【ライブツアー】海外でもPerfumeの人気が止まらない!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

Perfumeの6つ目となるツアー。MIKIKO先生手掛ける最先端のテクノロジーを駆使した圧巻のパフォーマンスに、息がピッタリとあった3人のダンスはやはり海外でも大人気!これぞリオ閉会式で日本が見せつけた最新のコンピューターテクノロジー!

ポリリズムで大ブレイクした2007年からもう9年も経っている現在。彼女たちの名前を知らないものは日本国内にはほとんどいないのではないかと言っても過言でないくらい、Perfumeの存在は日本の音楽界ではかなり大きいです。3人のどこか少女っぽさが残る高くて可愛らしい声や、まだ結成当初、インディーズだった頃を振り返ってみると当時はどちらかと言えば”アイドル”に近い存在であったといえますが、そんな彼女たちの現在はゴリゴリのテクノポップユニット。EDMとかが流行っている今日ですが、そのかっこよさの中に女性らしさ、可愛らしさを織り交ぜ、オリジナリティに溢れた世界に類を見ないグループのひとつであると言えるでしょう。

また、あれだけつま先から指先までピッタリと息のあった激しいダンスをしているPerfumeのメンバーですが、トークをしている時とのギャップが素晴らしいんですよね(笑)暴走するあ~ちゃんに、それに乗ったり、逆にたしなめたりするかしゆかとのっち。3人のトークが聞きたいからと、ライブに足を運ぶ人も多いのではないでしょうか。

#prfm

Perfume (パフューム)さん(@electro.world)がシェアした投稿 –

Perfumeの3人。左から、かしゆか、のっち、あ~ちゃん。デビュー当時から髪型がそこまで変わっていないので、覚えやすいですね。via google imghp

カッコイイパフォーマンスの源は…

Perfumeのライブと言えば、生ダンスやトークももちろんなのですが、なんといっても最新テクノロジーとの融合がかっこよすぎてヤバイですね。筆者自身はまだ行ったことがないのですが、かなり行ってみたい気持ちはあります。近未来、宇宙、異世界、異次元…そういった難しい科学的な言葉がとても良く似合うPerfumeとそのライブパフォーマンス。今回の『COSMIC EXPLORER』ツアーでも、リオオリンピックの閉会式で見たような日本のパフォーマンスを思いださせるほどのカッコよさだったのだとか。それもそのはずです!ステージのパフォーマンスや演出は、主にMIKIKO(振り付け)とRhizomatiks(テクノロジー)が手がけているのです。

MIKIKO

ダンサー・振付師のMIKIKO先生。Perfumeだけでなく、同じく世界で大人気のBABYMETALの振り付けなども手がけています。独特な振付のスタイルは人々を魅了し、中毒になる人も続出!一見シンプルに見える振りの一つ一つはじつはかなり難易度が高かったりするからすごい…。また、ステージ演出も手がけたりしています。via google imghpPerfumeは広島にあるアクターズスクール広島に通い、アイドルを目指していたわけですが、その頃から講師として働いていたMIKIKOにダンスを教わり、そして上京してメジャーデビューしてから何年も経った現在も全ての楽曲の振り付けをお願いしています。また、Perfumeファンであれば当然気づいているとは思いますがそのダンスの難易度は新しい楽曲をリリースする度に右肩上がりで上昇。Perfume踊ってみた動画など良く動画投稿サイトで上げられていますが、それでもやはり本家が間違いなく1番だと誰もが言えるくらい、Perfumeのダンスの真似をするのは難しいと言われています。シンプルに見える動きですが、実は細密に位置や角度が計算されており、だからこそその美しさを出すのは難しいのです。それを3人でビシっと揃えてくるとは…可愛くてゆるふわ感満載のPerfumeですが、そのパフォーマンスに対するストイックさが現れています。
この3人について、MIKIKOはこの様に語っています。

Perfumeの曲から受け取るイメージは、現在ではなく近未来、有機的というよりも無機質なもの。そんなこともあって、なるべく人間離れした質感を出せるように、所々のポージングや目線をマネキン・人形風にしていますね。3人のキャラクターからは、頭がいいけど純粋な“コケティッシュ”なオンナノコといった印象を受けます。そのニュアンスを出すために、振り付けの難しさ(ややこしさ)で頭のよさを、少し間の抜けたカワイイ仕草でコケティッシュな女の子を感じてもらえるようにしています。彼女達のダンスは不思議で独特だと言われますが、それは音のとり方をあえて変則的にして、一瞬見ただけでは分析しにくいようにしているからかもしれません。


