ドラマ「ラブソング」の福山雅治にブーイングの嵐「老けた?」「おっさんの裸とか誰得」

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ドラマ放送開始前から話題になっていた福山雅治さん主演ドラマ「ラヴソング」の第一話が11日に放送されました。しかしネットからはブーイングの嵐!数々のヒットドラマを生み出した福山雅治さんですが「老けた」「おっさんの裸とか誰得」など散々ないわれようでした。もはや結婚した福山雅治さんは用なし?賞味期限切れと厳しい声も。

月9枠にもかかわらず大爆死の予感

福山雅治主演「ラヴソング」

福山雅治さんと言えば俳優業も絶好調でこれまで数々のドラマをヒットさせ、歌手のみならず俳優としても確固たる地位を築きあげてきました。

しかし、最新主演ドラマ「ラヴソング」の初回平均視聴率が10.6%と、月9枠にもかかわらず最悪の出だしとなってしまいました。

これは月9史上最低の視聴率で終わった前期のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の初回視聴率よりも低い数字です。

ネットからはすでに「駄作の予感」など、さんざんな言われようです。

福山雅治

歌手のみならず俳優としての活動も絶好調な福山雅治さん。
ドラマ「ガリレオ」は人気のあまり劇場版も制作され、映画「そして父になる」では国内のみならず海外からも高い評価を得ました。

前期ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

平均視聴率9.71%と、月9史上最低の視聴率で終わった「いつ恋」
その初回視聴率よりも低い数字となった今回のドラマ。

女性視聴者の反感を買った第一話

▼ラヴソングのあらすじ
福山雅治さん演じる元ミュージシャンの神代広平(かみしろ こうへい)はヒット曲を出すものの、己の才能に限界を感じ音楽界から離れます。しかし音楽の夢を諦めきることができないまま年を重ねていき、中途半端な人生を送っていたのでした。
それから月日は流れ、企業カウンセラーとして働いていた神代は自分と似たような雰囲気を持った佐野さくらと出会い、音楽を通してこれまで退屈だった人生が色づいていくという内容になっています。

神代広平役はまさに福山雅治さんだからこそ出来る役だといっても過言ではないですね。
福山雅治さん自身、脱サラを経てミュージシャンになった経歴があるのでリアリティがあります。

ドラマは諦めかけた夢を取り戻すというベタな展開ですが、
福山雅治さんという完璧な男が、一度人生のどん底へ落ちた男をどのように演じるのか見どころです!11日に放送された第一話は、いきなり福山雅治のベットシーンから始まる展開で、視聴者へのファンサービスを試みたつもりでしょうがこれが逆に視聴者の反感を買ってしまいました。
「おっさんの裸とか誰得」
「これでファンが喜ぶと思っているところがムカつく」

実はドラマの大爆死の原因は「福山雅治」に原因があるそうで、「老けた」「あごのたるみ」「二重あご」など容姿にがっかりしたファンが多く見られました。

また昨年女優の吹石一恵さんと結婚したことで、福山雅治さんに対する愛情が憎しみへと変わったファンも少なくはないようです。

日本経済にも影響をもたらすなどとにかく反響がすごかった福山雅治さんの結婚。
女性ファンは「ましゃロス」と嘆き悲しみました。ヒロインの藤原さくらさんについては今作でデビューしただけあって「素人感が見ていられない」などとのネガティブなコメントがありました。
吃音症という設定には実際に悩んでいる人が多くいるため、今後ヘタすると炎上しかねません。

このまま行くと月9史上最悪の視聴率を更新する可能性がありますが、ストーリー自体は奥が深く考えさせられる内容となっているので、今後の巻き返しに期待しています。



ページトップへ