刀剣乱舞VR、絶賛の嵐!三日月とキス寸前?【体験レポ】

イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今話題のゲームと言えば刀剣乱舞!名だたる名剣をイケメン擬人化し、育てていざ出陣!な「とうらぶ」が東京ゲームショウ限定のVR体験を実施!過去最多の出展ブースの中でここまで絶賛されるのはなぜか体験してきました!

東京ゲームショウ2016

via google imghpはっはっはっはっは。よきかなよきかな、刀剣乱舞はじめよう。と言うことで、「東京ゲームショウ2016」のDMM GAMESが出展した『刀剣乱舞VR』を体験してきました!
今年のゲームショウは過去最多600越えの企業や団体が出展し、四日間の動員数はこれまた過去最多の27万人!その中でも注目度が高かった『刀剣乱舞VR』ですが、今回は天下五剣でもっとも美しいとされている三日月宗近バージョンのVR。

刀剣乱舞『三日月宗近』

う、麗しい~~!!via google imghpイラストでも美しゅうて美しゅうて仕方ないのに、VRですよ!!と興奮がまだ冷めやらぬ訳ですが、そもそもVRってなんなの?って方のために簡単に説明すると、バーチャルリアリティの略で、実際には存在していないものを五感を含む感覚などを刺激し、まるでそこにあるかのように感じられる夢の技術の事です!見た目も近未来のアイマスクみたいな感じで、とてもかっこいです。テレビなので一度は見たことあるのではないでしょうか?

三日月宗近に会いに、いざ出陣!

刀剣乱舞VR体験ブース

via google imghpさてさてVRについてやんわり分かったところで、早速『刀剣乱舞VR三日月宗近バージョン』ついて語らせてください!まず、京都のお茶屋さんの様な見た目で、入り口がきちんと玄関ぽい造り、広さもだだっ広いわけではなく適度なので、アトラクション感がなく親戚の家にお邪魔するような安心感がありました。玄関を開け中に入ると画面があり聞きなれたBGMが流れる中、巻物に注意事項と説明が書かれており、そのあと口頭でも丁寧に説明してくれたので初めてのVR体験テンパらずに済みましたよ。(笑)

玄関のような入り口!via google imghp説明を終えやっと玄関から体験ブースに移動すると、すだれで区切られた空間に通されます。壁は本丸の庭モチーフで、紫色の座布団、畳、とまるで小さな和室!

壁側を向いての体験になるのでどんなに頬をゆるゆるさせても大丈夫です!via google imghp荷物や靴置を置き、担当のお姉さん優しい手助けを借りつついざVR機械を装着!機械の下につけるマスクが配布されるので衛生面や化粧が付いちゃう・・・なんて心配なく体験できますよ~。

これが噂の夢の機会です~!近未来でカッコいい!via google imghp暫くすると「三日月宗近Ver」の文字が現れ、もう気づいたらそこは本丸!!見えている感覚としては本丸(ノーマル)の縁側近くに座っているんですけど、あれ?私ずっとここに居たっけ?と言うくらい違和感がありませんでした。

まさにここ!壁に飾ってあるものや置物まで、ゲームでは見えない部分までしっかり再現されてました。via google imghp奥行・素材・角度、どれも現実のものではないのに自分が“見ている”感覚になり、VRを付けた瞬間から“ここ”が現実になるんです。どこを見ても本丸で、起きたら異世界に来ちゃった!と言うドリーム思考よりも、元からここに住んでいるような馴染み感でした。おおお!本丸!本丸だ!と感動していると、何処からともなく三毛猫が膝元まで遊びに来てくれて撫でようとするとやはり空を切るのですが、頭が理解しなくて何度も撫でチャレンジしてしまいました(笑)

猫ちゃんと夢中で遊んでいると声が聞こえ、ん?と音のほうを見ると三日月宗近が優美に歩いてくるではありませんか!!三日月宗近の麗しさに思わず息を止めてしまいましたが一連の流れが日常的過ぎて、「あ、おかえり~三日月」と完全にここの審神者してました。(※心の中で会話しましたよ!)

