本田やっぱりミラン追放?先発奪われプレミアへ移籍か

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラン批判発言でクビかと思われたところから先発へ舞い戻った本田だが、監督の交代で再び暗雲が漂ってきた。ベンチスタートで先発なしが続き、ついに移籍か。プレミアのトッテナム、ウェストハムが関心を示す。

ACミランに所属している本田圭佑選手はついにミランから移籍するのではないかと伊紙が報道しています。先発がなく、ベンチスタートが続くなど厳しい状況で、今季を最後にミランとの契約を継続しないようですね。

本田はなぜ使われないのか

以前、ミランに対する過激な批判発言をした本田選手でしたが、結果を残すことでミハイロビッチ監督からの評価を回復させ、実力で先発へ復帰しました。
その後はスタメン落ちすることなく、本田選手自身「チーム内の競争には勝った」と語っていました。
メディアも本田がミハイロビッチ監督のもとでミランとの契約を延長すると予想していたのにまさかです。状況は一変し、本田選手はミラン退団に追い込まれました。それは監督の交代です。
ミハイロビッチ監督からブロッキ監督へと変わってしまいました。
すると、本田選手の出番は瞬く間になくなり、ここ最近はベンチにいます。ブロッキ監督は「本田を必要としていないわけではない」と話していますが、もう先発スタートさせるつもりはないみたいですね。
本田選手のポジションはトップ下です。攻める際の司令塔となる重要なポジションとなっています。
日本代表戦ではトップ下は香川選手が担っていますが、本田選手もできないわけではありません。
ミランではボアテング選手のトップ下への起用が濃厚となり、本田選手の出番はなくなりました。
ボールに良く触って攻撃の起点になるのが本田選手のトップ下のやり方だが、ブロッキ監督はそのプレーを気に入らず、左右へよく動くトップ下を求めていると言われています。google imghp (18723)

トップ下の一例です。最前線から一本後ろに位置しています。パスが多く集まり、トップの選手へパスを回したり、自らもシュートを打ちやすい万能な選手がこのポジションにいることが多いです。via google imghp

本田の実力不足ではなく、上からの命令?

ブロッキ監督は本田選手よりボアテング選手の方が自分の考えるシステムに適しているから本田選手を使わないと話していますが、実は裏の事情もありそうなのです。本田選手はミラン批判発言で相当叩かれました。一時はそのままミラン退団かと思われましたが、見事先発を勝ち取りました。ミハイロビッチ監督は実力をみとめて戻しましたが、実はACミランのオーナーであるベルルスコーニ氏はひどく激怒していたようです。

ミランのオーナー陣まで批判した本田選手をこのままおいてはいけないと思ったのでしょうね。
本田は奇跡の復活を果たしましたが、これにも相当怒っていたことでしょう。
そこで、本田選手を使おうとするミハイロビッチ監督を解任して、ブロッキ監督に変えたという説があります。
しかも、本田選手がいたトップ下にはボアテング選手。
なんとこの人は以前背番号10番だった選手でベルルスコーニ氏の大のお気に入り・・・。
なんだか不穏な感じがしますね。シルヴィオ・ベルルスコーニ


シルヴィオ・ベルルスコーニ

元イタリアの首相ですからね。なんでもしちゃいそうです。失言がとても多いことで有名です。娘のバルバラ・ベルルスコーニ氏がACミランの取締役をしているようです。こういうひとたちには本田選手はきついことを言ってしまいそうですね。via google imghpこれは噂にしか過ぎませんが、あの本田選手ですからオーナーから怒りを買っていてもおかしくありません。
さすがにオーナーから先発に入れないように支持されれば、本田選手はでられないですね。

本田選手はどこに移籍するのか

本田選手はいろいろなところからオファーがあると報道されていますが、正確なところはつかめていないようです。そのなかでも移籍有力なチームを紹介します。一つ目はトッテナム。
現在プレミアリーグ2位の強豪。岡崎選手のいるレスターに追いつきそうな勢いのあるチームです。
ハリー・ケイン選手が有名ですね。でも今のトッテナムのトップ下にはデレ・アリ選手という若手の上手い選手がいるので、本田選手はポジションを奪えるのでしょうか。トッテナムの選手たち

トッテナムの選手たち

via google imghp二つ目はウェストハム。
こちらもプレミアリーグ6位。強いですね。
シェイク・クヤテ選手などが有名です。
ウェストハムはトップ下が二人いるフォーメーションなので本田選手も入れるかもしれないですね。ウェストハムの選手たち

ウェストハムの選手たち

via google imghpオファーされているといわれるこの二つのチームはどちらも強いです。このなかでスタメンを勝ち取るのは難しく、本田選手にとっては茨の道と言えるでしょう。

もし本田選手がこのどちらかのチームに移籍すれば、現在プレミアリーグで活躍している岡崎選手や武藤選手、吉田選手などとの日本人対決が見られるかもしれません。
本当のことを言えば、本田選手が自分で言っていたように、改革したACミランを率いてセリエAで優勝してほしかったですが・・・。
これからもストイックな本田圭佑選手には頑張ってもらいたいですね。


ページトップへ