Mステ10時間SP、一番視聴率がよかったのは??

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mステの10時間SP、数十組のアーティストの中で最も視聴率がよかったのは、あのアーティストだった…!

10時間の生放送

9月23日「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」としてMステがお昼の12時から10時間程の生放送を実施した。
ミュージックステーションが30周年に突入したのを記念して行われた特番だ。

「世界に誇る日本のうた」をテーマに一万人アンケートをとりランキング形式で紹介していきながらその曲について来日している外人さんにもその曲を聞いてもらうという日本の素晴らしさを広めようというような番組になった。
もちろんスタジオや中継先から様々なアーティストが生歌やスペシャルメドレーを披露し総勢61組が出演した。

10時間ほどの長丁場だったがタモリは「飽きない」と言い、アナウンサーに疲れないかと聞かれた時も「たいしたことない」とこの長時間を楽しそうに悠々と司会をこなしていった。google imghp (2074)

いつもは「こんばんわ」なのに「こんにちは」という挨拶から始まることに違和感があると言ってました♪via google imghp

高視聴率の瞬間は?

普段Mステに出ている常連のアーティストからなかなかTVでさえ見かけないようなアーティストまで幅広く出演したこの番組。
更にこのMステのためのメドレーや演出も数多く披露された。

そこで気になるのはどのアーティスト、どの場面が一番視聴者が盛り上がったのか?
それが明らかとなる画像もネットで出回ったという。

それがこの画像だ。google imghp (2088)

via google imghpTwitterなどで即座に拡散されたこの画像は、TwitterにてこのMステスペシャルの中でどの部分が一番盛り上がっているのかを示すグラフだ。

明らかに急上昇しているのはあるアーティストが登場したシーンだった。初音ミク

初音ミク

via google imghp初音ミクとは女性のバーチャルアイドルで音声合成システムにて作成された声で喋ったり歌ったりし、更にそれに体がついているのでよりリアルなアイドルとなり人気を集めている。


Mステスペシャルではバーチャルアイドルにも関わらず楽屋が用意されていたり、放送中にタモリと会話したりして会場を沸かせていた。

この初音ミクが出演した第二部の最高視聴率は15%と好調だったがそれよりも更に盛り上がったと思われるシーンがある。

初音ミク『千本桜』

「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」via www.youtube.com指原莉乃がパフォーマンス中に大脱出イリュージョンを披露すると告知していたAKB48の登場シーンだ。google imghp (2100)

via google imghp「Everyday、カチューシャ」のパフォーマンス中に見事イリュージョンを大成功させたさっしー。

しかしAKB48のサプライズはこれだけでは終わらなかった。
次の曲になり「恋するフォーチュンクッキー」が始まると、イリュージョンを成功させたさっしーがSMAPの後ろに回りこんだのだ。

そこでさっしーは木村拓哉の腕を引っ張り無理やりステージまで引っ張っていきAKBのセンターの位置へ!google imghp (2112)

via google imghp終始困り顔のキムタクだがなぜか振付は完璧。google imghp (2114)

via google imghpそれを見ていたSMAPの他のメンバーも大爆笑。
一曲しっかりと踊り終えたキムタクにタモリも
「不思議なもんで違和感がなくなってくるんだよねぇ」
と楽しんでいた様子。

このAKB48×キムタクのフォーチュンクッキーを放送した第三部は最高視聴率18.3%を記録した。

ネット上では
「独断?台本?」
「サプライズ演出いらない」
などの意見も飛び交っていたが、影響をもたらした事がまさに視聴率に出ているのでやはり生放送らしい演出も大事なのではないかと思う。

AKB48 スペシャルメドレー

「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」via www.youtube.com

ページトップへ