映画「無伴奏」で、池松壮亮と斎藤工がラブシーン!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近(?)話題のBLを映画に取り入れてきましたね。腐女子たちが喜ぶこと間違いなし!昭和の哀愁漂う映像で、若者たちの葛藤や恋が映し出されているようで、子供には見せられない内容になっております。

via google imghpBL大好きな女性にはもってこいのワンシーンが届きました。

しかも人気若手俳優の池松壮亮と、大人の色気たっぷりの斎藤工の絡みです。

やりましたね!

半自叙伝らしいので、こんなことがが本当にあったかどうかはわかりませんが、そんなことはどうでもいいですよね。

これは多分、成海璃子ですねvia google imghpこれは1969年の仙台が舞台になっているようで、当時盛んだった学生運動が背景にあり、その中で動く若者たちの恋や成長を描いた作品になっています。

幼なじみの池松壮亮(渉)と斎藤工(祐之介)は、同居するほどの仲良し。


渉には成海璃子(響子)という彼女がいる。

ある日響子が2人の部屋を訪れると、先ほどの写真のような行為が行われていたということですね。

どうしてそんなことになるのか、全く気持ちがわからない…。

監督はこのシーンで「行為」を見せるのではなく「愛」を伝えたかったみたいですが、ちょっと男性には届かないかもしれないです。

via google imghp「いつから観られるのかさっさと教えろ」と涎を垂らしている人。

3月26日に公開されるそうです!

もうちょっとです!

via google imghp



ページトップへ