【事実上の解散】SMAPキムタクと他のメンバーの亀裂がいつになくヤバい

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

中居ら4人が「木村との長時間のパフォーマンスはできない」とジャニー喜多川社長に抗議、25周年コンサートの開催は難航…ライブやメディア露出の機会も減る一方のSMAP、残された道は解散のみ…??9月の契約更新は一体どうなるのか…

1月にキムタク以外のメンバー4名が突如ジャニーズ事務所からの独立を発表し、SMAPの事実上の解散・分裂が大騒ぎとなりました。結局、独立を発表するも行き場をなくした彼らは、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長に謝罪し、事務所に残る事でいったんは騒動が落ち着いたように見えます。ですが、一度深まってしまったメンバー間の溝は埋めることは出来ず…たびたびその後のSMAP内の険悪なムードは報じられてきていましたが、SMAPの終わりを示唆するほど事態は悪化していたようです。
もうあの5人を見られることも無くなってしまうのでしょうか…

木村との長時間のパフォーマンスは無理。

今年は1995年にデビューしたSMAPにとって25周年という特別な年。通常の超売れっ子アーティストでしたら、これまで活動して来た25年間を振り返って、支えてくれたファンに感謝をする意味でも盛大なコンサートやドームツアーを開催し、何十万人もの観客を動員し、涙涙涙…のコンサートやライブになる事がイメージとしてはわいてくるのですが…SMAPはこうはいかないようです。

そもそもジャニーズ事務所を退社したかったSMAPの中居、稲垣、香取、草彅。彼らも事務所を退社することの意味が分かっていたはずですし、SMAPはもう終わってもよいという決意のもとでもともと退社をするという気持ちを表明したはずです。となると、25周年だろうが関係ないし、別にコンサートに対しての特別な気持ちもなかったという事になります。
解散騒動があった時に、SMAPは解散しないとはっきりとジャニー喜多川さんが述べたことで一時は収まったものの、気持ちの面ではメンバーの心は変わっていないはず。ジャニーさんは25周年コンサートを開催する方向で話を進めているようですが、これになかなか乗らない中居等4人。2016年ももう下半期に入ったことから、そろそろ決着をつけねばならないという事で、7月上旬に、ジャニー喜多川社長がSMAP5人を呼び、本音で話しあう場が設けられたようです。

@yonotakuyo)さんの投稿

SMAP 解散騒動

解散騒動後の生放送。ここで騒ぎを起こしてしまったことに対する謝罪と、これからもSMAPは活動していくとの内容が視聴者に伝えられました。
キムタクが中心に立ち、他4名は納得してい無さそうななんとも言えない表情を浮かべるばかり。これに対して、ネットでは「公開処刑」「お通夜」といったコメントが溢れかえっていました。via google imghp社長を交えてメンバー同士でコンサート及び今後のグループとしての活動のことを話合う機会が設けられたのは良いことであったはずなのですが…中居、稲垣、香取、草彅のキムタクに対する姿勢は変わらぬまま。ドラマであるような「俺が悪かった…申し訳ない。」と謝ってメンバー同士で涙のハグを交わしあうなんてことは一切なく。本音をぶつけ合ったところで解決できるような問題ではないのが現状です。

これは、ジャニーズ事務所の人間だけでなく、テレビ局関係者などから見ても一目瞭然のことのようです。あるワイドショーのスタッフは、以下の様に発言しています。

残念ながら、メンバー間の溝は埋まっていません。騒動以来、観覧客を入れるのをやめてしまった『SMAP×SMAP』(フジ系)の収録は相変わらず緊迫した雰囲気。ビストロSMAPのコーナーでは、木村とほかのメンバーとの距離感、中居のテンションの低さが伝わってきます

そもそも観覧客を入れなくなったということから本当に事態のヤバさがうかがえます。<観客入れない=カットされている部分ではメンバーの仲の悪さがあからさまに出てしまうような雰囲気になっている>ということですよね。このまま5人が一般の目に直接触れることがどんどんなくなっていくような気がしています。私たちは、テレビで見るSMAPしかしらなくなってしまう、という事になります。
確かにメディアにあまり出ないで、ライブだけで活動しているようなバンドもあります。例えば、国民的バンド、BUMP OF CHICKENとか…今でこそ地上波に出演したりその活動の場を徐々にテレビの方へと広げていっていますが、かつてはテレビ出演を控えていました。
ですが、SMAPはこれとは完全に逆になるということです。テレビでは見るものの、生のSMAPは見れない。今まで通りやっているように見えても、それは視聴者向けに作られた本当のSMAPの姿ではなくなってしまうということになります。ファンからしたら、一体感を味わえるキャッチボールのようなもの、そしてメンバー同士のオフ感満載な絡みなどをみるためにライブに行くのに、これができなくなってしまうという事です。ライブやコンサートができないということはアーティストにとってはファンの確保、そして保持という面からも致命的なダメージになってしまいます。


SMAPが存続するのであればコンサートは必須。
ですが、このグループの存続自体が望まれたものではなかったために、話し合いが難航しています。
ある芸能プロダクション関係者の話によると、7月に設けられた話し合いも結局は25周年コンサートは開催されないとの方向に向かっているのだとか。

ジャニー社長からのコンサートツアー開催の説得にも木村以外のメンバーは首を縦に振らなかったそうです。テレビの収録なら我慢できても、”木村との長時間のパフォーマンスはできない”と。ファンの前でぶざまな姿は見せられないということでしょう

「木村との長時間のパフォーマンスはできない」
この言葉は完全にグループの終わりを意味しています。やはりメディアでこの先SMAPを売っていくしかない…という感じですが、それすらも結局厳しいと言わざるを得ません。現在5人全員でTV番組に出演する機会は先ほども述べた観客を入れなくなってしまったスマスマのみ。また、これまでも放送されてきた数々のCMも現在ではほとんど放送されていません。
SMAPから完全に心が離れてしまった中居も、SMAP出演の機会があっても首を縦に振らないのだとか。もうSMAPとして出演すらしたくないし、唯一のレギュラー番組であるスマスマも辞めたいと強く感じているそうです。裏では着々と、SMAPの本当の解散へと事態は動いています。
USJの宣伝のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターとか懐かしさしかないですね…。

また、毎年セブンイレブンとコラボをして商品を期間限定で販売していたビストロSMAPのメニューですが、セブンイレブンによると「秋のメニューに関して現時点で申し上げられることはございません」だそうです。これまで通りにはいかないことが多すぎて、やはりあの解散騒動はどうあがいても無かったことにはできないようです。

9月にジャニーズ事務所との契約更新を控える

メンバーが事務所との契約を更新しなければ、本当に事務所から独立するという形になります。それはジャニー喜多川社長にとってはなんとしても避けたい事実ですから、事務所内でも最近になってから一時は収まったとみられるSMAPの解散騒動も再びヒートアップしています。

強制的に契約を更新させることはできないので、最終的にはメンバーの気持ち次第、という所ですが、裏で色々なやり取りがある芸能界ですから仮に契約が更新されたとしてもそれは強引に説得されたものである可能性もでてきます。

いずれにせよ、半年以上経ったいまですら音楽番組へのグループの出演を拒否しているSMAPですから、今後の活動や存続自体はもう事実上不可能なのではないでしょうか…。
答えは9月の契約更新時に全て出そろうことになりそうですね。

顔がお通夜状態です。メンバーでいるときは終始こんな顔なんでしょうか…ファンの目はごまかせないので、これはやはり25周年コンサートの開催は厳しいことになりそうです。というか起こりえないですね。via google imghp


ページトップへ