【動画】安倍マリオに対する海外の反応がヤバいw

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


リオオリンピック閉会式での日本のパフォーマンスが各国で話題にw全体的に高い評価を得るなか、特に注目されたのはやっぱり「安倍マリオ」でした。これぞクールジャパン!!

8月5日~8月21日までおよそ17日間にわたって開催されたリオデジャネイロオリンピック。日本は合計41個のメダルを獲得し、内金メダルは12個でした。金メダル獲得数は6位という実績も残しました。オリンピック期間中は毎日何かの試合があって、テレビの前で応援していました!世界が熱狂する、素晴らしい熱戦でしたね。閉会式では次のオリンピック開催国である日本がパフォーマンスを披露。その内容がヤバいと各国で話題になっています。まさかの人がまさかの格好で登場しましたw

安倍マリオ登場!

まずは閉会式で披露された日本のパフォーマンスの映像を見て頂きたいと思います!

via youtu.beとってもいいパフォーマンスでしたね~!国歌「君が代」の時点で鳥肌ものでした!そのあとのメダリストと日本のキャラクターのコラボもとても面白かったです。ドラえもんがポケットから土管を取り出すとか、夢のコラボですよねwなんの説明もないのに映像を見ている世界中の人が、このキャラクターたちのことを認識していると思うと日本のゲーム・アニメ産業はすごいなあと思います。そしてなんといっても注目すべきは日本から土管を使ってやってきた「安倍マリオ」!!まさか土管からマリオの格好で登場するなんて誰も予想できなかったでしょう。そしてよく安倍マリオ引き受けたなって感じですが。欲を言えばもうちょっとよ長く安倍マリオの姿でいてほしかったですwwこのパフォーマンスを受けて日本の反応。

ネットの評価いいですね~、これまでにない演出で面白がってますw面白いパフォーマンスだな、と思うと同時にマリオコスプレしちゃう安倍総理に親近感がわきますねwそしてマリオとリオ・・かかっていることに言われて初めて気づきました。みんなの着眼点が凄いですね!

閉会式と直接は関係ないですが、こういうのも遊び心あっていいですね。自分が購読してる新聞もこんな行きな計らいがあったのかなと想像すると、今からでも確かめたい衝動に駆られますw話は安倍マリオに戻りますが、実は安倍首相をマリオにする発案者は東京大会組織委員会の森喜朗会長だったことが判明!森会長でなきゃこんな案出せなかったでしょうね~。グッジョブ!!!安倍首相はこれを快諾。そして衝撃の安倍マリオが誕生しました。

@kazukiyoshikidaisukiさんの投稿

近くで見るとこんな雑なコスプレだったのかvia google imghp安倍首相の体型だったらマリオよりもルイージの方がしっくりくる気がしますが、ここでルイージ出てきても「なんでルイージ!?」感半端ないですよねwこのコスプレに関して辛口ご意見番のマツコとかは「コスプレするなら髭くらい付けろ!」と言ったらしいですが、雑でも首相にマリオコスさせただけでもすごいと思いますけどね~。

海外での反応は?

日本の評価は上々でしたがやっぱり気になるのは海外の反応。世界的イベントという事で日本をアピールできる絶好のチャンスですからね、海外の評価は気になるところです。

・リオの閉会セレモニーの山場は2020年の東京五輪のプレゼンテーションだった。もしリオでのこのプレゼンテーションが何らかの指標になるものだとしたら、本番はすごいものになりそうだ。日本のクリエ―ティブな側面が聴衆を驚かせ、歓喜に導いた。2020年にも同じことが起きてくれることを望もう。

via アメリカの人気デジタルメディア、Quartz

閉会セレモニーの最も大きな喝采は、安倍首相がマリオになって登場した時におくられた。2020東京は日本のポップカルチャーのアイコンたちをフルに恥ずかしげもなく活用したものになるだろう。

via 英BBC

スーパーマリオか安倍晋三か?日本の首相がリオで勝利の登場。安倍晋三の最高の登場シーンは、東京五輪の興奮の幕開けとしては、これ以上のものはなかった。

via 米Fortune

高評価です!うれしいですね~。日本文化の代表格にまで成長したポップカルチャーと意外性に富んだ演出は心をつかんだみたいです!映像に登場したマリオやドラえもんなどは身内ネタではなく、世界で親しまれているキャラクターたちなんだと改めて感じることが出来ました。

安倍首相の時計は1964年東京五輪のオマージュ?

安倍首相が車の中で時計を確認するシーンがありますが、そこで着用している時計が今話題になっています。着けていたのはアンティークのオメガの時計。これが1964年に開催された東京五輪へのオマージュになっているのではないか、1964年当時のモデルなのではないか、とネットで話題になっているんです!調べたところ、この件に対してオメガが回答している記事を発見しました。オメガは4年後のオリンピックパートナーにも名を連ねていますが、映像に出てきた時計は日本のオメガからもスイスの本社からも貸し出したものではないようです。また「時代を特定することはできないが、コンステレーションではあるだろう」とも語っていました。コンステレーションというのはオメガでも人気のコレクションで1952年から登場、しかし現在の特徴である両脇の4つの爪がないので現行品ではないだろう、という事でした。最終的には64~67年に製造されたコンステレーションの通称「Cライン」だったと言うところまで特定されたようです。ちなみにこれは首相の私物ではなく制作側が用意したものらしいです。年代について深い意図は無かったようですが、結果的に前回のオリンピックを思わせる演出にもなっていてよかったですね。

リオオリンピック閉会式での日本のパフォーマンスが各国で話題にw全体的に高い評価を得るなか、特に注目されたのはやっぱり「安倍マリオ」でした。これぞクールジャパン!!


ページトップへ