AKBグループから離脱したSNH48の愛国化がヤバい!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌唱祖国

昨年、契約違反によりAKBグループから離脱した​中国・上海発を拠点に活動するSNH48の愛国化が止まりません。習近平政権の愛国キャンペーンに登場し、オタクたちは愛国戦士に。その実態に迫ります。

SNH48、日本から離脱

中華人民共和国は今年10月1日に68回目の建国記念日を迎えました。10月18日には第2期習近平政権の顔ぶれを決める共産党大会が予定されており、今年は異常なまでに露骨な愛国キャンペーンが繰り広げられています。そしてこの露骨な愛国キャンペーンにかつてAKB48グループに所属していたSNH48が利用され、愛国アイドルとして爆走しています。

SNH48は2012年に秋元康のプロデュースにより上海で結成されたAKBグループのアイドルで、かつてはSKE48やAKB48との兼任で宮澤佐江や鈴木まりやといった日本人メンバーも参加し、日中間のエンタメ交流の一角を担う存在でした。

SNH48

via google imgh

しかしSNH48の中国側運営会社が、秋元康のチェックを通さずに中国国内オリジナル楽曲をリリースしたり、日本側運営会社AKSの許可を得ずに北京のBEJ48や広州のGNZ48などの姉妹グループを設立するなどし、契約違反を犯しAKSが激怒します。そして昨年6月10日にSNH48は独立を宣言をし、宮澤佐江と鈴木まりやの日本人メンバーはSNH48を去る形となりました。

その後のSNH48は中国の愛国アイドルとして、専用劇場であるSNH48星夢劇院を拠点に活動を続行しています。また契約違反問題の発端となった北京のBEJ48や広州のGNZ48に加え、瀋陽のSHY48や重慶のCKG48、成都のCGT48といった独自の姉妹グループを次々と展開し始めます。日本は量より質、中国は質より量なわけですね。

中国は今、愛国ブーム

SNH48は日本のグループから脱退以降、中国の純国産アイドルとして中国市場を見据えたマーケティングを開始するようになります。その一環として行われ始めたのが、近年中国に吹き荒れている愛国ブームへの接近です。SNH48は昨年10月の建国記念日に、中国の愛国歌『我和我的祖国(私と私の祖国)』のカバー版のミュージックビデオを発表しています。

この愛国ブームに乗るマーケティングには効果があったようで、SNH48は今年の建国記念日でも愛国歌の『歌唱祖国(祖国を歌い上げる)』をカバーしたミュージックビデオをリリースしました。昨年の曲は愛国歌のなかでは比較的マイナーな曲だったようですが、この『歌唱祖国』は中国において準国歌とされているかなり重要な楽曲なんだとか。


ミュージックビデオの内容も、昨年の『我和我的祖国』はメンバーは白と黒のドレス姿で歌詞を表示しなければ愛国歌であることすら読み取れない構成でしたが、今年の『歌唱祖国』ではメンバーは中華人民共和国のイメージカラーである赤いドレスを着用し、共産主義青年団の下部組織である少年先鋒隊の赤いスカーフを着用した少年少女たちがたびたび登場するなど明らかに国家が介入していることを匂わせる構成になっています。

『歌唱祖国』の歌詞がヤバい

『歌唱祖国』はもともと毛沢東時代に作られた楽曲で、その歌詞の内容がなかなかヤバいのです。

・我們愛和平、我們愛家郷、誰敢侵犯我們就叫他死亡!
(われらは平和を愛する。我らは故郷を愛する。敢えてわれらを侵略する者は誰であろうと死亡させる!)

・東方太陽、正在升起、人民共和国正在成長
(東方の太陽は昇りつつある。人民共和国は成長しつつある)

・我們領袖毛沢東、指引著前進的方向。
(われらの指導者毛沢東は前進の方向を指し示す)

『歌唱祖国』はこれまで中国全土で脈々と歌い継がれ、全人民が歌詞とメロディを頭に刻み込まれてきたのだそうです。平和を愛するとか言っておきながら、敵は皆殺し。こんな怖い歌詞の歌が準国家だなんて。はっきり言って北朝鮮とあんまりかわらないですね。

しかし2008年に行われた北京オリンピックの際には、平和の祭典でこの歌詞はさすがにマズいだろうと「親愛なる故郷」の部分を「かわいい故郷」、「英雄的人民は立ち上がった!」という部分を「われらは平和を愛する」と変え、先ほどのヤバい部分の歌詞はバッサリ切り捨てたバージョンで披露。SNH48が唄っているのも、こちらの北京五輪バージョンのようです。ちなみにSNH48による『歌唱祖国』のカバーは、国営通信社の新華社も報じており、中国当局のお墨付きと見られます。

歌唱祖国

via google imgh

習政権に利用されるSNH48

2012年の習近平政権の成立前後中国共産党は、習近平のネットスラング風のあだ名「習大大」を流行らせたり、習政権の腐敗摘発キャンペーンのアニメ動画を投稿しバズらせたりと、ネット世論やオタク層に向けて政治宣伝をするようになりました。SNH48による『歌唱祖国』のカバーも、こうした中国共産党のオタク愛国化作戦と日本から離脱後に中国市場での生き残りを賭けたSNH運営会社の思惑が一致したことによって生み出されたものでしょう。果たして習政権の思惑通り、オタクたちは愛国家となっていくのでしょうか。SNH48の今後の活動に注目が集まります。

キク

via google imgh



ページトップへ