V6が解散!理由は森田剛のジャニーズ退所?三宅健の想いも

アイドル ジャニーズ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャニーズのベテラングループで安定した存在感を出していたV6がなんと解散を発表!SMAP、嵐に続く衝撃が世間に走りました!2021年11月をもって解散するV6の解散理由は何?森田剛のジャニーズ退所?三宅健の想いも?

V6が解散!その理由は森田剛?三宅健の想いも

ジャニーズのベテラングループで、デビュー当時からメンバーの入れ替わりがなく安定した存在だったV6。

最近でグループとしての活動は目立っていませんでしたが、各々が自分の得意なジャンルで活躍し、多くのファンを集める異色なグループでした。

そんなV6が2021年3月に、同年11月に解散することを発表!

SMAP、嵐(活動休止)に続く衝撃を多くの人に与えました。

V6は変なスキャンダルも少なく、ずっと続いていくと思っていたのに!?

しかし、意外なことにファンは落ち着いていました…

今回はV6の解散について、さらに解散する理由をまとめてご紹介します。

解散理由に納得?V6らしい?

V6が解散を発表!

まずはV6の解散についてご紹介しましょう。

V6は2021年3月12日に、Johnny’s netより以下の文章を投稿。

突然のことで驚かせてしまうかもしれません。悲しませてしまうかもしれません。でも、とても大事なことなので、自分たちの言葉で皆さんに伝えます。僕たちV6は、2021年11月1日をもちまして、解散します

ファンや世間の人たちに衝撃を与えました!

11月1日といえば、V6のデビュー日でもあります。

V6は26周年という大切な日にグループ活動を終えることを決断したんですね〜

さらに、V6は同じくJohnny’s netでファンに向けてこのようにコメント。

突然のことで驚かせてしまうかもしれません。悲しませてしまうかもしれません。でも、とても大事なことなので、自分たちの言葉で皆さんに伝えます。僕たちV6は、2021年11月1日をもちまして、解散します

2019年といえば、もう3年にも渡って解散について考えていたようです。

これは世間的には驚きですが、ファンにとっては何となく察するエピソードがあったみたい。

25周年のコンサートでは「やり切った感」をメンバーから感じる部分があったようですし、さらに森田剛と岡田准一からは「限界を感じた」という言葉も飛び出していたとのこと。

25周年という記念すべき1年を安定して送ってくれたのですから、ファンにとってはありがたい終わり方なのかもしれませんね〜

V6の解散理由は?森田剛のジャニーズ退所?

さて、V6はグループの解散とは別にもう1つある発表を行いました。

それはV6のメンバー森田剛のジャニーズ退所です。

V6は森田剛のジャニーズ退所についてこのようにコメントを行いました。

そして、森田より『これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい』という発言があり、5人はその思いを受け止め、以降、何度も本音で話し合い、全員で今回の結論を導き出しました

森田剛は現在、舞台を中心に引っ張りだこな存在となっており、さらに宮沢りえとの結婚も演技に対する姿勢を高める1つの要因になったと考えられています。

もっと演技がしたい!そのためにはジャニーズでの活動は少なくしたい、そう考えてもおかしくはありませんよね。

嵐が活動休止に入った際も同じでしたが、V6もメンバー1人抜けたらV6じゃない!という想いが強く、最終的に解散という答えを選んだんでしょう〜

三宅健「剛が脱退なら解散」と森田剛を想う声

さらに、V6解散の意思を頑なに貫き通したのが、森田剛の親友、三宅健だったと言います。

まぁ言ってみれば、森田剛が脱退したあともV6だけは残し5人で活動を続けることは可能ですよね。

しかし、それを三宅健が許さなかったみたい。


三宅健はデビュー時も「剛が入らないなら俺もV6に入らない」と言ったほど、森田剛のことを信頼しています。

デビュー時と同じく、「剛がV6をやらないなら、俺もやらない。解散するべき」を意思を示したそうです。

岡田准一も同様に1人でも抜けたらV6じゃないという想いを持っていたようですし、やっぱり解散という決断がグループとしての最善の答えだったのでしょうね。

V6ファンの声が意外にも冷静?

これらのV6解散情報を得て、ファンは意外にも冷静に「それならしょうがない」「前向きな解散」という答えを出しています。

ツイッターを見てみましょう。

仕方ないとみているファンが多いものの、やっぱり寂しさは大きいでしょうね〜

V6の今後は?トニセンは残る?森田剛はどこへ?

とはいえ、V6って現在もグループとしての活動よりソロとしての活動の方が目立っていた印象がありますよね。

V6は解散後も、メンバー各々がソロで活躍を続けると考えられています。

中でも、V6内のユニット、トニセンは解散せず、トニセンとして活動を継続。

一方、カミセンは解散することになるそうです。

トニセンといえば、坂本昌行、長野博、井ノ原克彦の年長メンバーで構成されたユニットです。

トニセンだけが活動継続に違和感を抱く人もいるようですが、その理由は坂本昌行の意向があると噂されています。

坂本昌行はV6のリーダーであり、最後まで解散を反対したメンバーであると言われています。

V6は解散してもトニセンは残して活動したいという思いがあったのでしょう。

https://twitter.com/hanaeromen_35/status/1370339835014094848

また、ジャニーズ事務所を去ることになる森田剛は一体どうなるのでしょうか?

これも関係者による噂ですが…妻である宮沢りえの個人事務所で舞台の仕事を受けることになるのでは?と言われています。

ジャニーズ在籍中も、宮沢りえの個人事務所を通して森田剛に話が入ることもあったみたいで、、宮沢りえといえば大女優ですからね〜

夫婦で同じ事務所となると、効率よく業務が捗る部分もあるでしょうし。

今後、森田剛がジャニーズ時代以上に舞台で活躍してくれることが楽しみですね!!

岡田准一と宮崎あおいの新婚旅行の行き先は?結婚に賛否両論の理由…

森田剛と宮沢りえの結婚理由が衝撃 妊娠も

【画像】宮沢りえがインスタに森田剛ファン襲撃で閲覧注意

まとめ

今回はV6の解散について、さらに解散する理由をまとめてご紹介しました。

V6の解散は2021年11月1日、そして解散理由は森田剛がジャニーズを退所するため、でした。

6人じゃないとV6じゃないという考え方ってグループ愛を感じますよね〜

そして、森田剛を引き止める訳でもなく、考えを尊重し、解散という選択をとった…メンバー同士の絆の深さを感じます!!

V6は解散後もきっとソロで活躍を見せてくれるはず。

解散は悲しいことではありますが、今後はメンバー各々の活躍を温かく見守っていきたいと思います。

 



ページトップへ