【超特急】タカシ、映画単独初出演【一週間フレンズ。】

他アイドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ほかに無いパフォーマンスで話題のユニット、超特急のメンバーであるタカシが初の映画単独出演決定!気になる出演作品は「一週間フレンズ。」 タカシの役は?

超特急タカシ、初の映画単独出演

google imghp (17755)

via google imghp人気のダンスパフォーマンスユニット「超特急」のタカシこと松尾太陽が、山﨑賢人と川口春奈のダブル主演で話題になっている、来年2月に公開の映画「一週間フレンズ。」に出演することがわかりました。

タカシは今回が初めての単独での映画出演。

撮影はもう終了しているそうで、緊張し通しのタカシを山﨑をはじめとするキャストがあたたかくフォローしたりいじったりと、撮影現場でも超特急での「末っ子担当」キャラを地で行く様子だったようです。

出演するタカシの所属する「超特急」とは

google imghp (17782)

via google imghpももクロやエビ中などが所属するスタダ系列のユニット。

スタダ所属のアーティスト集団EBiDANの選抜メンバーで構成されていて、なんとメインがダンサーでボーカルがそのバックという史上初の珍しいスタイルと、そのアツいパフォーマンスで話題になっています。

総勢7人のメンバーのことを、ユニット名の超特急と掛けて、それぞれの番号を割り振って「○○号車」と呼び、ファンのことは「8号車」と呼ばれます。

ドラマのタイアップも獲得するなど評価も高く、ライブでは「8号車」と一体になった参加型ライブが人気を博していて、昨年12月には、代々木第一体育館で初のアリーナ公演となるクリスマスライブを行いました。メンバー(画像左から)

カイ(2号車)    メインダンサー・神秘担当
タカシ(7号車)   バックボーカル・末っ子担当
ユーキ(5号車)   メインダンサー・ドジっ子担当
ユースケ(6号車)  メインダンサー・元気担当
タクヤ(4号車)   メインダンサー・筋肉担当
コーイチ(1号車)  バックボーカル・お父さん担当
リョウガ(3号車)  メインダンサー・ガリガリ担当

それぞれの「担当」がなかなか個性的でおもしろいですよね。

タカシが演じるのは?

google imghp (17756)


via google imghpタカシは主演の山﨑が演じる長谷祐樹の親友役、桐生将吾を演じます。
普段はめんどくさそうにしているけど、その実面倒見がよく頭もいいキャラクターで、作中での彼の活躍ぶりは「アシスト王」のあだ名がつくほど。

そんなキャラクターにタカシをキャスティングした理由について、本作のプロデューサーはこう述べています。

「オーディションで初めてあった時、その立ち振る舞いや、言葉を丁寧に選んで受け答える松尾くんの姿がとても印象的でした。役に合わせるのではなく、松尾くんの雰囲気に“桐生将吾”という役を乗せてみよう!とこの役をお願いしました」

via ナタリー 

「役に合わせるのではなく」というところが原作からかけ離れたキャラ設定にならないかということや、ファンの反応などが少し不安ですが・・・

この作品に出演が決まった時は、夢なのかと思うくらいに嬉しかったです。桐生将吾に少しでも近づきたいと思い、原作に所縁のある場所も巡って原作の空気を感じてきました。撮影が始まって、最初は手が震えるくらい緊張しましたが、クールに見える桐生将吾の内面を想像し、彼を想いながら演じさせて頂きました。

via アニメイトTV

コメントによるとタカシも役作りのために、かなり努力しているようです。

初めての映画出演ということで話題になっていますが、「手が震えるくらい緊張」していたタカシがどんなふうに演技をして、役作りの努力がどのように現れるのか、期待ができますね。google imghp (17793)

via google imghpまた、タカシの「一週間フレンズ。」出演を記念して、
4月15日に東京・NHKホールで行われるライブ「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body & Groovin’~」をはじめとして、それ以降の各ツアー会場にて限定のムビチケカードを特別先行販売するようです!

価格は1400円で、タカシのソロショット写真がついたものとなっているそうで、各地の映画館にて利用できるとのことです。

一週間フレンズ。とは

葉月抹茶によるマンガで、2014年2月にはアニメ化、同年11月には舞台化もされた人気作品。

あらすじ
主人公の高校生、長谷祐樹は、ずっと気になっていたクラスメイトの藤宮香織と仲良くなりたいと思い彼女に接するが、拒否される。
その理由は、「友達に関する記憶が一週間でリセットされてしまう」という理由からだった。
二人の思い出を失う香織と、それでもひたむきに向き合い思い出を作る祐樹の、切なさいっぱいのストーリー。google imghp (17770)

via google imghp

まとめ

最近流行りで、ファンからはあまり良い反応をされない「マンガ原作からの実写映画化」ですが、アニメ化もされていて話題になった作品なので、期待を裏切らない映画になって欲しいです。
もともとが学園ラブストーリーなので、予想以上に裏切られることはないとは思いますが、どのように原作の世界観を表現するのか、メイン二人の関係性の描かれ方、そしてタカシ演じるキャラクターがどのように関わっていくかも含めて、公開がたのしみですね!



ページトップへ