小説家から転身?NEWS加藤シゲアキが政治的発言

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近タレントがコメンテーターになっていき、次々と政治的発言をする芸能人が増えてきました。ついにアイドルであるジャニーズまでも発言をするようになりました!まさかのSEALDs賛成。政治的洗脳は?他の活動に影響は出ないのか?

小説家 加藤シゲアキ

NEWS加藤シゲアキは、最近はアイドル活動よりも小説家としてのほうが目立っていることで有名です。『ピンクとグレー』でデビューし、映画化も果たしています。「小説家は書き続けなければならない」という言葉から、小説一作で終わらせず、今でも書き続けています。NEWSメンバーによれば、移動中の新幹線の中でも一人でせっせと小説を書いているようです。ジャニーズの中では希少の大卒ですし、根が真面目なんでしょうね。加藤シゲアキ

加藤シゲアキ

ジャニーズ事務所所属、NEWSのメンバー。青山大学法学部卒。人気グループNEWSとして人気を博し、様々な活動を展開。本業であるアイドル、歌手活動のほか、俳優としても活躍している。ジャニーズとしては初の小説家としての道を切り開き、デビュー作は40万部を超える大ヒットとなった。via google imghpデビューしてから年一作ペースで小説を出しており、忙しい中でも小説を書いている姿には芸能界からもファンからも絶賛されています。アイドルは頭が良くない印象があるので、それを吹き飛ばしたことは大金星と言えます。ただ、NEWSからメンバーがどんどん減っているので、小説家として活動するあまり、本業が疎かになるのは避けなければなりませんね。

初の政治的発言

嵐の櫻井翔や加藤と同じNEWSの小山慶一郎はジャニーズですが、ニュース番組のキャスターになっています。これはジャニーズとしても冒険だったでしょう。ニュースの世界はジャニーズのイメージとはかけ離れているので周りからは不安視する声もあったようです。結果は大成功で、今では二人ともがいなくてはならない存在となっています。それでもジャニーズには守らなければいけない決まり事も多いようで、キャスターですからコメントはしっかりしますが、あまり踏み込まず、当り障りのないような内容です。一方、小説家となった加藤シゲアキは順調で、「ジャニーズなのに小説も書いていてすごい」で終わるはずでした。しかし、初の政治的発言をしてしまったのです。これはジャニーズとしては初で、ジャニーズ事務所からOKが出たのか、勝手に暴走しまったのかは分かりませんが、いろいろな面で影響が出るでしょう。事の発端は雑誌「朝日ジャーナル」のインタビュー。世の中の動きについて話し、SEALDsに賛同することをはっきり主張したことにあります。一人の芸能人かつアイドルである以上、このような政治的発言はアウトである見方が強いです。加藤自身もニュース番組でコメンテーターとして自分なりの意見を述べる時もありますが、ここまでの明言はいまだかつてありませんでした。

今から年金のことを考えろって言われても、40年後の未来なんてわからない、とにかく今を生きるしかない。若い人はそう考えていると思います。ただ。今をしっかり生きていこうとしている以上、極端な政治変革は受け入れにくい。SEALDsに賛同するのもその辺ですね

「SEALDs」とはっきり話しています。一人の若者として主張したようですが、これは一般人でも勇気がいることなので、加藤がこれを話したことは社会的に大きなことだと思います。


SEALDs

SEALDsは学生を中心とした自由主義、平和主義を掲げる団体です。「自由と民主主義のための学生緊急行動」を省略したものを名前としています。有名になったのは安全保障関連法の時で、日本国憲法九条の改正の可能性や平和主義がなくなる可能性を危惧し、国会前で呼びかけたことは社会的に大きな影響を与えました。政治的に無関心と思われていた若者たちが立ち上がり、国会前を埋め尽くしたことは驚きと賞賛の声が上がっていました。加藤もこういった行動と極端な改革への非難に対して共感していることに間違いはありません。google imghp (28511)

SEALDsが安倍政権をしている風景。最初は小規模だったみたいですが、増えていったみたいですね。via google imghpSEALDsメンバーの奥田愛基も加藤の発言に喜びの声をあげました。芸能人が政治的なことを発言したり、行動したりするのは大きなリスクが伴うので、そういう中での気持ちが嬉しいのでしょう。

他の活動に影響は?

政治的発言をした以上、その影響は避けられません。SEALDsがやっている活動に賛成したとしても、あくまでそれは個人的なものであって、全てがいいことであるというわけではありません。SEALDsは現在の政府を批判している団体で、反政府と言っても過言ではありません。改革を行う与党政府にも言い分はあるわけですし、また与党を支援したり応援したりしている人たちもいます。この政治的発言で「よく言ってくれた」となる一方で、与党批判する人は嫌だとして、加藤シゲアキやNEWSのファンから離れてしまう人が出るのは当然のことです。小説も買ってくれなくなってしまうかもしれませんし、多角的な目で見れないコメンテーターはいらないと外されてしまう可能性もあります。勇気は認めますが、正直ここまでの発言はいきすぎた気がします。一番危ないのは「加藤シゲアキが言っているのだから合っている」と若者が思ってしまい、政治的な洗脳につながり得るということです。特定の政党を支持はしていませんが、明らかに与党に賛成しない人物として有名になったことで、テレビへの起用が難しくなることも考えられます。最近は都知事選や参議院議員選挙など、選挙がニュースでたくさん取り扱われています。加藤シゲアキのように芸能界から発言があれば、政権も簡単にひっくり返るかもしれません。アメリカでもトランプが大躍進しているのでありうることです。もう少し周りに与える影響も考えたほうがいいですね。



ページトップへ