24時間テレビ、今年はNEWSに決定!!4人が見せる“愛”に期待

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の24時間テレビのメインパーソナリティーが決定!今年はNEWSが24時間テレビを盛り上げます。様々な思いを胸に今夏の放送に向けて動き出すNEWS。その注目度を考えました。

google imghp (15880)

via google imghp夏の風物詩といえばいろいろ思い当たりますが、「24時間テレビ」も間違いなくそのひとつでしょう。
夏の終わりに24時間テレビを見て、「ああもう夏も終わりか」と感傷に浸る人も多いのではと思います。

そんな24時間テレビにおいて、毎年今の時期に注目されるのがそのメインパーソナリティーですよね。
誰が担当するかによってその年の雰囲気や内容が大きく左右されるので、注目が集まります。

まして、ここ10年ほどは決まってジャニーズが担当しています。ファンとしては、自分の応援するグループが務める年は特に熱を持って番組に“取り組む”わけです。そうなると見る人の層も大きく変わってきますから、ここは非常に大事なポイントなのです。

そのメインパーソナリティーに今年決まったのが、NEWSです。
以前からネットなどでは「NEWSなのでは?」という声も出ていましたが、28日の『深イイ話』の放送で正式に発表されました。

NEWSが担当するのは2009年ぶりで、今回で2度目になります。
また、現在の4人体制になってからは初の就任。NEWSにとってこの大仕事は正念場となってくるでしょう。google imghp (15887)

via google imghp今年のテーマは、「愛~これが私の生きる道~」
愛をテーマに設定していることもあり、とてもあたたかみのある内容が期待できそうです。

これを受けてリーダーの小山慶一郎は、「『愛とは?』と聞かれて現段階では言葉で表すことができませんが、24時間テレビの中で様々な人と出会い、お話をし、放送が終わった頃に『愛とは』何かを言葉で表現できたらと思っています」とコメント。
今年の24時間テレビに懸ける思いを語りました。

昨年のパーソナリティーは、V6とHey!Say!JUMPが担当。
スペシャルドラマでの山田涼介の好演など評価が高かっただけに、今年はNEWSに大きな期待がかかります。

ここ10年のメインパーソナリティーはこのようになっています。
15年:V6・Hey!Say!JUMP
14年:関ジャニ∞
13年:嵐
12年:嵐
11年:関ジャニ∞
10年:TOKIO
09年:NEWS
08年:嵐
07年:タッキー&翼
06年:KAT-TUN


見事にジャニーズが独占していますね。
ジャニーズはグループなので、実質27時間という長い放送もローテーションなどで乗り越えられ、また視聴率も望めるので24時間テレビにはもってこいなんですね。

24時間テレビの長い歴史に、今年NEWSはどんな感動を残してくれるのでしょうか?

4人の活動が軌道に乗ってきた証でもある大抜擢

NEWSにとって24時間テレビのパーソナリティーは2度目ですが、前回は6人での就任でした。
今回は4人での挑戦なので、実質初挑戦と言っても過言ではないのです。

NEWSが前回の6人から現在の4人になったのは、山下智久と錦戸亮が抜けたためです。
6人の頃は、この山下と錦戸がいわば2トップ的な存在でした。人気もずば抜けていたため、2人が抜けた当初は残る4人での活動に不安の声も多かったようです。

またそれ以上に、メンバー自身も辛い思いをしていました。
小山は、先の見えない不安にひとり泣いた夜もあったそうです。

しかし山下と錦戸が抜けてからの約5年、メンバーは各方面で各々の才能を活かし活躍の幅を広げてきました。小山は知性を活かして情報番組のキャスターに抜擢されました。加藤シゲアキは小説を執筆、出版。大ヒットを記録し、映画化やドラマ化もされました。また、手越祐也と増田貴久もバラエティーなどで活躍。特に手越は、その甘いルックスと明るくチャラいキャラクターがウケたのか今まで以上に人気が高まり、今ではグループの顔にまでなりました。

個人の活躍の幅を広げたNEWSはグループ活動も勢いに乗り、今回ついに再び24時間テレビが決まりました。言ってみれば、これはNEWSが再び軌道に乗ってきた証なのです。6人時代のNEWS

6人時代のNEWS

見事に真ん中の2人がいなくなりました
よくここから持ち直しましたよねvia google imghp辛い境遇を乗り越えてきたNEWS。
それだけにグループへの“愛”は並々ならぬものがあるでしょう。

今年のテーマである“愛”について、番組を通して普段は見せない一面も見ることができたらいいですね。

夏の終わりに、NEWSは人々の心にいったいどんな感動をもたらしてくれるのでしょうか。


ページトップへ