【動画】BABYMETAL、受賞スピーチを妨害される・・・

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界でも大人気のBABYMETALがベストライブバンド賞を受賞しました!しかし、そのスピーチの最中に司会者に邪魔され、妙な合いの手を入れられ、ブーイングが殺到。ネットも荒れる大問題に。問題のtwitterも公開します!

受賞スピーチを妨害

アイドルでありながらメタルを歌うBABYMETALは今や世界でも圧倒的な人気を誇っています。そんなBABYMETALは10日、ロンドンでベストライブバンド賞を受賞。世界でも評価され、授賞の瞬間は大きな歓声があがりました。しかし、スピーチが始まると司会者が妨害を始め、スピーチを阻むかのような言動を繰り返し始めました。これには観客も驚き、ブーイング。BABYMETALはそのまま何事もなかったように進め、無事終えることができました。▼話題となっているスピーチはコチラ

BABYMETALのボーカルSU-METAL(中元すず香)が代表して英語でスピーチしている動画です。正直全く声が聞こえません。なぜならスピーチ中に司会者のベンジー・ウェッブがかぶせているからです。それでも話し続けるBABYMETALは偉いですね。via www.youtube.comこれはバカにしているとしか思えませんね。一生懸命話している人にかぶせるのは司会者としてすべきことではありませんし、まず面白くないですね。観客も一瞬どよめき、それからはブーイングも起きています。

BABYMETALとしては「またここに戻ることができて嬉しく、皆さんに感謝します」という内容のスピーチをしていたのですが、それを揚げ足を取るかのように「Again?」、「See you?」、「Heavy metal」などの言葉を被せました。最終的には「You f**king around?」と汚い言葉を吐き、騒然となりました。意味は「バカなことをしている」ですが、言葉自体がフォーマルな場所では使われないので普通はありえないと言っていいでしょう。これに対して怒ったりせず、きちんとスピーチをやり遂げたBABYMETALには歓声が上がりました。受賞したことに加えて、この大人な対応は世界の人からも絶賛だったようです。この件についてBABYMETALは一切不快感を示すこともなく、なにも言及しませんでした。まだ若いのに世界で活躍するし大人な対応をするし、本当に立派だと思います。

司会者のTwitterが炎上

司会者はベンジー・ウェッブ。「DUB WAR」のシンガーでしたが解散し、「スキンドレッド」を結成し、そのボーカルとなった人物です。スキンドレッドはアルバム「バビロン」を始めとしてヒットしたグループで、様々な音楽をミックスしています。ミックスという点ではBABYMETALの先輩に当たるのではないでしょうか。

その先輩が後輩の栄誉の受賞を邪魔する行為には批判が殺到。結局、Twitterでこの行為を謝罪しました。▼そのベンジー・ウェッブの謝罪ツイートがコチラ

「今夜の表彰で、私がBABYMETALを軽視したと思った人には申し訳なかったが、本当に彼女らをバカにしたつもりはなかった。」と謝罪しています。さすがに批判が多かったのでしょう。しぶしぶか本心かは分かりませんが、謝罪をすることになったということはBABYMETALの人気ぶりが勝ったということを意味しますね。このツイートには「本当に申し訳ないと思っているのか」や「ここじゃなくて本人たちに謝れ」と厳しい声が多数寄せられています。妨害を不快に思った人が多かったようで、やはりあれはウケなかったみたいですね。


「繰り返し言うが、私はファンにもBABYMETALにも、誰にもひどいことを言うつもりはない。みんなを怒らせてしまったのなら、心から申し訳ないと思う。」と再び謝罪。ツイートをもう一度したので、これはさすがのベンジーも反省しているのではと思いました。ひどいことを言うつもりはないと言いながら言っていたので、これに対しても怒りの返答が相次ぎましたが、これで一旦収まったかに思えました。しかし、この次のツイートが再び炎上。

「彼女らは君たちファンのようには気にしてないと思うよ。」となぜかここで最後のツイート。これにはさらに批判がいき、「もう黙れ」、「謝る気無いだろ」、「もう一回ちゃんと謝れ」と返信がありました。懲りないですね。おそらくちゃんと反省はしてないのでしょう。いくら人気バンドのボーカルだからといって、何でもしていいわけではありません。欧米の方も同じ考えのようで安心しました。

逆に株が上がったか

一連の騒動がありましたが、BABYMETAL側からは一切何も反応しませんでした。きっと受賞できたことが嬉しかったので、司会者がどうということは関係ないのでしょうね。これで逆にBABYMETALの株が上がり、欧米の方からの応援が多数寄せられたそうです。

日本発信の人気グループが世界で有名になるのはとても誇らしいです。妨害にも負けず、ぜひこれからも世界中で活躍して下さい。



ページトップへ