hulu新着おすすめ映画!天才スピヴェット、おみおくりの作法

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

huluから新しく配信されたおすすめのヒューマンドラマが非常に面白いものばかりであったのでぜひ皆さんにも視聴していただいて色々な議論が繰り広げられるのを眺めていたいので皆さんもぜひご紹介する作品群で語らいましょう。

google imghp (38558)

via google imghp皆さんの思い出深いヒューマンドラマを描いた作品は一体どういったものでしょうか。
「フォレスト・ガンプ」や「ミリオンダラーベイビー」?
定番どころで「グッドウィルハンティング」や「ショーシャンクの空に」なんていうのも非常に面白く考えさせられる映画でこれが一番だ!なんて言う方もいるでしょう。

もしかしたらそんな頑固者の貴方でも気に入る作品が今回のhuluの配信で出て来てしまったんじゃないかなと思わされるほどの面白い作品たちがhuluが新着配信したのでオススメしたいと思います。

完全に僕の好みのヒューマンドラマになりますが、見て損は無いと思いますし、筆者はhuluのスマホアプリケーションで通勤の際に見ているのでそう言った見方もオススメしています。
ちなみに通勤での映画鑑賞は憂鬱ななが~い通勤時間を楽しいものに変えてくれるため筆者は物凄くその習慣づけを推します。

さて、話を戻しますが、ヒューマンドラマであるがゆえに色々な思いやラストの好みがあるでしょう。
今回はあまり憂鬱な終わりにはならないそして報われる映画作品を選びぬきました。
そんな面白い作品達をあなたがどう考え、どう思い、そしてどういう意見を持つのか。
作品に対してのコメントが見れる機会があればと思います。

10歳の天才科学者が主人公の「天才スピヴェット」

google imghp (38559)

via google imghp天才科学者と言っても男の子である。
天才が生まれるべきして生まれたような家庭環境で、主人公「スピヴェット」は家族全員が悲しみのどん底に陥る事件が発生してしまう。

スピヴェットは天才特有と言うのか子供であろうと全てを客観的に見てしまうような全ての事象を理論付けしてしまう節があり、他人から見たらある種の冷淡な達観した部分があった。

そしてそれに起因して、家族に対する自分の認められ方がわからない、家族の誰からも疎ましく理解されない存在で愛されていないのではないかと苦悩し、ある自分の成し遂げたい目標のために家を出て初めての冒険をしようと思い立ち、色々な人と出会い、悩み、考え、行動しスピヴェットが大きく成長し、そしてまた人生を変えてしまった事件を家族全員で真正面に向き合うことになった家族が新しい絆を見つけていくヒューマンドラマとなっている。

筆者がこれを見てヒューマンドラマとは何なのかと再考し、もし天才の視点になれるのであればこういった考えを持つだろうかと考えてしまう。
そして、スピヴェットもまだまだ10歳の子供であるのだなと思いきや、やはり普通の男の子とちょっと違うなんて言う不思議な感覚に陥るのである。


天才の男の子がどう言う風に自分と言うものを受け入れ、どう言う風に成長するのか見ていて非常に面白かった作品でした。
huluでこの作品を発見し初めて視聴することになったのだが、この作品を配信したhuluは本当に優秀だなと、思わぬ当たり作品で満足できました。

44歳仕事一筋の男から見える「おみおくりの作法」

google imghp (38560)

via google imghp今回、hulu作品巡回をして、筆者が非常に感動した作品がこの『おみおくりの作法』です。
このおみおくりの作法は主人公が44歳の冴えないながらも仕事はキッチリする「ジョン・メイ」と言う男なのであるが、このジョン・メイと言う男の仕事は、『孤独死した人物の葬儀を行なう』事なのです。

事務処理的に終わらせて次にイケるような流れ作業も行える仕事ではあるのですが、彼は非常に真面目に一人一人の死に向き合い、孤独死した人の身辺捜査をし、家族はいないか、あるいは友人などはいないか死亡現場へ向かい身内に繋がる手がかりを探したりあるいは聞き込み調査などを行うのです。

孤独に終えたものを葬儀だけは何とか周りに色々な人を集めて華々しくお見送りできるように最後まで努力を惜しまないのです。
そして、孤独死した人間の人生背景を把握し、牧師にその人生をどういうものだったか綴り読んでもらうのである。

もちろん、葬儀の際に流す音楽なども個々人の宗教や崇拝するもの、あるいは好みをしっかりと考え選定するほどの、本当に仕事には、真摯で真面目な態度を取っているのです。

そしてある日、事務処理的に行わずに、生真面目すぎる性格が故に、そして時間をかけすぎたが故に、人員整理で解雇を言い渡されてしまったのだ、最後の案件が終われば解雇となる旨を伝えられ、最後の最後まで諦めずに、そして、仕事ではなく自分のために行動し始めるようになっていくのである。

この作品のラストは非常に衝撃的で、美しいのです。
この生真面目な人間だからこそのラストなんだなと本当に感動する作品となっています。
なのでこのおみおくりの作法を見逃すことは決して出来ないでしょう。
あなたに新しい何かを与えてくれることうけあいの作品となっています。如何でしょうか?皆さんが思うヒューマンドラマはきっと悲しいだけのものではないはずです。
どこか切なくて、どこか考えさせられて、人がどういう風に変わっていくのか、どう言う影響を人は受けるのか、それは幸せか不幸せか。
色々な思いや人間らしさが生み出される。そして作品だけではなく自分もその作品により影響を受け、その作品を一部にして生きることができる。
そんなものがヒューマンドラマにはあると思うのです。

そんなヒューマンドラマを沢山配信しているhuluを視聴している人たちには一体どんなヒューマンドラマが繰り広げられているのかのぞき見たくなりますね。
Hulu



ページトップへ