M1暴言騒動の内容は?審査員批判で久保田と武智終了か【動画】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成最後のM1グランプリが終了したころ、裏ではとろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智による暴言騒動が勃発していました。暴言騒動の内容を動画とともにご紹介します。

M1後のインスタライブで暴言騒動勃発

2018年12月2日に行われた平成最後の『M‐1グランプリ』はご覧になられましたでしょうか?

どのコンビの漫才もとてもおもしろかったですが、史上最年少記録を更新した霜降り明星はやっぱりおもしろかったですよね。

優勝して早々新規の仕事オファーが一気に10件以上もくるなど、今年も大盛り上がりで幕を閉じました。

しかし、その一方で暴言騒動が勃発していたことをご存知でしょうか?

M1グランプリ終了後に行われたインスタライブ(Instagramでのライブ配信)にて、暴言配信を行ったとして激しいバッシングの嵐が起こっているのです。

では誰がどんな内容の配信を行ったのか詳しく見てみましょう。

暴言騒動の主犯は誰?

M1後の暴言騒動を起こしたのは、なんと2017年の王者であるとろサーモンの久保田和靖(久保田かずのぶ)と、スーパーマラドーナの武智でした。

ちなみにスーパーマラドーナの武智もM1に出場していましたが、予選で7位という結果に終わってしまいました。

そこでインスタライブを配信し、この配信にとろサーモンの久保田和靖と2人で泥酔した状態で出演したのです。

ちなみにその場にはほかにも芸人はいましたが、ライブ配信を行っていたのは武智と久保田和靖のみです。

主犯と言われているのは武智のほうですが、バッシングを受けているのは久保田和靖のほうです。

泥酔していたのは久保田和靖であり、切り出したのも久保田和靖ですが、暴言がひどく性差別的な発言をしているのは武智の方なのです。

しかしメディアが取り上げるのは知名度の久保田和靖ばかりであり、その影響でネット上でも久保田和靖ひとりが悪いように捉えている人も少なくないです。

一方でメディアの情報に流されず状況を把握している人たちからは、久保田和靖ばかりが悪く言われているのはどうなのか、むしろ武智の方がひどいという声が多くなっています。

では、とろサーモンの久保田和靖とスーパーマラドーナの武智は、いったいどのような配信を行ったのでしょうか?

久保田和靖と武智による暴言配信の内容

久保田和靖と武智が行った暴言配信の内容は、とある審査員を批判する内容でした。

名指しはしていないものの、内容からすぐに審査員であり先輩芸人でもある上沼恵美子を批判していることがわかります。

話題を切り出し久保田和靖は酔っていることを理由に「自分目線の感情だけで審査するのはやめてください」という感じで上沼恵美子を批判しました。

続けて「お前だよ!わかるやろ?いちばん右側のな…クソが!」「クソみたいなやつが審査してさ…」と暴言混じりに批判しました。

そして武智は続けて「右のオバハンにはみんなうんざりですよ!」などの批判に加えて「更年期(障害)かと思いますよね」というとんでもない暴言を発したのです。

更年期障害かと思うという発言は、暴言を乗り越えて性差別的な発言でもあるためかなり悪質です。

たしかに上沼恵美子の審査基準は自分が好きかどうかで偏っている部分があります。

そのため久保田和靖と武智の言っていることは間違っていないように思えるため、ネット上ではふたりの意見に賛同する声も少なくないです。

反論したこと、声をあげたこと自体は間違いではないのですが、問題なのは「暴言」です。


反論することも批判することも悪いことではないと思いますが、さすがに「更年期障害かと思う」というのは誹謗中傷にも程があるでしょう。

ちなみにこちらがインスタライブの様子です。

怒る気持ちはわかりますが、言い方に問題がありますね、

久保田和靖と武智は芸能界を干される可能性も…

実はM1グランプリの翌日に放送されたラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』にて、上沼恵美子は

「私みたいな年寄りが、あんなところにちょこんと座って偉そうにしている場合じゃないんですよ。だから私は引退します、審査員を」

と突然の引退宣言をしたのです。

どうやら上沼恵美子は、批判されているという情報を耳にしたことで激怒したようで、すぐさま引退宣言をしたのです。

そしてその翌日の12月4日に久保田和靖と武智は、Twitterにて上沼恵美子への謝罪文を投稿しました。

上沼恵美子がM1で審査員を行っているのは、M1自体が関西での視聴率が高く、関西での人気が高いからです。

そんな上沼恵美子にテレビ朝日側が頭を下げてM1の審査員を依頼しているのです。

要するに久保田和靖と武智は、上沼恵美子とM1の両方を敵に回したということになります。

上沼恵美子は関西で多くのレギュラー番組を持っており、芸人にとってもテレビ業界にとっても絶対的な存在です。

吉本興業は上沼恵美子に正式に謝罪はしているものの、上沼恵美子が口に出さずとも、テレビ局やラジオ局側が配慮して吉本芸人と共演させないようにする可能性が考えられます。

また、若手芸人や中堅芸人がベテラン芸人を批判したことを許してしまったら、お笑い界全体の秩序が乱れてしまう可能性もあるのです。

そのため吉本興業としても、久保田和靖と武智への厳しい処分を言い渡す可能性はあるでしょう。

例え処分がなくとも露出が減ってしまい、事実上芸能界から干された状態になる可能性は十分に考えられます。

今後どう転ぶかはわかりませんが、大きなものを敵に回した以上覚悟は必要でしょう。

<こちらもオススメ>

2017年M1、上沼恵美子が優勝の真実?世間の声を総まとめ!

とろサーモン久保田、性格クズエピソードがヤバい【動画】

M1グランプリ2017予想は?優勝は「とろサーモン」

まとめ

SNSで炎上動画を配信する問題があとを絶ちませんが、まさかのいい大人がこのような騒動を引き起こすのはどうなのでしょうか。

とろサーモンの久保田和靖とスーパーマラドーナの武智は、恐らく今後の露出は減っていくかもしれませんね。

特に関西でのテレビ出演は厳しくなるのではないでしょうか。実力のある芸人なだけに残念な結果です。

ライブ配信するのは自由ですが、芸能人だからこそ配信内容には注意してほしいものですね。



ページトップへ