【大幅イメチェンか安定か】海外でのキャラクター名まとめ

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近香港で「ピカチュウデモ」が起こりましたが、海外でのキャラクター名って気になりませんか?今後の社会の一層の国際化に備えて、人気作品キャラの海外名と、キャラ名の翻訳について、しっかり確認しておきましょう。

あのキャラクターの名前を巡って事件発生

香港でまさかの「ピカチュウデモ」

香港でまさかの「ピカチュウデモ」

via google imghp5月30日、香港で約20人がデモを起こしました。デモ隊は日本領事館に集まり、ピカチュウの香港での名称がこれまでの広東語「比卡超(Bei Ka Chiu)」から中国語「皮卡丘(Pei Ka Yau)」変更されることに抗議しています。このデモ自体はある意味平和だなとも思える事件ですが、注目したいのは()内の読み方。日本語の「ピカチュウ」に近いですよね。このように日本のキャラクターの名前は(ほぼ)そのまま海外で通用している場合と、翻訳されて変わっている場合があるのです。いくつかの人気作品から、キャラクター名の翻訳という現象の実態を見ていきましょう。

ポケモン

ピカチュウ=ピカチュウ

google imghp (24127)

via google imghp日本の名前で通用するポケモンキャラクターの代表が、今回デモを引き起こしたピカチュウです。非常に数多く存在するポケモンのキャラクターの中でも、海外で同じ名前なのは少な目なようです。懐かしのポケモンカードゲーム

懐かしのポケモンカードゲーム

やっぱり「ピカチュウ」via google imghpgoogle imghp (24118)

ここでも「ピカチュウ」via google imghp

海外でも同じ名前のポケモン

キャタピー Caterpie/アーボック Arbok/ライチュウ Raichu/ニドラン♀ Nidoran♀/ポニータ Ponyta/ミュウツー Mewtwo/トゲピー Togepi/ライコウ Raikou/エンテイ Entei/スイクン Suicune/ジラーチ Jirachi/デオキシス Deoxys・・・など

日本と異なる名前のポケモン

ヒトカゲ Charmander・・・サラマンダー、四大精霊のうち火を司る手小さなトカゲです。海外で結果的に元ネタ的な名前になるパターンはたまにあるようです。
ニャース Meowth・・・日本での猫の鳴き声「ニャー」を英語に直し、余った「ス」を付けただけ・・・なのでしょうか。
ケーシィ Abra/ユンゲラー Kadabra・・・進化前後を合わせて呪文?
多くがこのように異なる名前でとても抜粋しきれません。上記のような面白いものもあるので、Wikipedia「ポケモンの外国語名一覧」などにアクセスし是非気になるポケモンを調べてみてください。google imghp (24148)


英語版のサトシはAsh Ketchum(アッシュ・ケッチャム)、タケシは Brock(ブロック)、カスミはMisty(ミスティ)らしいです。ポケモンは子供向け度合いが高いため、子どもたちが親しみやすいよう名前が変わっているのかもしれません。via google imghp

ワンピース

google imghp (24151)

via google imghp英語のサイトを調べてみると、Monkey D. Luffy、Nami、Usopp、Nico Robin・・・と日本そのままの名前が並びます。元々外国っぽい名前が多いからでしょうか。ワンピースについては海外の人と話しやすいかもしれませんね。

ジブリ作品

となりのトトロ

google imghp (25076)

via google imghpこの作品も、登場人物は皆日本名のままになっています。草壁サツキは Satsuki Kusakabe、トトロはTotoroです。ただし、ネコバスだけはNekobasuではなくCatbusでした。

千と千尋の神隠し

google imghp (25080)

via google imghpこちらも日本名そのままが大部分を占めます。ハクはHaku、湯婆婆はYubaba。しかしカオナシはNoh-Faceと、トトロのネコバス同様、名前に使われている言葉の意味そのものを訳した名前に変えられています。他にも多くの作品がありますが、日本名のままがほとんどです。また日本語っぽくない名前のキャラクターも、ポニョはPonyo、アリエッティはArrietty・・・とそのまま。さすが日本が世界に誇るスタジオジブリ作品。

調査結果まとめと名前の翻訳に関して

他にも「ナルト」「新世紀エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」「涼宮ハルヒの憂鬱」「鋼の錬金術師」など、海外で人気の高いコンテンツを調べた結果、元々が日本人らしい名前でも海外っぽい名前でも、キャラクター名は海外版において変化しない場合が多いことが分かりました。外国の人とのアニメ談義では基本的にキャラクター名はそのままで通じると考えて良さそうです(タイトルはしっかり翻訳されている場合も多いですが)。google imghp (25098)

via google imghpではどういった場合に海外名に翻訳されるのでしょうか。今回取り上げた作品から考えると、ポケモンの例や、ネコバス・カオナシといったキャラクターが海外名になっていることから、使われる言葉・単語の意味から作られた名前は翻訳される傾向があるようです。ネコバスという名前は、それが猫のバスだと、視聴者にその存在がどういったものか示していますよね。名前がキャラクターの性質そのものを伝え説明しているから、翻訳しなければ逆に名付けた人の意図を排除することになってしまうのです。勿論本来の名前の持つ語感は失われてしまうため、翻訳するかしないかは原作者始め作品関係者によく確認してほしいところですね。



ページトップへ