【V系のフェス】VJS2016 豪華出演者の共演!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月14・15・16日と3日間に渡って幕張メッセで行われる国内最大規模のフェス、VISUAL JAPAN SUMMIT2016。ヴィジュアル系バンドの圧巻のパフォーマンスを堪能できるフェスだ。

海外からも人気絶頂!日本が誇るヴィジュアル系

妖麗な出で立ち、二度見してしまうようなとても奇抜な出で立ち、男性とは思えないような可愛らしい出で立ちなど各バンド各メンバーが様々な一面を見せてくれるビジュアル系バンド。

その人気は国内に留まらず海外からも絶大な評価を得ています。
人気の秘密はやはり美しさ、クールさ、可愛らしさなどとても個性を感じる事のできるメンバー達のルックス、磨きこまれ独特な世界感を見せてくれる楽曲達、各パートの高い演奏技術など様々な理由があるでしょう。
CDショップのジャケットやプロモーションビデオを見ていてやはり一番目を惹かれるのがルックスでしょうか。バンド内でコンセプトを絞り統一性のあるメイクや衣装を魅せるバンド、バンド内の各メンバーが個性を強く出し様々な客層の心を掴みそうな出で立ちであったりと様々な顔を見せてくれます。
楽曲面でもPOPでキャッチーな曲を送り出していたり、世界観重視でそのバンドの奥底へリスナーを連れて行ってくれるバンド、海外メタルコアも顔負けな地鳴りのようなグロウル、シャウト、圧巻かつ迫力満点な楽器陣の演奏。
一口にビジュアル系と言っても本当にたくさんのバンド、ジャンルがあります。

そんな音楽シーンで活動するビジュアル系バンドが一挙に集う日本国内最大級のV系フェスが
VISUAL JAPAN SUMMIT2016です。

夢の共演!出演バンドが豪華すぎる!

今回のVISUAL JAPAN SUMMIT2016は10月14・15・16日の3日間に渡り幕張メッセで行われます。
3日間の予定動員人数は10万人と国内で行わるV系が集うフェスでは最大規模です。
去年行われたLUNA SEA主宰のイベント「LUNATIC FEST.」が2日間で約6万を動員しています。
今回は3日間の開催という事でLUNATIC FEST.を上回る10万人の予定動員人数にも納得です。
「LUNATIC FEST.」の出演アーティストも凄まじく豪華で驚かされましたが、今回のVISUAL JAPAN SUMMIT2016の出演アーティスト発表は第一弾から開いた口が塞がらないほどの驚き、それほどまでの豪華ぶり。
第一弾の時点で“X JAPAN” “LUNA SEA” “GLAY”の日本を代表する超モンスターバンドが3バンド発表!
しかもなんという事でしょう。10月14のイベント初日にこの3バンドが揃って出演するという凄まじい1日になります。

中学生時代LUNA SEAのSUGIZOに憧れてギターを買いに走った私としては全盛期を共にしていたこの3バンド共演は夢のような話です。
LUNATIC FEST.での再現を上回るような演出と期待感。
最終出演アーティストまでに発表された国内で人気絶頂のビジュアル系バンド達の強烈なサポートもありLUNATIC FEST.を超える盛り上がりと反響は必然なのではないでしょうか。

伝説の3日間を作り上げる出演バンド!

各日出演アーティストは以下の通りです。

10月14日(金)
X JAPAN、LUNA SEA、GLAY、ユナイト、CLØWD、lynch.、Psycho le Cému、LADIES ROOM、GARGOYLE、TOKYO YANKEES、NOCTURNAL BLOODLUST、DaizyStripper、HERO、BY-SEXUAL、かまいたち、Anli Pollicino、VANIRU、SPEED OF LIGHTS、X-SUGINAMI、BEAST

伝説の3バンドの共演はもちろん、私が見たくて仕方がないNOCTURNAL BLOODLUST、lynch.も出演!
NOCTURNAL BLOODLUSTは7弦ギターによるテクニカルかつメロディアス、超ヘヴィなリフが楽曲を引き立てます。技巧派ツインギタリストによる掛け合いは惚れ惚れしてしまいます。そしてVo.尋(ひろ)の体に突き刺さるようなシャウト、思わず聞き入る美しいクリーンは必聴です!
lynch.もVo.葉月のシャウト、サビでのクリーンの使い分けが素晴らしく楽器隊のヘヴィな演奏に勝手に体が動き出すでしょう!ヘドバン必至です!

10月15日(土)
X JAPAN、GLAY、HYDE × YOSHIKI、hide with Spread Beaver、シド、カメレオ、VALS 、Plastic Tree、A9、R指定、LM.C、DEZERT、ASH DA HERO、FEST VAINQUEUR、摩天楼オペラ、heidi.、The THIRTEEN、defspiral、グリーヴァ、ALDIOUS


HYDE × YOSHIKI、hide with Spread Beaverの出演がある15日。
こちらも豪華ですね、現在でも圧倒的なカリスマ性を誇るhide。
まさにギターヒーローといったところでしょうか。この世を去っても永遠にファンから愛されるhideのギタープレイ、歌声はこれからの新しい世代にも愛され続けるでしょう。
HYDE × YOSHIKIのコラボも一体どんなステージを見せてくれるのかとても気になります。
COVERをするのか、するとしたらどのような選曲なのか・・・。想像が出来ない組み合わせに期待が膨らみます。それにしても二人ともお若い!昔と変わらない素晴らしいパフォーマンスはL'Arc~en~Ciel,
X JAPANどちらを見ても健在です!

10月16日(日)
X JAPAN、LUNA SEA、清春、ゴールデンボンバー、MUCC、Angelo、己龍、vistlip、cali≠gari、Royz、DIAURA、THE SLUT BANKS、ダウト、Versailles、THE MICRO HEAD 4N'S、NoGoD、ゴシップ、ぞんび、Mumiy Troll

最終日の16日。
不動の人気を誇るエアーバンド・ゴールデンデンボンバー。毎回派手で個性溢れるライブパフォーマンスを魅せる彼らが大先輩であるバンド達の前でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか期待です。
個人的に好きなMUCC,Royzもこの日。見に行きた過ぎます・・・。

さらに3日全ての日程で出演者による「無敵バンド」のパフォーマンスもあります。文字通り“無敵”ですね!

気になるタイムテーブル!

visual-japan.comタイムテーブルを見てみると落ち着く暇がないフェスになる事は間違いありません!
チケットはSOLD OUT。ライブビューイングも行われるなど盛り上がりを見せています。
来年はどんなフェスが開催されるのか今から待ち遠しいです!
VISUAL JAPAN SUMMIT2016参加される方は怪我なく最後までお楽しみ下さい!


ページトップへ