【激かわ?激ブサ?】必見の皆が秘密にしていた生き物達

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter民が秘密にしておきたかったと言うタグが今非常に人気になっています。一部だけが知っているカワイイ生き物、はたまたブサイクでキテレツな生き物たちが醸し出す可愛さの虜になること請け合いの生物がここに!

Twitter界でほんわかするために抑えておきたいタグの第一候補!?

今回ご紹介する生き物たちは、秘密にしておきたかったタグから厳選した不思議な生き物たちをご紹介したいと思います!
筆者は仕事の昼休憩やほんわかしたい時にこのタグを見るようにしている。
このタグを巡回するようになり、より仕事の効率もあがり、私生活にバラ色になっていく事請け合い・・・になればいいのだがそれは人それぞれであるだが、間違い無く巡回している間は面白くそして未知の生物との出会いにより擬似的に冒険をしている感覚になれるので、ひとつのライフワークとして追加してほしいと願う。
そして、あわよくば筆者にあなたの秘密にしておきたかった生き物の写真を届けていただければ幸いである。

カワイイけど、不思議な生物たち

皆さんは、カワイイと思い浮かぶのはなんだろうか?猫や犬?はたまたペンギンやパンダだろうか?あるいは爬虫類が好きなんて言う方もいるでしょう。
因みにどうでもいいことであるが、筆者はトカゲなどの目やカメレオンの目など、爬虫類の目に強く魅せられているため、爬虫類も非常にカワイイと思うタイプである。

さて、みなさんにはそんなカワイイ?不思議な生き物たちを厳選して、紹介していこうと思う。ホヤの子供

ホヤの子供

ホヤと言えばとてもグロテスクなイメージでゲームの植物系の雑魚キャラとして登場しそうな出で立ちを想起する人たちもいるだろう、だが見て欲しい。
とてもあの気持ち悪いホヤだとは思えない出で立ちである。
人間界でもよくあるあの「小さい時は可愛かったのにどうしてだろうねぇ・・・」と海の生き物たちの声がしてきそうだ。via google imghp

トラツリアブの雌限定ではあるが、この可愛さである。
虫が苦手な人もこの可愛さには負けてしまう人が続出している。
虫なのにこうもカワイイのだが、人懐っこく、食事も花の蜜とメルヘン乙女な部分も併せ持っているのだ・・・。
昆虫界のメルヘン代表と言っても過言ではないこのトラツリアブの雌に心を奪われるのは無理からぬ事ではないだろうか?

ちなみにトラツリアブの雄は普通の昆虫と言うか雄と雌でこうも違うのか・・・と失望するほどなのでショックを受けたくない人は検索を控えた方が良いだろう。

この非常に小さくカワイイ子猫・・・。と思いきや、クロアシネコをぜひ調べていただきたい調べれば調べるほどカワイイの塊なのである。
大きく成長したオス猫でも2kgもない程度だと言われている。
非常に小さいこの『クロアシネコ』であるが、実はこの小さな身体からは想像できない無尽蔵と言ってもいいほどの体力を有している。
この小さな身体で一晩で25km以上を移動し、自分よりも背丈が高い生き物でさえ捕食すると言う勇気も兼ね備えている。
カワイイ上にスペックが高いだって・・・?もうこれは反則の粋ではないだろうか?

キモカワ?ブサイク?よくわからないけど不思議な生き物たち

可愛い子もいれば、キモカワな子だって勿論紹介されています。
お間抜けな姿を晒してしまったり、行動が可愛い子を好きな男性が多いようにそんなお間抜けだけど愛されるアイドル的な生き物達をぜひ見ていって欲しい。

この機会にこの生き物たちを見て、あなたの可愛い・好きという感情を拡張開発して見てほしい。


この『ナマクアフクラガエル』の鳴き声でやられてしまった人も多いのではないだろうか?こんな見た目で鳴き声で父性・母性がくすぐられてしまう人も少なからずいるのではないかと思ってしまう。
でも実はこの生物をペットにしている報告が無いのである。
正しくはペットにしたくても販売経路も無いと言っても過言では無いほど不透明なのである。
別名「デザートレインフロッグ」と言われているのですが、絶滅危惧種らしく、本当の意味で守ってあげなければいけない存在なのである。
故にこのカエルの可愛さは『尊い可愛さ』なのである。アオアシカツオドリ

アオアシカツオドリ

この『アオアシカツオドリ』の間抜けそうな顔を見て欲しい。
可愛いというか愛おしくなってこないだろうか?
2枚目の足を挙げたところなんてもう得も言われぬ感情を抱いてしまう・・・。
一件ペンギンにも見えてしまうが求愛行動はこの青い足を使ってダンスするというのでその姿を想像してしまうだけで可愛すぎて鼻血が出てしまいそうになる。via google imghp

海外で自撮りできるアイドル級超人気幸せ生物!?

筆者イチオシは『クオッカワラビー』である。
海外では非常に人気で、人懐っこく一緒に一緒に自撮りをする外国人が続出レベルで『自撮り界のアイドル』とまで言われている。
それはもう色々な表情を見せてくれる愛嬌のある生き物なのである。
なぜ筆者がイチオシするのか疑問に思う人達も納得していただきたいので、海外の自撮り画像と一緒にお送りしていきたいと思う。

もうこの単体だけで色々な表情や可愛さが伺いしれるが、言われているように天敵もおらず、人間とは友達のような関係をすぐ築いてしまう可愛いやつなのである。google imghp (36986)

一緒にハッチャケてしまっているのが既に見て取れるだろう。
ここまで表情豊かな生物見たことあるだろうか?
外国人が我先にと一緒に自撮りしてしまうのがよくわかる!
こんなにも面白い反応をしてくれるなら何度でも自撮りを撮りたくなってしまうのも頷けるところである。via google imghpgoogle imghp (36985)

この画像でひとつの家族写真のように移りそしてこの表情である・・・。
この表情が無ければ完成しないと言っても過言ではないこのバッチリで幸せそうな表情を作り出せるのはこのクアッカワラビーだけなのである!
なんだこの生き物は!?via google imghpどうだったろうか?
今回はTwitter民が秘密にしておきたかったタグから色々な生き物をご紹介いたしましたが、これもほんの一部なのである。
紹介しきれていない可愛い生物達がいっぱいいるのでぜひ、この機会に秘密にしておきたかった生き物タグを定期的に見て、心を癒やし、ほんわかタイムを楽しんでみては如何だろうか?



ページトップへ