Koki,は親の七光り?BVLGARI、CHANELに起用で「実績ないのに」の声

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村拓哉と工藤静香の次女のKoki,が2018年にモデルデビューをはたしましたが、親の七光りとのバッシングが相次ぎました。Koki,の経歴や世間の声、Koki,への期待値などをまとめてご紹介します。

木村拓哉と工藤静香の娘のKoki,がモデルデビュー

木村拓哉と工藤静香の娘のKoki,が2018年にモデルデビューをしました。

Koki,は2003年2月5日産まれでインターナショナルスクールに在学中の15歳のときに、ファッション誌『ELLE japon』7月号の表紙でモデルデビューをはたしました。

ちなみに表紙撮影をしたのは、木村拓哉と工藤静香とも親交のある写真家の操上和美で、Koki,が生後1ヶ月のときのポートレート撮影も行っていたそうです。

Koki,は5歳のときからモデルの仕事に憧れていたそうですが、特にいつモデルになろうかとかは考えていなかったとのこと。

15歳でモデルデビューをしようと思ったのは「自分が今だと思ったから」だそうです。

モデルになるのには早すぎたとか遅かったとかとは思っていない上に、15歳でデビューすることに迷いもなかったとか。

そしてKoki,は2018年中に、『ELLE Singapore』、『ELLEgirl Japan』、『SuperELLE China』、『Grazia China』、『Numéro TOKYO』、『NYLON JAPAN』の表紙を飾りました。

さらに8月9日にはイタリアの高級ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」のアンバサダーに日本初歴代最年少で就任。

9月にはフランスの高級ブランド「CHANEL(シャネル)」の日本初ビューティーアンバサダーにも就任しました。

また、10月にはテレビCM初出演をはたし、2019年には平成最後となる『ViVi』6月号の表紙も飾りました。

ほかにも2018年の「Yahoo!検索大賞」でモデル部門を受賞し、Koki,はモデルとして各方面から非常に注目を集めています。

Koki,のモデルデビューは親の七光りと批判殺到

モデルとして華々しいデビューを飾ったKoki,は、デビューしてすぐにスターダムにのし上がってきました。

さらにデビュー時には木村拓哉と工藤静香の娘であることが大々的に宣伝されていたため、実績もないのにとんとん拍子にキャリアを重ねていくKoki,に対して「親の七光りではないか」とのバッシングが相次ぎました。

中には「体型はいいけどいきなり表紙を飾るのは親の七光りだと思ってしまう」「親の名前がなかったら最初からこんな扱いはされない」などの声も見られました。

ちなみにKoki,がモデルデビューを飾った『ELLE JAPON』では、両親が木村拓哉と工藤静香であることは明かされていませんでした。

しかし『スポーツニッポン』によってKoki,が木村拓哉と工藤静香の次女であることが報じられてしまったのです。

なおKoki,とは本名である木村光希(きむら みつき)をもじった芸名であり、『週刊女性PRIME』では「親の七光りだと思われたくない意思表示ではないか」と芸能レポーターがコメントしています。

親の七光りとの批判意見もありますが、親の名前を取り上げたのはマスコミです。

そのため「本人は悪くない。周りが勝手に持ち上げ過ぎている」「二世タレント、そして木村拓哉自身が逆風の中で両親の名前を明かすのはむしろ逆効果では?」との意見も見られます。

Koki,の活躍に対して賛否両論が飛び交っていますが、Koki,自身はあまり親の名前を取り上げられたくなかったのではないでしょうか。


ただ、Koki,は英語とフランス語が話せる上に現在はスペイン語を勉強中とのことなので、国内だけでなく海外での活躍も視野に入れているのかもしれません。

親の七光りは国内だけの話であり、世界に出れば日本での親の力なんて通用しません、

もともとインターナショナルスクールに通っていて語学に興味があったというのもあると思いますが、Koki,自身も世界進出することを視野に入れて語学力を高めている可能性もあるかもしれませんね。

ファッション業界ではKoki,への期待値が高い!?

Koki,が親の七光りと言われてしまうのは、それだけKoki,がとんとん拍子にキャリアを積んでいるため仕方ないことでしょう。

しかし、ファッション業界では両親のネームバリューに限らずKoki,への期待値は高いようです。

Koki,はわずか15歳にして身長170cmを超え、モデルとしてのスタイルが素晴らしいです。

さらに15歳なのに高級ブランドを着こなせる点もファッション業界で注目を集めている理由なのだとか。

また、実績がないのに高級ブランドのアンバサダーを務めている点に関しても、そもそも実績がないほうがブランドにとってはメリットになるのだとか。

ブランドは常に無名だけど将来性が期待できる「NEXTモデル」を探しているため、色が付いていないことが重要なのだそうです。

キャリアが浅い段階で起用したモデルが有名になれば、ブランドとともにモデルが成長したことになって、よりブランドの価値が上がるとのこと。

要するにBVLGARIもCHANELも、それだけKoki,に高い可能性を見込んでいるということです。

Koki,と同じ年齢でかわいくてスタイルのいいモデルはたくさんいますが、Koki,のように高級ブランドの服やジュエリーを違和感なく身に着けられるモデルはなかなかいません。

高級ブランドが似合うということは、ティーン向けのブランドも年相応に着こなすことができるということです。

親のネームバリューがなかったとしても、Koki,がモデルとしてデビューをした時点で、現在と同じ道を辿っていた可能性は十分に考えられるのではないでしょうか。

<こちらもオススメ>

木村拓哉(キムタク)に不倫疑惑!お相手は女優ばかりw証拠画像まで!【画像】

木村拓哉(キムタク)の性格は悪い?共演者無視なのにスタッフ思い!?

【画像】木村拓哉、痛すぎ。LINEの画像もメッセージもバカっぽすぎる

【画像】木村拓哉、食べ方が汚い!帰れま10でのマナーで批判殺到

木村拓哉、娘が美人に成長して才能豊かに

まとめ

Koki,は木村拓哉と工藤静香の次女としてモデルデビューしたことをマスコミに大きく取り上げられました。

そのため親の七光りとのバッシングが殺到しましたが、そもそも親のネームバリューがなくても、ファッション業界での期待値は高かったのではないでしょうか。

Koki,自身もあまり親の名前だけで持ち上げられることは望んでいないと思いますし、恐らく今後は親の七光りだと言われないようになるほど大きな活躍を見せてくれるのではないでしょうか。



ページトップへ