文春のスクープ力の秘訣とは?【春画問題】

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキー&ゲス、清原薬物、甘利大臣賄賂、ショーンK経歴詐称。こちらのスクープは全て週刊文春から発信されたものである。日本中の関心を集めるこちらのネタを集める文春のちからとはいったなんなのか

週刊誌は正に文春一強時代!!!!!!!!!!

日本中を震撼させるニュースを次々と発信している文芸春秋から刊行されている【週刊文春】その発行部数は今や週刊新潮を軽く抑え堂々の第1位である。

一般週刊誌発行部数ランキング

第1位 発行部数 約680000部 週刊文春(文芸春秋)
第2位 発行部数 約537000部 週刊新潮(新潮社)
第3位 発行部数 約505000部 週刊現代(講談社)
第4位 発行部数 約412000部 週刊ポスト(小学館)
第5位 発行部数 約230000部 週刊実話(日本ジャーナル出版)
第6位 発行部数 約208000部 週刊大衆(双葉社)
第7位 発行部数 約197000部 週刊プレイボーイ(集英社)
第8位 発行部数 約175000部 週刊アサヒ芸能(徳間書店)
第9位 発行部数 約165000部 週刊朝日(朝日新聞出版)
第10位 発行部数 約114000部 SPA!(扶桑社)
第11位 発行部数 約113000部 サンデー毎日(毎日新聞出版)
第12位 発行部数 約106000部 AERA(朝日新聞出版)
第13位 発行部数 約65000部 ニューズウィーク日本版(CCCメディアハウス)このように文春は2位に15万部近い差の発行部数である。多少の数字の前後はあるがこの順位は10年以上変わらず不動のものとなっている。

2016年になってからもベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音の不倫、清原和博の薬物騒動、ショーンKの経歴詐称など日本中の注目を集めるニュースを大量に世間に発信している。この週刊文春のスクープ力、報道力の秘密はどこにあるのだろうか?この報道力には大きな3つの理由があるという

1.他社を寄せ付けない取材力

ひとつは取材力。出版業界が不況と言われる今日で少しでも人件費、経費、雑費を減らそうとしている他社に比べると、文春は不況の波を寄せ付けない発行部数で資金も充実しているためヒットしそうなネタには存分に人と時間を遣うそうです。1つのネタに対して5人~10人のチームで動くのは文春だけだそうだ。

この環境作りは10年以上も週刊誌売上1位で資金にも人手にも余裕があるからこそできる文春特有の編成であることだろう。

2.広いタレコミ力

文春はその潤沢な資金から他社に比べて情報がたれ込まれた時のギャラが高いというこのファクターだけでフリーの記者からしたらネタは文春にもって行こうと思うわけですが、さらに抜け目のない文春は一般の方からも少しでもネタを集めるべく2014年から自社サイトで”文春リークス”というサイトで簡単にネタをたれ込める環境を作っている。このようにネタの受け口を少しでも広げて些細なネタでも有能な記者たちの取材力で強いネタに変えていくようです。


また日本には日本記者クラブという新聞社、通信社、放送局などが加盟する団体があるのだが、文芸春秋はこの日本記者クラブにも所属していないため新聞社から発行されている週刊誌よりも自由度の高い記事を発信できるようにもなっている。google imghp (16847)

via google imghp

3.長の復帰

昨年に春画*をネタにしたことで編集長の新谷学さんが3ヶ月の休養処分になっている。その新谷氏が今年の1月に復帰したことがわかっている。1月と言えば文春がベッキー不倫とSMAPの解散報道を出したタイミング。文春編集者たちが新谷氏を慕ってネタを温めていたのか、それとも新谷氏の休養期間に独自に取材をしネタを集めていたのかはわからないが、新谷氏が復帰した途端にこの大スクープの連続ですから、絶対に何か裏があるに違いない。google imghp (16846)

via google imghp*春画とは・江戸時代に描かれた浮世絵。卑猥なポルノ画で男女の行為から中には人間とタコとの魚姦を思わせるものまである。卑猥なため教科書には載らないが葛飾北斎や喜多川歌麿などの浮世絵画家も春画を描いており芸術性の高さから賛否両論議論されている。google imghp (16845)

via google imghp

2016年文春ネタまとめ

1月14日 ベッキー&ゲス川谷の不倫
1月28日 SMAP解散報道
2月11日 甘利大臣辞任
2月18日 育休議員宮崎謙介の不倫
2月25日 神戸連続児童殺傷事件”元少年A”直撃
3月3日  巨人軍・笠原の野球賭博の告白
3月24日 ショーンK経歴詐称今年だけでも相当なスクープの数々である。2周間に1回は日本中のメディアで騒がれるようなネタを最速で報道するわけですから読者が止まないのは必然なんですね。以上が週刊文春が週刊誌ランキングを独走するファクターだと思われます。これだけのスクープをしていれば味方も多ければ敵も相当数いることでしょう。文春記者の方は外にいる時は自分の素性を明かすのでしょうか?また高額と言われるタレコミの報酬額はいくらなのでしょうか?文春の内部事情に関しても気になることはまだまだ尽きなさそうです。



ページトップへ