May J.が消えた真の理由と現在が悲惨だと話題に・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Let it go」で大ヒットし、一躍有名になった歌手のMay J.ですが、最近めっきり姿を見なくなりました。あんなに人気だったカバーの女王のMay Jに一体何があったのでしょうか・・そして現在も悲惨な状態だと話題になっています。

 

May J.の消えた理由と現在が話題に

google imghp (29999)

via google imghp

「アナと雪の女王」の主題歌である「Let it go」をカバーし大人気となった、歌手のMay J.(28)
テレビをつければところかまわず「Let it go」を歌っていた頃がもう懐かしいですね。

最近になってパッタリ姿を見せなくなった彼女ですが、テレビから消えた真の理由と現在が悲惨すぎると話題となっているようです・・。

あんなに人気だったカバーの女王May J.に一体何があったのでしょうか?
港では「ただの一発屋だった」という声もチラホラ上がっているようです。たしかにもうカバーというイメージしかありません。

カバーはいいけど、オリジナル曲は・・

google imghp (30001)

via google imghp

天下のディズニーで主題歌を歌ったMay J.
「アナと雪の女王」の「Let it go」をカバーして一躍大人気になり、2014年にはテレビからひっぱりだこ。どのチャンネルに変えても「Let it go」を歌っていた、とは少し言いすぎですが、それくらいこの曲を歌いまくっていましたね。同年の紅白歌合戦に出場も果たしました。

歌手としての実力はもちろん、圧倒的な歌唱力を誇るMay J.ですが、May J.というよりカバーの人としてさすがにテレビに出過ぎましたね。正直もうアナ雪の人という印象しかありません・・。

そんなこともあってか、アナ雪の人気が静まるとともに、May J.の人気も静まり返ることに。
2015年2月には7thシングル『ReBirth』を発売し、夏場にまたまたディズニーとコラボして8thシングル『Sparkle~輝きを信じて~』を発売するのですが・・

これがまったく話題にならない(笑)

google imghp (30003)

via google imghp

 

懸命な活動を続けるも、中々アナ雪の時のようにいきません。オリジナル曲にはまったく反応なし!芸人もびっくりの一発屋だったようです。

 そして2015年11月に行われた森永製菓のPRイベントでは、2015年紅白歌合戦が発表される直前のタイミングだったようで、結果的には目立った活動やヒット曲もなく『落選』誰もが予想していた結果でしたが、
集まった報道陣に紅白歌合戦出場に関しての容赦無い質問が飛び交い、歌手活動低迷の時期にあったMay J.は顔をこわばらせ絶句する場面もあったそうです。

『今年も紅白に出たいですか?』『オファーがあったら出ますか?』など直球の質問ばかりだったそうで、見ていてかなり痛々しい会見になったとか。

また、真っ赤なドレスで登場したため、『今年も紅白に出場する』という無言のアピールなのではないか?とも受け取られてしまっていたそうです。ドンマイ!


この一連の流れを受け、「Let it go」時代からあった「オリジナルの代表曲が存在しない」という批判も、今や「本物の一発屋か」「消えた」という声に変わっていってしまいました。

▼ネットでの声
「ほんと技術だけのカラオケアンドロイド って感じだよな」
「似たようなのは探せば沢山いそう」
「レリゴーだからヒットしただけ」

最近の活動状況も悲惨すぎる・・

google imghp (30008)

via google imghp

あぼーん一世を風靡したMay J.も最近の活動状況はいまいちパッとしない。

バラエティ番組『笑ってこらえて!』のとある企画では、一般の大学生相手に尾崎豊の「I LOVE YOU」と歌という神対応?見せ、少し話題になることもあれば、今年5月に放送された『あいつ今何してる?』に同級生の宮澤エマと出演するも特に話題にはならず・・。とやはりパッとしない。

そしてどれもレギュラーではなく単発の仕事で、しかも本業である歌手として歌うことなく終わっていく・・。

他にも4月に放送された情報番組『ノンストップ!』では過去に「カバーソングばかり!」だと批判されたことに対してどう思っているかと聞かれ「乗り越えていかなければならない」と決意を見せるも、「被害者ヅラしている」とプチ炎上。

何をやっても上手くいきません。

7月3日にはデビュー10周年記念ライブを中野サンプラザで開催したのですが、会場のキャパは2000人弱という10週年記念ライブにしては中々寂しい状況・・。武道館だったりあんまり広い所でやってスカスカだとそれはそれで悲しすぎますけどね。

2017年、デビュー11週年に突入!

2017年にデビュー11周年を迎え、これまでコラボレーションした数々のアーティストとの楽曲を集めたデュエットアルバム「Best of Duets」を発売!またコラボ頼りかい、と思う人もいるかもしれません。私自身またコラボかい。とはなりました。

昔のMay J.

via google imghp

そして2017年3月、地上波で初めて放送されたアナと雪の女王では、May J.の代名詞と言えるMay J.バージョンの「Let It Go」がまさかのカット(笑)ノーカット放送と言われていましたが、どうやらエンディングシーンには変更があったみたいです。これを機に最注目されるかと思いきや・・さすがにお気の毒すぎるかもwネットでは「May J.可哀想だなぁ」という、違い意味での注目がされていましたが。

昔のMay J.

今とはまったくの別人のようです。どっちかというとレゲエとか歌ってそうですね。

「Let it go」以降すっかり需要がなくなり、テレビでもまったく見なくなってしまった彼女ですが、本人も色々と悩んでいるようですね。May Jは歌手としての実力は十分あると思うので、埋もれてしまうのはもったいない。ここは一つディズニーにもう一度チャンスを与えてもらうしかなさそうです。助けてディズニー!

今後のMay Jに期待です。