最初、三日月のビジュアルをMMDみたいな感じかな?と想像していたのですが、二次元感や機械感はMMDよりも強くなく自然で、歩き方に品の良さまで感じるほどでした。via google imghp私の膝元にいる猫をかまいに三日月が目と鼻の先まで近くに来ると、雅な戯れを開始するんですが、とにかく顔が近い!想像して下さい!ほぼキスする距離です!最初は恥ずかしくてのけ反って距離を取ってしまいましたが横顔の三日月を見たり、正面からの三日月、斜めからの三日月、そして三日月のお着物をさわさわしたりと立派に審神者してまいりました。

近くで見ると髪の毛の一本一本が本物のように細かく、見る角度で動きが変わり、そして三日月を見ると目線がちゃんとこちらを見てくるのでコミュニケーションが取れてように感じました。15日に行ったステージイベントで、DMM.comLaboの藤井氏はこう語っているのですがまさにです!

制作中のデモを女性に体験してもらったとき、”寂しい”という感想を言われたことを話しました。その理由は体験者に関係なく体験が進むため無視されているように感じたからとのこと。その解決策は“キャラクターが体験者を目で追う”動作をいれることで解決に向けた

そうなんです、業務的な寂しさが無かったんです。機械だし仕方ないか、と折り合いをつけずともそこに三日月宗近がいて自分がいる。この一方的でなく、“自分がいて三日月がいるから流れている時間”という感覚が何よりもうれしかったです。

そうこうしていると、猫ちゃんと三日月はなにやらほかの部屋へ。あれ?と思う間もなく夢の審神者ライフは桜吹雪とともに幕を閉じました。この桜吹雪も風を感じるほどにリアルで、呆気にとられてしまいました。綺麗だった何もかもが・・・とボーっとしていると係りのお姉さんが機械を外してくれ、体験終了!出口には鏡やティッシュ、綿棒などのノベルティーが置いてある心遣い!機械を装着するのでどうしても髪の毛や化粧崩れが気になってしまいますが、十分な広さと十分な明かりで最後まで大満足でした

外に出ると刀剣男子がお出迎え!自分の本丸に帰ってみんなに会いたくなりました!(笑)via google imghpそしてここで終わりじゃないのが、DMM!一般公開の日には、三日月宗近のイラストが描かれた脂取り紙のお土産まで!羨ましいです・・・!この刀剣乱舞VR、残念なことに今後の再体験は未定とのことです。しかし今後はハイエンド向けにコンテンツを作っていくとコメントしていたので期待が高まりますね。

いや!三次元のイケメンで頼む!

いやいやいや、いくらすぐ側に居るように感じてもぬくもりを感じないんでしょ~?もう嫌なんじゃ!届かぬ思いは!!という大人な乙女たちにもってこいだったのが、コチラ。

天下統一恋の乱 Love Ballad

via google imghp恋愛ゲームでお馴染みのボルテージのブースでは、生身のイケメンがキュンキュンを振りまいていましたよ!!二次元の姿がこれだけイケメンだと期待値が上がり過ぎてしまいますが、一体どんな感じなんでしょうか。


おっと・・・??イケメンがズラリと!乙女ゲーのブースじゃなかったのかよ・・・。これじゃ、ホストではないか・・・。そんな心配ご無用!このイケメン達が私たちにかけがえの無いものをくれるんです。そう、胸キュン。

閉まっている襖がゆっくり開くと、殿が登場。なにやら少し言葉をかけ、トドメに鞘クイ 、扇子トン!!戦国胸キュンですね!私も殿にお使えしたいです!!via google imghpこのイケメンは『天下統一恋の乱 Love Ballad』の殿♡ 
何とこのブースでは殿に甘味を献上しに行くと甘い囁きとともに誘惑されちゃうという神様、いえ、ボルテージの皆様に全力で感謝したい体験ができます!思わず体験していないお客さんまで照れてしまう景色でした。それにしても美しいお顔です・・・。

このように普段ゲームはしないな~って方も楽しめるブースが他にもたくさんあるので来年は是非体験しに言ってみて下さい。きっと毎年ゲームショウが楽しみになると思いますよ!



ページトップへ