斎藤工✕窪田正孝!有栖川小説ドラマ化【臨床犯罪学者 火村英生の推理(仮)】

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

最近よく名前を耳にする大人気俳優二人組。斎藤工さんと窪田正孝の共演が決まりました!原作は有栖川有栖さんの『火村英生シリーズ』。来年1月放送予定です!

いま大人気の俳優二人組!斎藤工さんと窪田正孝さん主演の新ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理(仮)』(日本テレビ系)が決定しました!
こちらは、来年度(2016年)1月開始の日曜ドラマになる予定です!

有栖川有栖『作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)』を映像化!

今回お二人が演じるのは、有栖川有栖さんの『火村英生シリーズ』です!このシリーズは20年以上も続いている超ロングセラー作品で、映像化されてない最後の本格ミステリーなんて言われていました。
主演は演技力もビジュアルも文句なしのお二人ですね!そのため今回の実写化はみなさん相当嬉しいのではないでしょうか?私も期待しかないです!

右:斎藤工(火村英生 役)
左:窪田正孝(有栖川有栖 役)
犯罪学者の火村英生役(主人公)を斎藤工さんが、推理小説家の有栖川有栖役(相棒)を窪田正孝さんが演じます。これまでにない最高のバディを見ることができそうで私は期待で胸いっぱいです。

ドラマをもっと楽しめるように…

シリーズが長い小説ってどこから読んだらいいんだろう…と悩んでしまいますよね。そのため今回は火村英生シリーズの小説を並べてみました!(漫画化されているものもありますがそちらは割愛します)
一作目の『46番目の密室』は1992年に発表され、最新作の『鍵の掛かった男』は2015年10月発表と先月です。まさしく超ロングセラー作品となっています。

・46番目の密室
・ダリの繭
・ロシア紅茶の謎(短編集、国名シリーズ1)
・海のある奈良に死す
・スウェーデン館の謎(国名シリーズ2)
・ブラジル蝶の謎(短編集、国名シリーズ3)
・英国庭園の謎(短編集、国名シリーズ4)
朱色の研究
・ペルシャ猫の謎(短編集、国名シリーズ5)
・暗い宿(短編集)
・絶叫城殺人事件(短編集)
・マレー鉄道の謎(国名シリーズ6、第56回日本推理作家協会賞受賞作)
・スイス時計の謎(中編集、国名シリーズ7)
・白い兎が逃げる(中編集)
・モロッコ水晶の謎(中編集、国名シリーズ8)
・乱鴉の島
・妃は船を沈める(中編集)
・火村英生に捧げる犯罪(短編集)
・長い廊下がある家(中編集)
・高原のフーダニット(中編集)
・菩提樹荘の殺人(中編集)
・臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究(自選短編集)
・臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究(自選短編集)
・臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究(自選短編集)
・怪しい店(短編集)
・鍵の掛かった男

原作が23話80タイトルもの数を発表しているシリーズ物ということで、これをどうやってドラマ化するのだろう…なんて思いましたが基本1話完結型になるみたいですね。どの物語が使用されるのかは現在検討中だそうです。
個人的には1クールで終わらず1年かけて放送できそうだなあなんて思いますが!
原作者の有栖川さんもこのようなコメントを残しています!

火村英生と有栖川有栖が小説から抜け出し、彼らの〈推理の冒険〉をドラマでご覧いただけるのは、原作者として喜びです

斉藤さんと窪田さんは、『ゲゲゲの女房』なんかでも共演していましたね!いち視聴者としてそんな彼らがバディを組むことになるなんて思ってもいませんでした。これは嬉しい誤算というやつですね!
どんな作品になるのか来年1月に期待です。私も小説片手に待ちたいと思います!


ページトップへ