【鉄血のオルフェンズ23話感想】主人公の鬼畜っぷりが酷い

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大人気放映中の機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ23話にて衝撃的な回が誕生してしまいました。あまりの主人公の鬼畜っぷりに視聴者も困惑。本当の主人公はどちらになるのでしょうか..?

先日23話が放送されましたね。

この回で衝撃を受けた方はたくさんいるのではないでしょうか、
私もそうです、衝撃すぎてこの回だけは何回も見てしまいました。ある意味神回です。

そして同じ疑問を持った方も多いと思います。
これ本当にガンダムの主人公..?

敵側の方が主人公してないですか…?

そんな第23話の内容をざっくり

”第22話にてカルタ率いる地球外縁軌道統制統合艦隊に致命傷を負わされ死亡してしまったビスケット、弔い合戦を誓う彼らの前に再び決闘を望むカルタが立ち塞がる。彼らわ無事にエドモントンに到着できるのか…”

前回から不穏な空気が漂っています…

第23話はある意味神回?

開幕はカルタ様から…

前回、鉄華団を取り逃しイシュー家の名に泥を塗ってしまったカルタ様….イズナリオ様からお叱りの言葉を受け沈痛な面持ちです。via google imghp

ギャラルホルン組の幼少期

開幕と比べ和やかな雰囲気、やっぱりショタ、ロリはいい..
この頃はカルタ様の身長がガエリオ、マクギリスと比べ大分高いです。
ここの「堂々となさい」というカルタ様の言葉、小さい頃から気品と高潔さがあるのが伺えますね。via google imghp

体を失ってしまったアイン

アイーーーーーーーン!!!!!!!

前半の記憶を全て吹き飛ばす問題のシーン。
阿頼耶識システムを搭載しもはや人では無くなってしまったアイン。
誰がここまでしろと…下半身無いじゃないですか..!

ここでアインはガエリオを「ガエリオ特務三佐」と呼んでいますが、
前までのアインは「ボードウィン特務三佐」と呼んでいます。
ということはつまり、頭の方もイジられてしまっているのでは..?と
ネットでは考察がされているようです。

今回は声だけの出演でしたが、今後の絵面が怖すぎます。via google imghp

来ました戦闘シーン!

『そう。真価を示すときよ!』
いよいよ23話も終盤!このアニメ、ガンダムなのにガンダムあんまり出て来ないんですよね..
こういういざ勝負!という展開、私はとても好きです。

鉄華団VSカルタ様軍団!via google imghp

そして問題のシーンへ・・・

via google imghp『私はギャラルホルン地球本部所属地球外縁軌道統制統合艦隊司令官カルタ・イシュー!鉄華団に対しモビルスーツ3機同士による決闘を申し込みに来た!』

カルタ様毎度のご挨拶。よく噛まずに言えますね、流石です。

『セッティングにかかる時間を考慮し我々は30分待とう。準備が整い次第…』

そう、そして事件はここから・・

via google imghp

via google imghp有無を言わさぬ三日月の先制攻撃…!!
こんなガンダムが今までにあったでしょうか、三日月にお約束は通じません。絶句です。

ここだけ見ると完全に主人公の三日月が敵側に見えますが、前回で仲間のビスケットが殺されているので仕方ないっちゃ仕方のない部分はあります。相手の綺麗事に付き合っている暇などないのでしょうね。ですが、鬼畜です。

この後はガエリオ乗るガンダムキマリスが登場し戦線離脱するのですが、カルタ様の意識は既に遠くガエリオの事をマクギリスと言いながら死んでいきます。それを察し、マクギルスと嘘を付きながら優しい言葉をかけるガエリオ、圧倒的主人公オーラです。部下を人間ではない体にしてまい、幼なじみも失いより背負う物が増えました。この展開だとガエリオが主人公なのでは..?との声も多いようです。

1クール目は残す所あと3話になるのですが、今後の展開に注目ですね。公式からのアナウンスは未だありませんが、話の進むペースからいくと2クール目はほぼ確定に近いのではないのでしょうか?



ページトップへ