PSYの新曲「I Luv It」のMVが豪華!ピコ太郎も出演

韓流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「江南スタイル」で世界を席巻した韓国人アーティストPSY(サイ)がアルバムをリリース。一曲目の『I Luv It』にピコ太郎を始め豪華な韓国の有名人が出演しています。K-POP好きにはたまらない楽曲になっています。

韓国の世界的スターPSY

2012年に彗星のごとく現れ、『江南(カンナム)スタイル』で世界的な人気を博したPSY。YouTubeでの動画の再生回数は今でも伸び続け、100億回を超えています。乗馬を模したカンナムダンスは日本でもK-POP好きを中心に流行しました。『江南スタイル』以降も『Gentlemen』(2013年)や『Daddy』(2015年)などコンスタントにヒット曲を公開。今や世界的アーティストです。

江南スタイル

5年前、世界中がこのダンスに熱狂していました。日本ではちょうどスカイツリーと渋谷ヒカリエが開業した年です。芸能界ではHIROと上戸彩が結婚したり、芸人のスギちゃんが大ブレークしたりしました。

新曲『I Luv It』の出演者がヤバい

PSYの8枚目になるアルバム『4 × 2 = 8』が5月10日にリリースされました。『New Face』や『we are young』などの人気曲の他にアルバムの完全オリジナル曲も収録されています。アルバムの一曲目をかざる『I Luv It』のMVもリリースと同時に公開。公開から1日しか経ってないのにyoutubeの再生回数は500万回を超えていて、あっという間に韓国の音楽チャートの1位を獲得してしまいました。彼の人気が今も衰えていない証拠ですね。

そのMVの出演者が豪華絢爛。全員揃えるのにいったいいくらかかったのでしょうか。

PSY 『I Luv It』

via www.youtube.com 韓流好きなら全員知っている方もいるのではないでしょうか。日本でも有名な俳優やアーティストが数多く出演しています。

ピコ太郎も出演!

日本で知らない人はいないピコ太郎。彼も昨年発表した『PPAP』がビルボードにランクインし、たった数ヶ月で世界的スターになりました。そんなピコ太郎も『I Luv It』のMVに出演しています。ミュージックビデオ内では30秒ころにたった5秒間だけの出演でしたが、1ピコ太郎に対し4PSYというシュールな映像にインパクトは十分あります。残念ながらPSYはCG合成なので厳密には共演とはいえませんが、日韓の大ヒットスターおじさんの奇跡の共演です。

このコラボはPSY側から提案したもの。所属している芸能プロダクションYGの日本支社を通してピコ太郎との共演を持ちかけたそうです。音楽は国境を軽々と超えてしまいます。


PSYとピコ太郎

目がチカチカするvia

めっちゃハイテンションなピコ太郎さん。ツイッターでも宣伝しています。 ピコ太郎さんの出演に韓国以外の海外メディアも注目しています。スペインの「ATRESMEDIA」ウェブ版ではピコ太郎さんの出演について触れています。コメント欄にも「ピコ太郎がいた!」と様々な言語圏の人がリアクションをして盛り上がっています。

他には

イビョンホン

韓国が産んだイケメン俳優イビョンホン。彼の登場シーンもあっという間に終わってしまいますが、それでも見る人の視線を奪ってゆきます。PSYとは以前から親交があったそうですが、アドリブのダンスが苦手でづっとMVへの出演を断ってきたそうです。今回はPSYが歌詞の説明とやてほしいことを事前に伝えたため、出演してくれたそうです。真顔でダンスを踊ったり口パクしてみせるイビョンホンが見られるのは、後にも先にもきっとこのMVだけです。

@42psy42)さんの投稿

この画像のPSY、ちょっとマツコ・デラックスに似てるきが…

Apink ソン・ナウン

韓流ガールズグループApinkの ソン・ナウンは『New Face』のMVにも出演しています。今韓国での注目度が急上昇していて、その可愛らしいルックスからファンになる人も多いようです。キレイな肌にパッチリした目は確かに人気がでそうですね。

ソン・ナウン

他にもBIGBANGのG-DRAGONやSOLなど、K-POP界を代表するアーティストたちが数多くカメオ出演しています。歌うわけではないのに、アーティストが他のアーティストのMVに出演するのは日本ではなかなか見られないコラボのかたちですよね。それだけPSYとコラボしたい有名人が多いということでしょうか。

まだまだ『4 × 2 = 8』のリリースは始まったばかり。今後のアルバムの売上も、MVの再生回数も右肩上がりに増えていきそうです。ピコ太郎との共演も実現し、いつかPSYが来日する日も近いのではないでしょうか。



ページトップへ