ジョジョ4部を実写映画化で主演は山﨑賢人!キャスト公開

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ジョジョがついにスクリーンに!山崎賢人以外のキャストも公開され、すでに宣伝もものすごい。漫画史上最もありえないと言われていたジョジョの実写化にはファンの批判も多い。キャストが役とあっておらず、またまた大爆死か!?

ジョジョ実写化

ジョジョの実写化については以前から決定していましたが、ついにキャストが公開されて会見を開きました。主演を務める山崎賢人のほか、他のキャストも勢ぞろいしキャストのお披露目となりました。実写化には様々な声が上がっていますが、監督は三池崇史となるなどキャストに限らず監督までも豪華に臨むようです。今回実写化するのは噂されていた第3部ではなく、まさかの第4部。第3部に出てくるディオ・ブランドー役に北村一輝を推す声が多くあったようですが、やはり日本の映画なのでメインキャストに日本人が多く出てくる第4部になりましたね。外国人キャストには本当の外国人を起用するかも検討中とのことで、本格的な映画を目指しているのかもしれません。


ジョジョ アニメ版

via google imghpこの絵をみただけでもう実写化は無謀だと気が付きそうなものですが、またやってしまうのですね。激しいアクションの多い漫画は実写には向かないことは誰にでも分かります。テラフォーマーズは惨敗し、進撃の巨人は微妙、次は鋼の錬金術師が爆死するのでしょうか。実写化が増えてきて、脚本を書く人はもういないのかと心配になってきます。CGが発展してきたからといっても、もう打ち止めにしたほうが漫画界のためですね。

キャスト発表

東方仗助役 山崎賢人


ジョジョは肉体美が好評の理由の一つとなっており、もちろん主人公はものすごくマッチョです。しかし、主人公を演じる山崎賢人はというと・・・。上の画像は山崎賢人の身体が写っているのですが、残念としかいいようがありません。それよりもなぜ実写化になると山崎賢人が毎回主役なのでしょうか。永遠の謎ですね。もうすこし体つきがしっかりしている俳優を選んだ方が良いですね。これから肉体改造するにしても限界があります。この細い体のままだとしたら俳優失格です。

空条承太郎役 伊勢谷友介


意外としっくりくるのは気のせいでしょうか。少し体の厚さが足りないとは思いますが、目つきや雰囲気は合っていると感じます。なによりかっこいいところはマッチしていますね。クールなイメージで演じればキャストの中では一番役通りです。

広瀬康一役 神木隆之介


神木隆之介はいま乗りに乗っているので、抜擢されるのは仕方がないです。「君の名は。」では声優としても良い結果を残し、俳優でも引っ張りだこです。演じる広瀬康一は始めは気弱な少年で、主人公たちと行動を共にするにつれて成長していく人物です。ある意味もう一人の主人公と言ってもいいですね。しかし、神木隆之介は少し年を取り過ぎな気がします。子役からやっているとはいえ、もう少年役は卒業ですね。

山岸由花子役 小松菜奈


2014年からは度々映画に抜擢されるようになりました。今では次世代女優としての人気が高まりつつあります。ジョジョは賭けですね。これで売れればいいですが、爆死したらこれからの女優人生も大きく左右されるかもしれません。役はそこまで合ってないというわけではありませんが、色気が少し足りません。

虹村形兆役 岡田将生


これはさすがにアウトでしょう。岡田将生は悪役顔ではないので難しいですね。今まで性格の良い役ばかり演じていたので、新天地発掘してみたのかもしれませんが、画像を比べてもダメですね。逆にどう変わるのか楽しみですが、キャスト全てにイケメンをそろえなくてもいいのにと思います。

虹村億泰役 真剣佑


続いて真剣佑も全く違います。メイクでどうにかなる気もしますが、顔が整いすぎていて虹村億泰になるのは厳しいか・・・。これだけイケメンだったら、もしかして主役を食ってしまうこともあり得ます。ごつい顔にするのは物理的に不可能なので、どこまで似せてくるのか期待しましょう。

片桐安十郎役 山田孝之


最大の悪役、アンジェロは山田孝之が演じます。山田孝之は誰もが認める実力派俳優なので、きっと演じきれるでしょう。ただケツあごは絶対に出来ません。個人的にはケツあごこそがアンジェロだと思っていたのですが、これは無理ですね。体もマッチョにできるのか気になります。

2017年夏公開!!

2018年に公開かと思いきや、2017年のなんと夏に公開です。思っていたよりも早い公開に驚く人も多いのではないでしょうか。キャストやそもそも実写に反対の人もいるでしょうが、きっとこれは原作ファン以外を対象にしていますね。全くジョジョを見たことがない人には楽しめる作品に仕上がっているかもしれません。どのような映画になるのか想像もできませんが、大爆死はしないといいですね。


ページトップへ