古舘伊知郎「報道ステーション」降板!テレビ朝日慰留もなぜ・・・

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が来年3月いっぱいで降板することを発表。
テレビ朝日は、契約更新を打診して慰留したものの、「新しいジャンルに挑戦したい」という本人の意思を尊重し、合意したそう。

「ニュースステーション」久米宏の後釜として「報道ステーション」のメインキャスターに

google imghp (11216)

古舘 伊知郎(ふるたち いちろう、1954年12月7日生まれ現61歳)via google imghp「報道ステーション」は久米宏がメインキャスターを務めた「ニュースステーション」の後番組として、2004年4月5日より放送が始まりました。

「ニュースステーション」は実に画期的なニュース番組で、久米さんは企画当初から関わり、それまでのほとんどのレギュラー番組を降板したほどの熱の入れようでした。

特徴的だったのは久米さんが「個人的意見」を番組内で延べること。
今だとそんなことは珍しくもありませんが、当時では考えられないこのスタンスが番組の人気を呼びました。google imghp (11218)

小宮悦子さんがサブキャスターの「ニュースステーション」
懐かしいですねvia google imghpそして、久米さんは降板して、「ニュースステーション」から「報道ステーション」に番組名が変わりました。
降板理由としては、様々な憶測があります。

局側からすれば、彼の言動と番組の影響力が増大しすぎた事により,制御不能状態だった事、悪く言えば”やっかい払い”の意味合いも大きかったのでは?という説もあり、病気療養という説もあります。

そして、「報道ステーション」のメーンキャスターに抜擢されたのが古舘伊知郎さんでした。

パフォーマンスが得意で報道については無知?

google imghp (11227)

「馬鹿の目線」とネットで言われる報道番組via google imghp久米さんの後釜として期待されていた古館さん。
いざ番組が始まってみると、おそらく多くの人は、ズッコけてしまったんではないでしょうか?
古館キャスターのあまりの無知さに・・・。


小保方晴子の会見で、あることを知らなかったことに世間が驚き

もともと本人に情報量が少なく、ピントがずれている発言の多かった古館氏。

自分で取材もしない、原稿も書かない、作家の台本を読んでいるに過ぎなかったのです。
自分の経験で鍛えられた判断力がなく、だからこそ台本のないゲストが想定外の発言をすると、『お言葉ですが』と無理やり感情論で自分のオチに持ってこようとすることがお決まりのパターン。

そして、小保方晴子の会見で、あることについて知らなかったことが明らかに。google imghp (11231)

おぼちゃんvia google imghp

パワーポイントを知らなかった古舘キャスター

ニュース内で、小保方会見に関し、古館さんが衝撃発言しました。
「パワーポイントって何かわかりますか?私はわかりませんでした」
・・・・・・・・・・・・。
科学用語とでも思ったのでしょうか。それとも弱物目線で発言したのでしょうか。
どちらにせよ、ビジネスの基本ですから、古舘さん。私も仕事で使っていますよ。エクセルより簡単です。google imghp (11237)

パワーポイント ビジネスの基本ですね。via google imghpリアルタイムでこの番組を見ていたんですが、この発言を聞いた時、「!?」となりました。
私ですら知っているのに、報道番組のメーンキャスターが真顔で、「私にはわかりません」。

もちろんこの発言にネットがざわつきました。
●小学生でも知っている
●メディアの人は知らないんだろうか

この他にも、雷の影響で停電被害が相次いだことに触れ、
「エアコンが使えないなら、扇風機を使ってほしい」
というなど、なにかとトンチンカンなコメントが多かった古館氏。

「馬鹿の目線」の報道番組と言われても仕方がないのでしょうか。



ページトップへ