WBC2017!侍ジャパン筒香嘉智、4番打者への軌跡

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

WBC2017で見せた筒香のホームラン。筒香のホームランが描くアーチは4番打者そのものである。中田と共に侍ジャパンの中軸を担う筒香。日本を代表する4番バッターに成長した筒香の活躍の原点に迫る。

世界に誇る侍の若き主砲

「横浜の空高くホームランかっとばせ」応援歌と共にWBC2017でホームランを連発している侍ジャパンの4番筒香。筒香の応援歌は4番にふさわしい応援歌である。ここで点が欲しい!そんな時にホームランを打ってしまうのが筒香の凄いところである。そんな天才バッター筒香の年俸は推定3億。同じく侍ジャパンのエースとして活躍する巨人の菅野投手は「彼は漫画の主人公のようなバッター」と筒香を高く評価している。今や日本を代表する打者に成長した横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智。彼の活躍は決して約束されたものではなかった。

ジャパンの4番筒香

飛躍を続ける侍ジャパンの4番筒香嘉智。相手のチームにいたら全打席敬遠したくなるようなバッターに成長した彼であるが、この地点に到達するまでに通った道は決して緩やかなものではなかった。via google imghp

「筒香はもうおしまいだ」ファンに嘆かれたあの日

野球エリートの高校時代

筒香の出身は和歌山県。野球の名門、横浜高校で寮生活の中、1年時から4番を担う筒香嘉智。野球エリートとして高校に進学し、2年時の春の甲子園では甲子園のタイ記録である1試合に8打点という驚異の成績を残した。3年時の夏では自らのエラーがきっかけで甲子園出場を逃すという苦い経験も味わっている。高校通算で69本の本塁打を放ち、日本代表として戦った経験もある。甲子園で輝かしい成績を残し注目を浴びていた西武ライオンズの菊池雄星投手に「彼は怪物だ」と言わしめる程の素晴らしい打者であった。そんな期待を背負って横浜ベイスターズにドラフト1位で入団し、輝かしいプロ野球生活の始まりだと思われたが…

横浜高校時代の筒香

野球の名門横浜高校で活躍した筒香。今でこそ左打ちの筒香であるが、当時は両打ちのスイッチヒッターだった。二年時の春の甲子園で見せつけた圧倒的な打力は、当時の甲子園ファンを魅了した。via google imghp

プロの洗礼、エリートの苦労

いくらドラフト1位とはいえ、すぐに一軍として出場することが出来ないのがプロの世界。どんな選手であれ二軍で経験を積んでいくのが一般的である。野球エリートの筒香も最初は二軍スタート。しかしその二軍で4番を担い見事な活躍を見せつける。二軍での圧倒的な成績を評価され、シーズン終盤で1軍デビューを果たす。最初の試合こそヒットは打てなかったが、後に行われた試合ではプロ初ホームランを放った。プロ二年目は8本の本塁打を打ち成長を見せたが、プロ三年目は二桁の本塁打を打ったものの打率が足を引っ張り順調な成長とはいかなかった。

プロ二年目の筒香

高卒新人としてベイスターズファンから期待されていた筒香。そんな筒香でも、活躍できないのがプロの世界の厳しさである。via google imghp

育成失敗とまで言われた2013年

2012年の同様思うような成績を残せていない2013年シーズン。二軍落ちも経験し成長にも陰りが見えてきたシーズン途中、一枚の写真がファンを驚愕させた。その写真がこれである。

筒香のお腹、衝撃の一枚

写真左で着替えている筒香。どうしてもお腹に目がいってしまう。当時のベイスターズファンからは「相撲部屋かな」「これがドラフト1位ってマジ?」などため息混じりのコメントも見られた。via google imghp「筒香もダメだったか」そんな声も聞こえ始める2013年シーズン。どん底まで堕ちた野球エリートの復活の要因はどこにあったのだろうか。

「君はここにいていい選手じゃない」勝負の2014年

筒香が二軍で苦しんでいる時に声をかけてくれたのは、当時同じく二軍で苦しんでいたラミレスだった。ラミレスは今や横浜DeNAベイスターズの監督であるが、現役時代の晩年は苦しいシーズンを過ごしていた。ラミレスは二軍で苦しむ筒香に対し、「君はここにいていい選手じゃない。僕が監督だったら試合に絶対に出す」などと声をかけていたそうだ。そんな声がけがあってからかは分からないが、筒香は自分を見つめ直し、勝負の年と言われていた2014年に備えて徹底的な準備を始める。自らのバッティングフォームを1から見直し、来る日も来る日もバットを振り続けた。その甲斐あってか筒香は好調を維持し、終わってみれば22本塁打77打点の活躍を見せた。2015年も同様の活躍を見せ24本塁打93打点の好成績を維持した。

完全復活の筒香

2014年から二年連続で20本塁打を放った筒香。2015年からキャプテンとしてチームを引っ張りベイスターズの主力として飛躍を遂げた。via google imghp

完全覚醒の2016年シーズン

2014年、2015年と飛躍を遂げた筒香嘉智。しかし2016年は明らかに違うものを見せつけた。2015年オフにドミニカ共和国へ武者修行へ行った彼であるがその成果が如実に現れ始めたのである。それが顕著に現れたのが2016年シーズンの7月。なんと7月で16本もの本塁打を放ったのである。その中で3試合連続で2本のホームランを放つという驚異的な活躍を見せ月間MVPにも輝いた。ストライクゾーンのボールを投げるとホームランにされる。そんな印象を敵チームに植え付けた。ファンの中には「全打席敬遠しろ」「うちのチームから打たないで」「このホームランってさっきのリプレイだよね」という声も聞こえてくる程であった。そんな活躍もあって横浜DeNAベイスターズは初のクライマックスシリーズに進出を果たした。クライマックスシリーズファーストステージで逆転ホームランを放った筒香を始めとした選手の活躍もあって、ベイスターズは巨人を下しファイナルステージへ進出した。ファイナルステージでは惜しくも広島登用カープに負けてしまったが、筒香嘉智はベイスターズの4番としてキャプテンとして、大活躍のシーズンだった。

完全覚醒した筒香

打率.322(リーグ3位)44本塁打(リーグ1位)110打点(リーグ1位)
圧巻の成績で素晴らしい打者へと成長を遂げた。via google imghp

日本の4番へ

日の丸の4番の重圧は凄まじい。筒香の後ろを打つ中田も4番の重圧を知っている。侍ジャパンの歴代の4番もその重圧の中で苦しんできた。WBC2006で4番を任された松中は大不調に陥ってしまった。4番に限らずWBC2009のイチロー日の丸の重圧に苦しんできた人の1人だ。WBC2017で4番を任された筒香はその重圧をバットで振り切り見事な活躍を見せている。一次ラウンド突破を遂げた侍ジャパンの快進撃を支える若き主砲の活躍に目が離せない。

日の丸の重圧に苦しんだ松中

当時の三冠王でさえ苦しんだ日の丸と4番の重圧。若き侍の筒香は先輩たちが苦しんだ重圧をバットに乗せて跳ね返すことが出来るか。via google imghp

日の丸の重圧に苦しんだ松中

当時の三冠王でさえ苦しんだ日の丸と4番の重圧。若き侍の筒香は先輩たちが苦しんだ重圧をバットに乗せて跳ね返すことが出来るか。via google imghp



ページトップへ