ドーハの悲劇が歓喜に!U-23日本がイラクに勝利!!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1993年の悲願を今年晴らした!!イラクに勝利でリオ五輪出場決定!

ドーハの歓喜!リオ五輪出場決定!

リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権が行われているが、26日に準決勝が行われた。結果は2-1で日本の勝利!!

イラク戦といえば、1993年に惜しくもワールドカップ初出場を逃してしまった因縁の相手…今回の準決勝の相手がイラクということもあり、大いに盛り上がっていました。

今回の勝利で6大会連続、10回目のオリンピック出場となった日本代表。

イラク戦

via www.youtube.com前半26分にFW久保裕也が先制しましたが、同43分に失点。ヘディングシュートで決められてしまいました…。そして試合終了間際の後半48分、MF原川力が強烈なミドルシュートで決勝点を奪取!!リオ五輪の切符を手にし、因縁の地ドーハで歓喜でしたね!!悲劇から歓喜へ!おめでたいことです!!

手倉森監督は「90分で決めたい」と言っていたそうです。
1993年にドーハで敗戦し22年、今年、ロスタイムで得点し、勝利したため、「ドーハの歓喜」だと言われています。
本当に良かったですね!!素晴らしい!!

実は、この大会に臨む前に大幅な選手改革があったようで、やはり慣れるのに選手たちも苦労したのではないかなと思いますね。
そしてU23…自分より若い子が日本代表として活躍している姿を見ると、本当にすごいなと感じました。

手倉森監督は「90分で決めたい」と言っていたそうです。
1993年にドーハで敗戦し22年、今年、ロスタイムで得点し、勝利したため、「ドーハの歓喜」だと言われています。
本当に良かったですね!!素晴らしい!!終了のホイッスルが鳴った瞬間に喜びを分かち合う選手たち

終了のホイッスルが鳴った瞬間に喜びを分かち合う選手たち

via google imghpgoogle imghp (12688)


via google imghpサッカーあまり詳しくなかったので、「ドーハの悲劇」学びましたね。
なにより、わからないスポーツでも日本代表が活躍してくれるのは嬉しいことです。6年連続ということで、今年も頑張って欲しいですね!!ドーハの悲劇

ドーハの悲劇

1993年に、カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの国際試合で、試合終了間際のロスタイムにて、勝利を手中に収めていたと思われていたが、イラクに点数を入れられてしまい、初のFIFAワールドカップ出場を逃した試合のこと。via google imghp

決勝で韓国に勝利し、優勝!

すでにリオ五輪への出場権を獲得している、日本と韓国の決勝戦が行われました!
平均視聴率は15.6%、深夜帯の放送だったにもかかわらず、やはり日韓戦となると国民の注目度も高いようです。

日本は前半20分に先取点を奪われ、後半2分にも失点…0-2となり、絶望的な状態になりました。その後、同20分過ぎに交代で入った、FW浅野とMF矢島が立て続けに得点して追いつき、36分にもう一度浅野が勝ち越し点!!
韓国にギャフンと言わせてやりました。

この逆転劇に、ネット上では世界中からコメントが寄せられているようで、
「キャプテン翼を観ているみたいだった」
「アジアの大会で成功をおさめたいなら、決勝トーナメントで日本を避ける必要があるな。」
「逆襲は何度も見てきたけどこれは…素晴らしい大会だね」
等のコメントが上がっていました!

監督コメント
「本当に劇的な試合でしたし、アジアのタイトルを獲れたことは素晴らしい。今日は選手達に自分たちの勇気を見せて日本のファンを感動させようと伝えました。この目標を達成することができて本当に嬉しい」

悲願のイラク戦勝利、決勝での韓国戦勝利で優勝!本当に監督にとっても選手にとっても非常に心に残る大会になったことは間違いないでしょう!



ページトップへ