食事シーンが多いのは確かですが、こちらのマンガの需要なところはそれぞれの人生の選択。高校からの友人4人がそれぞれの人生を歩みそれぞれの障壁にぶつかり、乗り越えていくという物語。孤独のグルメや食の軍師とは違うのです。

自分の好きな仕事に就いてはいるが何か満たされない主人公の麻里子。結婚して旦那も子どももいるが周りの働く女性に自分の道が正しいのか迷っている栞。恋愛体質で中々不倫から抜け出せない典子。家庭環境にトラウマがあり恋愛に奥手になっている里沙。

嫉妬まではいかないが隣の芝生が青く見える彼女たちだがそれぞれに話し合い打ち解け合うことで、新たな道に進みはじめる姿に美しくも時に切なく見える様に多くの共感を得る。google imghp (16285)

男女間の考え方の相違は永遠の課題via google imghp「いつかティファニーで朝食を」は単行本第9巻まで発売中

まとめ

以上3作品だがどれも心を殴られながらもなぜかドンドン読みたくなっちゃうマンガです。そしてこの手のマンガには必ずと言っていいほど登場する謎のイケメン。。。お前は毎回いいポジションに着きすぎているので一回ボロボロにされてしまえ。結構な頻度で過去にこんなことがありましたみたいなことで帳消しにされている気がするけどボロボロにされてしまえ。

個人的に王道な恋愛マンガよりもやはり上記の3作品だったり「モテキ」だったり「ボーイズ・オン・ザ・ラン」みたいなイケてない人間がぶつかっていく系のマンガの方が好きなので、もし私と似た感性をお持ちの方がいらしたこの作品は絶対にハマると思います。



ページトップへ