ジャスティン・ビーバーがインスタ削除!元恋人と口論で再び大炎上!

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逮捕歴もある米国セレブの問題児でもあるジャスティン・ビーバー。そのマイペースすぎる性格が以前から話題となっていましたが、元恋人を巻き込んだ口論の末インスタアカウントを閉鎖→削除!?

ジャスティン・ビーバーと言えば、昨年行われたワールドツアーのノルウェー公演の際に、興奮しすぎて自分のいうことを聞いてくれないファンに激怒して、1曲しか歌っていないにもかかわらずステージから立ち去り、ショーが終わってしまうという事件が起きたばかりです。ファンの言動に対しては芸能人の中では1番と言っていいほど敏感で、自分が思う理想のファンになってくれないかぎりはすぐにイライラしてしまうジャスティン。世界的に有名で、大好きな歌手が目の前に居たら興奮のあまり頭が正常に機能しなくなるファンの性質というものをよく理解していないようですが、ファンにもきちんと責任をもって行動して欲しいと思っている点については評価できます。「他の人の気持を害することなく純粋に自分を応援してくれて、自分を人間としてみて、尊敬し、そして好きでいてくれる」ファン。これがジャスティンにとっての真のファン像といったところでしょうが、芸能人であるかぎりこれはなかなか難しいと思います…。

ジャスティンの「元カノ」セレーナ

そんなジャスティンですが、以前は同じく歌手で有名なセレーナ・ゴメスとオープンに付き合っていました。二人が交際を開始したのは2010年、今から6年前のこと。一見ラブラブにみえた若い二人ですが、若さゆえにすれ違いも多く…浮気、嫉妬、そういった真実か定かでない出来事が積み重なることによって少しずつ二人の信頼関係は失われていき、破局しては復縁を2年繰り返した後、2012年に破局が報じられました。

年齢はセレーナが年上の2歳差。本当にお似合いのカップルでした!via google imghp

パパラッチがいる中で変装もなにもすることなく外でオープンにデートしていた二人。キスも余裕ですね。via google imghp別れた後も、これだけオープンに熱々の交際をファンに見せつけていた二人の関係はずっと語られることとなり…セレーナはある雑誌のインタビューで、「いつまでも『ジャスティンの元カノ』として語られるのは嫌」と言っていました。ですが、ジャスティンのインスタアカウント削除事件が起きる前に、またもや二人の4年前に終わったはずの交際のことをほじくり返すような口論に。この様子だと、いつまでたってもジャスティンの「ex-girlfriend」という名前がつかなくなることはなさそうですね。

事件の発端はジャスティンの「今カノ」ソフィアへの批判コメ!

セレーナと別れたジャスティン。現在は新たな彼女かと噂されているある女性の名前が浮上しています。それは、米国歌手「ライオネル・リッチー」の娘の「ソフィア・リッチー」。二人の交際は公言されてはいませんが、映っている写真などから二人が恋人同士であることはひと目で分かります。なお、二人はジャスティンの13日と14日に行われた日本公演のために来日しており、2人の明治神宮での写真、上野動物園での写真などがパパラッチされています。これはもはや交際しているとみて良さそうです。


東京観光の際の1枚。背景からするとどうやら明治神宮のように見えますね。via google imghp

上野公園でデートしていた時にとられた写真。ジャスティンは何故か上半身裸です。この後、二人はキスをしていたのだとか。どこまでもオープンですね。via google imghpソフィアは現在17歳。ジャスティンは22歳なので、約5歳差ということになります。年上の女性よりも甘えん坊で慕ってくれる年下の彼女のほうが良いのでしょうか?元カノセレーナとソフィアの年齢差は実に7歳。7歳も違えば価値観や彼女としての立ち回りなど変わってくるでしょうね~。若い子の方が好奇心旺盛で浮気しちゃったりとかするんじゃないかと筆者は思いますが。

ソフィアとの熱愛は最近になって広まり始めたことなので、ジャスティンのInstagramにはファンからのソフィアに対する悪質な批判が殺到しました。これに対してジャスティンがキレて、
「みんなが誹謗中傷をやめないなら、アカウントを非公開にするしかない。あまりにも度が過ぎているよ。もし君たちが僕の本当のファンなら、僕が好きな人に対してこんなひどいことはしないはずだ」
と一蹴。この忠告があったにも関わらず、そのソフィアへの批判が消えなかったことから、一度は7700万人ものフォロワーがいる自身のアカウントを非公開にしました。

アカウントを非公開にするというこよは、もともとジャスティンをフォローしていた人たちだけが彼の投稿を見ることができるということ。彼の本当のファンであれば、これで中傷は終わると思ったのでしょうが、その後ファンの間でジャスティンに対して
「あなたが非公開にした瞬間に、多くのファンを失ったね…」
「そして私達ももうあなたの元を離れます」
「ファンとやっていきたくないならコメント削除すればいいじゃん」
といったコメントが殺到しました。

セレーナまでジャスティンのインスタに口出し…

この炎上に元カノのセレーナが口出しすることによってさらに批判はヒートアップし、ピークを迎えていました。以下、ジャスティンとセレーナのインスタ上でのやり取りの日本語訳です。

セ:「中傷に耐えられないなら、彼女との写真をインスタグラムに掲載するのをやめたらいいのに(笑)。二人だけの特別なものにするべきよ。ファンに対して怒っても仕方ないわ。ファンのみんなはあなたを愛してる。ファンは誰よりも前からあなたを応援しているのよ」

ジャ:「注目を浴びるために僕を利用した人に、まさかそんな注意を受けるなんて悲しいよ。愛を込めて」

セ:「散々浮気されても、それを許しサポートしてきた人に対してそんなことを言うなんて、ファンが怒るのも仕方ないわね。悲しいわ。愛を込めて」

ジャ:「僕が浮気・・・あ、君とZAYNのことを忘れていたよ」

このやりとりの中で特に1番騒がれたのがジャスティンの最後の一言。セレーナとワン・ダイレクションの元メンバー、ゼインが浮気していたと公言した形で、その後アカウントを削除するという結果に終わりました。最後にすごい爆弾落としていきましたね。この二人は以前から噂されていました。これが事実だとしたらジャスティンもセレーナもお互いに非があることになります。とにかく終わっています。愛情が憎しみに変わる瞬間とは恐ろしいほど怖いですね。

ちょっと気になったのが、新しい彼女ソフィアの顔がセレーナと少しにているということ。ジャスティンは本当はセレーナへの想いが捨てきれなかったのでしょうか?セレーナを好きになった当時の彼女の年齢と同じソフィアを連れ回すジャスティン…彼女の幻影をいつまで追っているのかもしれないです。


ページトップへ