最優秀主演男優賞の嵐・二宮和也のスピーチに批判殺到。

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『母と暮らせば』で最優秀主演男優賞を獲得した嵐の二宮和也。喜びの言葉を述べていた反面、スピーチの内容がジャニーズ事務所から言わされているのでは?と批判殺到。

最優秀主演男優賞の二宮和也のスピーチが批判されるワケとは?

今月4日に第39回日本アカデミー賞の授賞式が執り行われました。
すでに優秀賞として発表されていた内野聖陽(『海難1890』)、大泉洋(『駆込み女と駆出し男』)、佐藤浩市(『起終点駅 ターミナル』)、役所広司(『日本のいちばん長い日』)と共に、名前が呼ばれるのを待っていた嵐の二宮和也(『母と暮らせば』)が最優秀主演男優賞を受賞しました!

『母と暮らせば』は、吉永小百合さんと共演したことでも知られていますね。
戦争や命の尊さをテーマとした作品になっており、監督は山田洋次氏。

そして今回、問題になっているのは、最優秀主演男優賞を受賞した際のスピーチが非常識だということです。以下が、二宮がスピーチした内容の全文とその一部の動画です。

もう、ありがとうございます。昨年僕の先輩である岡田准一君がこの賞をいただきまして、すごくうれしくて、家で「すごいいい酒だなあ」と思って、飲みながら見せていただきました。でも、飲んでいくうちに悔しくて。「俺も欲しいな」という風に、だんだん思ってきたときに、会ったのかな、岡田君と。そのときに、「次はお前だから」と言っていただきました。

そのときは、全然自分の中では、そこまでピントがあっていなかったですし、ここに立つということは思っていませんでしたけど、すごくうれしいですし、「とったな」と思います。2年連続で、僕が先輩の次にこれをいただくのは、すごくうれしいですし、この姿を、まあ嵐の人たちも絶対見てくれてると思いますし、喜んでくれてると思います。


そしてジャニーさんとメリーさんとジュリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しができたかなと思うと、すごくありがたく、また頑張っていこうと思っています。今日はすごくいい酒が飲めそうだなと。岡田君に自慢します。本当にありがとうございました。

第39回日本アカデミー賞

2年連続でジャニーズから主演男優賞が出ましたね~
岡田くんもニノも演技が下手とか言わないけど、何基準で選ばれてるの?という疑問は出てきますよね。
昨年、V6の岡田准一くんが同じ賞を貰い、そのときのエピソードを話すニノ。嵐のメンバーのことにも触れながら、最後の挨拶は監督や共演者等の関係者への感謝の気持ちかな?と思いきや、まさかのジャニーズ事務所幹部の名前が。
アカデミー賞のスピーチでは、監督や共演者に感謝の気持ちを伝えるのが恒例ですが、二宮のスピーチにはそれが無かったばかりか、事務所の関係者の名前が勢揃い。 やはり、吉永小百合さんや山田監督にも失礼ですよね…

しかし、こんなあからさまな態度をニノが取るはずがないし、もう少しまともなスピーチをするはず…とネットでは話題に。「メリーさんからの命令なのでは?」「SMAPの公開処刑と同じだ」と噂されています。

実は、この「日本アカデミー賞」は、大手映画会社、芸能プロ、そして日本テレビによる出来レースになっているそうで、まあごり押し作品の中の俳優・女優さんが選ばれているそうです。
実際に、昨年の第38回日本アカデミー賞からジャニーズ事務所が大きく関わっているそうで、最優秀主演男優賞はV6の岡田准一。TVの放送部分も、ジャニーズ幹部の名前が出たスピーチはカットされており、ジャニーズ事務所と日テレが話し合って決めたのではないかと言われています。

本当はどうなのかわかりませんが、事務所側の策略のせいで、本人のイメージが悪くなるのは嫌ですね…(´・ω・`)ジャニーズの闇です。



ページトップへ