人気ラノベ「ソードアート・オンライン」が実写化決定!

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ化もされた人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」が、このたびハリウッドで実写ドラマ化されることが決定! ファンも多い作品の実写化ということで注目度は高いですね! 制作がハリウッドなのも気になるところです!

SAOがとうとう実写化! 制作はハリウッド!

先日、人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」がハリウッドで実写ドラマ化されることが作品編集者の三木一馬さんのTwitterで発表されました!

ハリウッド制作ということで、アメリカからの情報解禁となった今作 公式発表が楽しみです製作は「ミッション・イン・ポッシブル」シリーズや、最近では「ターミネーター:新起動/ジェニシス」を手掛けた大手、スカイダンス・プロダクションズ、そして脚本はあの「アバター」を手掛けたレータ・エリザベス・カログリディス氏と、かなり気合いが入っているように思います。

キャストに関してはまだ全く発表されていませんが、バリバリ日本人設定のキャラクターたちにどのようなキャストが割り当てられるのかは気になるところですね。続報を待ちましょう。

また、映画化ではなくドラマ化ということで、アインクラッド編、フェアリィ・ダンス編といくつかの部に分かれていながらも前後のストーリーが密接につながっている原作の展開とも相性が良いのではないでしょうか。もっとも、先ほどのキャストの問題も相まって、設定だけ流用して原作とは別のストーリーでの制作となる可能性もありますが…

それに、なんと言ってもバーチャル・リアリティの世界で繰り広げられる原作の世界がハリウッドの映像技術でどこまで再現されるのかにも注目ですね! 現実ではありえない美しい光景、強大な敵との戦いは見所の一つと言えるでしょう!

ソードアート・オンラインの独特な世界観!

日本国内で17巻までの刊行(2016年8月3日現在)で累計1000万部以上、全世界では1600万部以上を売り上げた本作。その人気の秘密は、なんと言ってもその独特の世界観にあるでしょう。最初のストーリー、アインクラッド編で展開されるバーチャル世界でのオンラインゲーム、そして、ゲーム内での敗北が現実での死に繋がるという設定。現実世界ではありえない、迫力のある世界で戦いながらも、常に死と隣り合わせという緊張感。シンプルな設定だからこそ、キャラクターたちの関係性や感情の変化もより活きたように感じます。

実写ドラマ化に伴ってストーリーが変更されることはあっても、この仮想世界を舞台とし、ゲーム内での体力が尽きたら現実でも死んでしまう、という設定はぜひ残してほしいですね。この設定がないとSAOという感じがしませんし!google imghp (32388)


アインクラッド編の登場キャラクターたち 中央にいるのが本作の主人公キリトvia google imghpまた、キャラクターも作品の魅力の一つでした。現実世界では特別な力のない少年、桐ケ谷和人がゲームの世界では最強の剣士、キリトとして活躍するストーリーは、多くの読者に仮想世界への憧れを与えたのではないでしょうか。またヒロインのアスナ、仲間として戦うクライン、エギルといったキャラクターにもそれぞれストーリーがあり、主人公だけでなく、多くのキャラクターに魅力を感じることができます。敵として描かれたヒースクリフもカリスマ性のあるキャラクターで、かっこいい! と思えたのも素晴らしいです。

これらのキャラクター設定も、実写化の際に引き継がれるかどうかはわかりませんが、少なくとも原作の読者、アニメの視聴者はSAO=キリトやアスナといったイメージが強くあると思うので、オリジナルキャラクター中心のストーリーになるのなら、原作のファン層に受け入れられるかどうかが勝負になってくるのではないでしょうか。

アニメ映画の方も見逃せない! 来年公開映画の新PV!

ハリウッド実写化が決定して盛り上がるSAOですが、これだけではありません! 来年春には原作のストーリー「マザーズ・ロザリオ」に続く物語となる「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」が公開となります! 物語のメインとなるVR(Virtual Reality/仮想現実)の世界ではなく、AR(Augmented Reality/拡張現実)に舞台を移し、現実の世界で繰り広げられる戦いを描いたストーリーとなっています。

先月には新たなPVも公開され、また7月16日から特典付き前売券の販売も開始されています。

現実の世界を背景にしてキリトたちが戦っているのはなんとなく違和感がありますが、やはりかっこいいですね! PVを見る限り、ほとんどのメインキャラには出番がありそうなのも嬉しい所です!via www.youtube.comまた、TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビなどで7月からアニメ第1期となるアインクラッド編、フェアリィ・ダンス編の再放送も始まっていますので、映画を楽しむためにも、ぜひチェックしておきたいです。

まとめ

SAOハリウッド実写化とアニメ映画の情報、いかがだったでしょうか!

アニメ映画ももちろん気になりますが、個人的にはやはりハリウッドの実写ドラマに注目したいところです。どんなストーリーなのか、キャラクターはどうなるのか、どこまですごい映像が見られるのか、そして何よりも面白いのか…。

アメリカで実写化された日本の作品というと、どうしてもドラゴンボールを思い出してしまいます… 脚本家が謝罪するほどにひどい出来だったと言われるドラゴンボールですが、今回のSAOは、同じ道をたどる事の無いように注意してほしいです…



ページトップへ