高校球児の坊主に迫る。【選抜結果あり】

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

球春到来。春の選抜高校野球で盛り上がり、野球賭博問題に揺れるプロ野球もあと数日で開幕ですが、なぜ昔も今も高校球児には坊主が多いのか。今回はそのワケを考えたいと思う。

そもそも坊主は強制じゃない。。。

結果から言ってしまうと坊主は高野連の強制ではありません。高野連の”日本学生野球憲章”を隈なくみてもどこにも坊主にしないといけないという文は書いてありません。なので野球マンガをみて髪の毛の長いキャラクターに違和感を感じる読者がいると思いますが、それは違和感を感じる読者が異常で日本の高校野球文化に知らぬ間に洗脳されているということです。どちらかというと不良野球マンガによくある練習は頑張るけど授業は寝ます。そしていままで呆れていた現代社会の先生が「あいつら頑張ってんな。」なんてよくある光景ですが、実はこちらが高野連の規則に反しているのが現実です。これは高野連の

野球部の活動は、部員の教育を受ける権利を妨げてはならず、かつ部員の健康を害するものであってはならない。

加盟校および指導者は、部員に対して、定められた教育課程を履修することを保障しなければならない。

via 高野連HP

上記、二項に反しており先生を甲子園に連れて行くからテストの補習は勘弁して下さいなんてことにはなってはいけません。先生も優しい目で「今回だけだぞ」なんて簡単に口に出してはいけないのです。

@dougusare)さんの投稿

 

via google imghp

強制ではないのになぜ坊主なのか??

それでは強制ではないのになぜ球児たちは坊主にするのでしょうか?これには諸説あり
1.部内のルールとして坊主が定められている。
2.部活が忙しいため、バリカンでお互いに頭を刈っている。
3.坊主制度は廃止になったが伝統という惰性で坊主にしている。
4.坊主が好き。おそらくこれらが強制ではないのに現在も多くの高校球児たちが坊主頭にしている理由だと考えられます。

坊主頭のメリット・デメリット

部内規則として坊主が定められている学校は兎も角なぜ規則がない学校も坊主頭にするのかと言うと、たくさんのメリットがあるからに違いないと思ったので、ここでは坊主頭のメリットとデメリットを考えてみよう。

メリット

・髪を切る際に何も考える必要がないので時間が短縮できる。
・シャンプーの使用量が激減する。
・髪を乾かす時間を短縮できる。
・夏の暑い日にキンキンに冷えた水を躊躇いなく浴びることができる。
・薄毛を隠せる。
・寝ぐせという概念がない。
・整髪剤が不要。
・眉毛にとてつもなくこだわりをもてる。
・モテないことを髪の毛のせいにできる。
・容姿的アドバンテージのおかげで本当の自分をさらけ出せる。
・帽子がかぶりやすい

デメリット

・お洒落の幅が減る。
・冬は凍える。
・紫外線で頭皮が爛れる。独断と偏見がございますが、このように並べてみるとかなりメリットが多いようですので、坊主頭にするのもわからない気もしません。

坊主アレルギーによる部員減問題

このようにメリットが多いためかはわかりませんが現在も野球部の大方が坊主頭の現代。坊主推奨のようになっているせいで問題になっていることもあるようで、坊主アレルギー故に野球が好きなのに野球部に入らない学生が増えているようです。坊主アレルギーという言葉自体は私の勝手な造語ですが、坊主頭にするのがいやで中学生までは野球をしていたけど高校では辞めるということは実際に多いと聞きます。中には中学生時代には大活躍した選手ですら坊主故に野球の道を諦めてモテるサッカー部や野球の動きに近いバトミントン部に流れるという話もあります。事実私の学生時代にも中学時代に県の選抜に選ばれていたのに高校では英会話部に入っていた人もいました。これは日本的にも大変大きな問題ではないでしょうか。そのまま野球を続けていれば将来プロ野球はたまたメジャーリーグにも行けるような人材が髪の毛ごときで優秀な芽を摘まれる。他のスポーツで花が咲けばいいものの長年の積み重ねが重要と言われるスポーツ界で中々自分の型に嵌らぬままインターハイ予選を終え、大学ではごく普通のキャンパスライフを送ろうと考える人もいたのではないでしょうか?このようなことから将来のプロ野球選手になるかもしれない人材を減らすのであれば、規則では坊主強制と決まってはいないものの、一度全国に坊主ルールがないことを提唱するべきだと私は思います。

今年の選抜を見てみると

ここまで坊主反対論を述べてきましたが、今回の選抜高校野球を見てみると開会式で選手宣誓をした”小豆島高校”の選手たちは坊主にとらわれることなく野球に取り組んでいます。これは監督の杉吉監督が「坊主を強制してしまえば野球が楽しめなくなる」という監督の考えのもと選手たちは野球に打ち込んでいるそうです。その他にも度々甲子園に顔を出してくる神奈川の強豪”慶應義塾高校”なんかも坊主を徹底しているわけではないようです。このことから坊主で強弱が決まるということではないことがわかりましたね。


小豆島高校
キャプテン
樋本尚也選手via google imghpそして今回の選抜にはもう一人いままでの高校野球概念にハマらない選手がいる

滋賀学園
セカンド
井川翔選手via google imghp本日岩手代表の釜石高校を下しベスト8入りを決めた滋賀学園の井川選手である。一見ダイヤのAの御幸を連想させるサングラスだが、彼はファッション感覚でサングラスを付けているわけではなく、直射日光に弱い体質のため大会運営からも許可をもらいサングラスを着用しているそうだ。そんな彼は今大会で大活躍しており大会打率は5割を超えている。今後の戦いも彼に注目していきたいと思います。

via google imghp

実業家として有名な小田吉男も彼に注目しているようです。

まとめ

・坊主は高野連では強制ではない。
・坊主は意外とメリットがあることから今も根付いている。
・坊主を理由に野球の道を諦める人がいる。

そんな私も高校まで野球に捧げ冬は寒さに凍え、夏は日差しで頭の皮が剥がれていた一人なので、そんな辛い思いをする高校球児が一人でも減ることを祈ります。

本日の選抜結果

第一試合
青森代表・青森山田-福井代表・敦賀気比
0    -    1

第二試合
鹿児島代表・鹿児島実業-奈良代表・智弁学園
1     -    4

第三試合
滋賀代表・滋賀学園-岩手代表・釜石高校
9    -    1



ページトップへ