はんにゃ川島、腎臓がん手術していた【しくじり先生】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日に放送された「しくじり先生」の2時間スペシャルにお笑いコンビ・はんにゃが登場し、川島が腎臓がんの手術をしていたことを告白しました。がんの詳細とはんにゃのブレイク、低迷を調べました。

google imghp (16628)

via google imghp4日に放送された「しくじり先生」に登場したはんにゃの川島章良さんが、衝撃の告白をして話題になっています。

一昨年の11月に、医師から腎臓がんと宣告されたことを明かしました。

はんにゃといえば、独特な動きやキャラを活かしたコントで2000年代後半に人気絶頂を迎えたお笑いコンビです。当時は若手を牽引する存在。数々のレギュラー番組を持ち、ドラマにも出演するなど華々しい活躍を見せていました。

しかし、そんな時期も長くは続かず…
人気の衰えとともにレギュラー番組は続々と終了しゼロに。
「マジで笑えないお笑い芸人」というランキングで1位になってしまうなど、凋落っぷりもまた凄まじいものがありました。

そんな苦しい状況の中で発覚したのが腎臓がん。
低迷がとどまることを知らず、解散も考え始めた時だったそうです。

その頃、川島さんは交際している女性の妊娠が分かっていました。
そのため、自らも健康診断に行ったところ、腎臓がんが発覚したそうです。

その知らせを受けた相方の金田哲さんは「頭の中が真っ白で、あいつ(川島)になにも言ってやれなかった」と振り返っています。

はんにゃのお二人はがんのことを公には明かさないつもりでいたそうですが、保険に入っておらず病気の準備を全くしていなかった川島さんの反省を活かし、急に病気になった時のための準備の必要性を訴えるために今回公表したそうです。

川島さんはその年の末に手術を受けて無事成功。翌年1月から仕事に復帰しました。
同年2月には、交際していた女性と結婚。6月に長女が誕生しています。
医師からは5年経っても何もなければ完治だと言われており、今年の検査でも再発は見られなかったそうです。ひとまず安心です。

思いもよらぬ壁を乗り越えたふたり。結成した頃の情熱を思い出し、今後もコンビとして頑張っていく意向のようです。「辛い境遇を乗り越えて、実力が伸びていく。また面白いコントを作ってみなさんを笑わせたい」と強い意気込みを見せました。

人気の絶頂とどん底を見たはんにゃ

デビュー後すぐにブレイクしたはんにゃ。
“ずくだんずんぶんぐんゲーム”などの独特で強烈なネタをいくつも生み出し、当時大人気であったネタ番組「爆笑レッドシアター」にレギュラーメンバーとして出演していました。

その頃の「レッドシアター」の人気は凄まじい物があり、はんにゃの他にもしずる、ジャルジャル、フルーツポンチ、ロッチ、我が家、柳原可奈子、狩野英孝などレギュラー出演していた芸人は揃いもそろって大人気でありました。

一時は「レッドシアター」の他にも、「ホメられてノビるくん」や「キャンパスナイトフジ」などたくさんのレギュラー番組を持っていて、さらには「はんにゃのこの手があったか!」という冠番組まで持っていました。


間違いなくこの頃は人気の絶頂期。はんにゃはアイドル並みの人気を誇り、特に金田さんはコントで見せる独特なキャラとその整ったルックスで、ステージに上がると黄色い歓声が上がるほどでした。「レッドシアター」でのはんにゃ

「レッドシアター」でのはんにゃ

独特のキャラコントは大人気でしたvia google imghp

【エンタの神様】はんにゃ「ズクダンズンブングンゲーム」 – YouTube

はんにゃといえば、
ずくだんずんぶんぐんゲームですvia www.youtube.comしかしブレイクも早ければ落ちていくのも早かった…

アイドル並みの人気を博したのもつかの間、レギュラー番組はみるみるうちに無くなっていき、世間の人からも忘れられた存在に。

すると心ない声も聞こえてきます。
「コンビが両方つまらないとだめだ」
「動きだけ。それ以外は面白くない」
「フリートークは全く」
などの厳しい意見に本人たちも打ちひしがれたようです。

たしかに、いわゆる“正統派”や“本格派”の芸人ではないはんにゃ。
キャラやルックス、そのキャッチーさで売れただけに、いざバラエティーでトークを求められたり、正統派なネタを求められたりするとなかなか結果が出なかったというのもあります。

今後の伸びしろなども考えて解散を視野に入れ始めたところに、川島さんの腎臓がんが重なったのでしょう。

がんを乗り越え、再ブレイクへ

二人をとことん悩ませたがんですが、はんにゃにとっては奇しくもいい転機になったのかもしれません。

人気の低迷が続いていたはんにゃ。
おそらく焦りや不安でいろいろなものが見えていなかったでしょう。

そこに川島さんの病気が重なったことは、大きな試練でもあったでしょうが、いちど立ち止まって改めてゆっくり考えてみるいい機会になったのではないかと思います。

というのはもちろん、川島さんの手術が成功したからこそ言えることなのですが…
現に手術前は解散も考えていたお二人が、手術後にはまた二人で頑張っていくことを決意しています。

いつか再ブレイクし、さらなる高みを目指すとともに、
川島さんが再発もなく完治することを願うばかりですね。

今後もはんにゃの活動に注目です。



ページトップへ