ゴジラ×エヴァ!?まさかのコラボでアスカとシンジ絶叫!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本中で話題となったシン・ゴジラとその総監督を務めた庵野監督の作品エヴァンゲリオンがコラボ。どちらの印象も崩すことなくゴジラのG細胞が注入されたエヴァが素晴らしい融合を魅せました!

新世紀エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明氏が日本中で話題となった映画、シン・ゴジラで総監督として指揮をとられた事からコラボ企画が生まれました。その名も“ゴジラ対エヴァンゲリオン”!!まんまですね(笑)
ゴジラにはG細胞といって自分以外の生命体に組み込むとその対象の組織を変質させてしまうとても浸食性の高い細胞があるのですが、こちらをエヴァに流し込むとどうなるのか?というのがコンセプトとなっております。ゴジラのシリーズにはこのG細胞が使われた怪獣が多く登場しています。すでに第一弾としてエヴァ初号機にG細胞を流し込んだものが発表されていますが、今回第二弾としてアスカの2号機が侵食されてしまいました!

第一弾は初号機のG覚醒!?

エヴァシリーズの実験機である初号機。こちらは主人公シンジの機体で紫色と言えばわかるはず。その初号機にG細胞を注入したものが今回の企画の第一弾。ゴジラを彷彿させる硬く黒いうろこに背中から覆われしっぽが生えた姿へと変貌。緑色した背びれも生えするどい牙が並びます。初号機の“G”覚醒形態だそうです。エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態

エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態

ゴジラ感が多少見られます。ごつごつした質感がたまらないです。via google imghpこちらのフィギュアはすでに予約が開始されており準備出来る量が限られている為それを満たし次第終了となります。EVANGELION STOREやプレミアムバンダイで受け付けており、来年の1月に発送予定です。

第二弾はエヴァ2号機!ビーストモード!

今回の企画第二弾に選ばれたのはアスカの乗る赤い機体。2号機の第二形態であるビーストモードとゴジラが合わさったものとなります。獰猛な姿のビーストモードにG細胞。四足姿でさらに獣臭さが増しています。1号機同様にしっぽが生え背中からしっぽの先まで硬い黒い皮膚に覆われています。ゴジラのような
背びれが生えているのは初号機と変わりませんが、その色は赤くさらに背中はビーストモード特有のリミッターが外れた状態となって手や足の先までゴジラ感がでており、とてもどう猛さを増した様子。大きく広げた口元にずらりと並ぶ鋭い歯もそれを助長させています。エヴァンゲリオン2号機ビースト“G”モード

エヴァンゲリオン2号機ビースト“G”モード

躍動感やどう猛さが前面に出ている衝撃の姿。via google imghp


? アスカ×ゴジラ ?

これに対しアスカ役の声優、宮村優子とシンジ役の緒方恵美が反応!google imghp (80458)


そりゃこれにアスカが乗ってるとすると驚きます(笑)
ノリノリでアスカを気遣うツイート。via google imghp

エヴァの声優陣は仲が良いのでしょうか。
さらにノリノリで興奮気味に返しております。こちらもすでに予約が8月の30日から開始されており初号機と同じく準備数に限りがあるので早めの予約をお勧めします。出荷の予定は来年の2月が予定されています。

二つ並んだ姿が見たい!!!

今回のこのゴジラ 対 エヴァンゲリオンの30センチサイズのフィギュアは今年のワンダーフェスティバルで
発表されました。そのときのお披露目の時点で初号機は色も塗られほぼ完成した姿で、2号機はまだ色も塗られていない状態ですが並んだ姿で見ることが出来ました。G細胞に侵食された初号機と二号機

G細胞に侵食された初号機と二号機

2号機はまだ塗装されていませんがそれでも並ぶと迫力があります。via google imghp会場やネット上ではとても期待の声があがっており、エヴァとゴジラという異色の組み合わせを上手く融合させたクオリティは絶賛されていました。
こんなエヴァだと相手が使徒でもゴジラに出て来る怪獣でも簡単にひねりつぶしてしまいそうですね。
初号機が全高38cmで全長36cmとなり2号機は全高30cmの全長38cmというインパクトのある大きさです。完成されたこれら二つを手に入れて並べて飾る事が出来れば圧倒的な存在感を放ってくれそうです。
しかしやはりこの大きさにクオリティですので値段がなかなかします。初号機、2号機どちらも税込みで32,400円となっておりまして、普段フィギュアに触れる事の無いあまり詳しくない人間には少し高い印象となるかもしれません。しかしどちらもかなりの人気が予想されますので予約される際はお早めに動かれることをおすすめします。会場のシン・ゴジラ

会場のシン・ゴジラ

かなりの大きさと迫力です。via google imghp余談になりますが同会場にはシン・ゴジラもいました。こちらはエヴァのフィギュアよりははるかに大きいサイズで実際のシン・ゴジラのサイズの60分の1のスケール。それでも人のサイズはゆうに超える大きさです。今にも動きだしそうな程の迫力とリアリティ。表面のごつごつした表現に映画そのままの見た目とギロッとした目です。難無く触れるほどの距離まで近づけるので思い思いの角度から写真を撮ったり並んで記念撮影をする人などでにぎわいました。


ページトップへ