そんなMIKIKOですが、Perfumeの代名詞がピンヒールでのダンスという事がよくわかっているらしく、年々注目が集まっているPerfumeのダンスの難易度をどんどん上げていっています。3人が小さい頃からずっと見守ってきたMIKIKO。Perfumeの母親的存在でもあるのではないでしょうか。

MIKIKOの独特な世界観、感性などはやはり芸能界では評判らしく、近未来と言えばMIKIKOにお任せと言った感じでしょうか?だからこそ、東京五輪の宣伝となったリオ五輪の閉会式のパフォーマンスも手掛けるようにオファーがきたのでしょうね。

リオ五輪閉会式「TOKYO」

この映像を見た時は、MIKIKOとRhizomatiksが手がけていたとは知りませんでしたがどこかPerfumeっぽいなぁとは思っていました。さすがですね。このパフォーマンスは海外からもかなり高い評価を得ていました。東京五輪への期待が高まったこと間違いないです。via www.youtube.com

6th Tour 2016 『COSMIC EXPLORER』

リオの閉会式で世界を圧倒させた、日本のカッコよさやスタイリッシュさを全面に押し出した振付に加えコンピューターテクノロジーをこれでもかという程につかったチーム日本。この閉会式の演出を担当したMIKIKOとRhizomatiksがPerfumeのライブの演出も担当するのですからクオリティは半端ないに決まっています。そして、実際の公演では当然その期待を裏切るようなことはなく。まさに圧巻のパフォーマンスだったようです。

まず冒頭からいきなりドローンを使った斬新なパフォーマンス。3人の動きに合わせてドローンも動くという、これまた光や音、動きを使ったかなりカッコイイパフォーマンスに仕上がっていたのだとか。この演出も、MIKIKOとRhizomatiksが以前共同で創ったものです。Perfumeのバージョンではなく、オリジナルバージョンが動画投稿サイトでも見れます。

24 drones (ELEVENPLAY + Rhizomatiks Research)

ELEVENPLAYはMIKIKOが主宰するダンスカンパニー。
どうなってるんですかね、美しいですね。米国ではまず考えられないパフォーマンスですね。via www.youtube.comまた、最新の技術を導入したライブにはもはやお馴染みのプロジェクションマッピング。Perfumeのライブにも毎回と言っていいほど登場してきますが、今回もプロジェクションマッピングがたくさん使われています。
こちらのライブ映像は、プロジェクションマッピングのクオリティの高さで前から注目を集めていた「STORY」。相変わらずクオリティが半端ないです。

Perfume – STORY ,Live in New York!

米国ではライブの撮影が許可されているのでライブ映像も多いです。こちらはニューヨーク公演の映像。カッコイイですね…via

なんかい観てもカッコイイですよね…この演出の発想どこからくるんだ…そしてそれを完璧にこなすPerfumeの実力も。Perfumeだからこそできるんですね。ニューヨークでの公演は、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークの4都市5公演でした。特にニューヨークでは2日間で2公演行われ、「Hammerstein Ballroom」にて各日3000人を動員し、計6000人のライブを成功させました。ライブが終わった後もアンコールが鳴り止まず、Perfumeの人気の様子が伝わってきたようです。これだけ世界に愛されると、自分もPerfumeが大好きなのでなんだか嬉しくなります(*^^*)

今回は最新アルバムのツアーということで、新曲も多く披露されたのですがさすが現地の熱烈なファン、すでに予習済みで一緒に歌ったり踊ったりする場面も多かったようです。愛がすごいですね(笑)やはりPerfumeが愛される理由はパフォーマンスレベルの高さ、楽曲のキャッチーさ、ライブの最先端の技術、そして他の国には真似できない演出すべてが合わさっているからこそだと思っています。
これからもどんどん活躍していって欲しいですね!

それにしても海外のファンが面白すぎる…(笑)
見た感じ男性が多そうですね。手前の白人男性の手元には「かしゆか♡」とかかれた神が(笑)なんだか笑っちゃいます。かなりキュートですね(笑)via google imghp



ページトップへ