ジャンプで新連載開始!注目は「レッドスプライト」

マンガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLEACHやニセコイ、暗殺教室と、今年になって今までジャンプを支えてきた大型連載作品が次々に終了しました。そんなジャンプのこれからを担うかもしれない新連載が続々登場です。

今年の4月に暗殺教室、8月にニセコイとBLEACHの計3本の連載が終了したジャンプ。
もちろん今のジャンプではワンピースや銀魂を始めとした数々の作品の連載がまだまだ続いていて、そのどれもが人気です。しかし、3本もの大型作品の連載終了は、これからのジャンプを支える柱が1つ無くなったようなものです。

そんなジャンプをこれから支える?かもしれない、期待の漫画3作品が続々連載開始です!

約束のネバーランド

google imghp (36507)

幼いころから孤児院で育った、主人公のエマ、ノーマン、レイの3人。
孤児院ではみんなが仲良く暮らし、ささやかで幸せな生活を送っていたが、それはある日突然一変する。via google imghpエマという少女がメインで、その友人のノーマンとレイの3人が助け合いながら苦難を乗り越えていく、と言ったストーリーです。
幸せな場所だと思っていた孤児院に隠された秘密、自分たちの秘密を知ったとき、3人は自分たちの知恵を合わせて孤児院から逃げ出す計画を立てます。

基本をおさえつつ綺麗な絵で魅せてきていて、これからも期待出来そうです。

ラブラッシュ!

google imghp (36509)

生まれつき「女性からカッコよくみられる」遺伝子を持つ主人公。
幼馴染のシズクだけを心に決めた女性と考えていた彼の前に、キューピッド族のココロが現れて…via google imghpタイトルがちょっと面白いですね、某スクールアイドルアニメっぽくて。
ニセコイというラブコメ枠が終わったので、それに続く作品と予想されます。作者の山本亮平はE-ROBOTという作品を、短期でしたが過去にジャンプで連載したことがあります。
ラブコメっていうよりエロコメな予感がしますね。

レッドスプライト

google imghp (36510)

via google imghp

革新的エネルギーの発見によって電気文明が高度に発展した巨大国家エデニア。
その威光から隠れるように暮らす子供たちと一人の先生がいた――。

『アイアンナイト』の屋宜智宏が描く、友情の革命戦記!!

via ジャンプ公式紹介文より

連載開始号である39号の表紙と巻頭カラーを飾り、華々しくスタートした一番の注目作品です。一人の先生たちに守られて孤児院で過ごしていた子供たち。ある日何者かの襲撃に遭い、先生は応戦するものの苦境に立たされ、主人公に子供たちが持つ特別な力と使い方を教え、命を落としてしまいます。
そして6年後。特別な力をマスターした主人公は、襲撃してきた敵と対峙し、仲間に再び会うために戦いを決意します。

仲間と離れ離れになった主人公が、彼らを取り戻すために奔走する、という少年漫画らしく王道を行くストーリーですね。
パキっとした綺麗な絵柄で、連載を持ったこともある作者の画力は確かなものを感じます。google imghp (36511)

巻頭カラー1ページ目via google imghp主人公のタツの力は発電。
そもそも子供たちはみな電池として生み出された、奴隷のようなものだったようです。
そして先生から、体の内に宿る電気を攻撃に使う方法を教えてもらい、6年の修行の後、リベンジにきたんですね。
他の子供たちのも能力がある様子が描かれていて、今後の共闘やバトル描写もかなり楽しみです。


作者の屋宜知宏とは

大学卒業後、しばらくニートとして生活していたそうですが、2010年に漫画家になる事を決意。2011年に集英社の手塚賞に応募作「IRON CURTAIN」を投稿、準入選受賞。
その後2012年に、ジャンプNEXTに同作品のリメイクを読み切りで掲載しデビューします。
その後、ジャンプ本誌に「アイアンナイト」を2014年の1月から4月まで連載しました。

デビュー作のタイトルや、レッドスプライトのビジュアルからもわかるように、軍事ネタが好きみたいですね。 (36512)

実は、レッドスプライトも昨年のジャンプNEXTに読み切りとして掲載されたそうで、画像はその時のビジュアル。
その時の評判は、良くも悪くも読みきりならでは、と言った感じだったそうですが、設定の粗さや伏線の単純さなどを連載用に変更したり調整したのが今回の作品の様子。

電池として生み出されたことや主人公の名前、敵となる人物のビジュアルなどの大まかな設定はほぼ変わりないみたいですが、
読み切りでは軍隊に所属していた部分が孤児院での生活に変化したり、話の大筋が国同士の戦争だったのが変更されていたり、と結構重要な部分が変わっています。

戦争モノは話がヘビーで暗くなりがちですからね。幅広い層が読んでいるジャンプに掲載するという事で比較的ライトにしたようです。

ネットでの評判

やはり表紙&巻頭カラーという事で注目度も高かったようです。
発売からかなり早い段階で、Twitterを中心に感想コメントが寄せられています。

一話から主人公の過去、秘密の回収、現在と、かなりスピード感のある展開と、王道を行く展開、まとめかたが結構高評価なようです。ただ、確かにどこまでこのスピード感が続くのかは不安なところですね。

辛口な評価の多い2chでも、「テンポは良い」「思ったより良かった」「展開次第だけど今は評価できる」と、評判は上々な様子です。

レッドスプライト、かなり楽しめました!上手くいけばかなりの大きな連載作品になるのではないかと思います。他の2作品もかなり面白い感じなので今後も期待ですね。



ページトップへ