日本代表に本田圭佑いらない?本田不要論が加熱!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キリンカップも終わり、最終予選前最後の調整が終わった。ハリルジャパンメンバーには変更があるのか。そして今の日本代表には「本田はいらない」の声もあり、スタメンはどうなるのか。若手の台頭は?(追記アリ)

キリンカップの敗戦と収穫

ハリルジャパンは最終調整のために行われたキリンカップでは初戦のブルガリア戦には7-2で圧勝だったものの、決勝でボスニア・ヘルツェゴヴィナ相手に1-2で敗れた。海外組を率いての敗戦は監督が変わって以降初めてとなり、最終予選前に暗雲が漂ってきた。本田圭佑が怪我でスタメン外の試合となり、香川真司もブルガリア戦の途中に腰を打撲し、ボスニア戦には出場できないという状況での試合ではあったが、ボスニアもフルスタメンではないところをみると、勝たなければいけない試合だった。

ボスニアに負け、うなだれる選手たち。右から二番目の浅野は試合終了間際の自分のプレーの不甲斐なさに号泣した。via google imghpしかし、このキリンカップには収穫もあり、一番は清武弘嗣だ。トップ下を主なポジションとしているが、香川がスタメン定着しているため、共存はできないとされていた。その中で香川との連携を含め、素早い動きと広い視野から放たれるパスによって、共存以上の結果を出した。香川が欠場したときもトップ下で変わりなくプレーしたことは大きな収穫であることに間違いはないだろう。2部に降格したハノーファーからリーガ・エスパニョーラのセビージャに移籍が決まったが、成功するイメージが強くなってきた。宇佐美も攻撃面では躍動し、得点に絡むプレーが多かった。初めの海外移籍は失敗したが、ついにアウクスブルクへの移籍がほぼ決定となり、ブンデスリーガで結果が残せるかどうかが期待される。武藤嘉紀も怪我で出場が出来ていないが、マインツでは7得点を決めるなど好調だった。今年24となる同い年の日本代表の二人による対決も見ものだ。一方で若手の台頭はほとんどみられず、決定的な場面で最年少の浅野がパスを選ぶなど消極的な姿勢が見られた。遠藤も途中交代で出場したが、安定しているはずの守備でもイマイチの出来で、得意の攻撃的なパスもあまり出なかった。小林悠や小林祐希も存在感のあるアピールはなく、大島は出場機会すら無かった。海外では20歳になる前の選手たちが次々とチームの主力になるなどしているが、日本には未だ現れず、若手の台頭が欲しいところだ。

「本田いらない」の声

そして、ハリルジャパンに対してある声が上がっている。スタメンに定着し、毎試合点を決め、エースとしてチームを引っ張っている本田圭佑は実は不要であるというものだ。結果だけを見ると、本田がいる時は勝っておりいない時に負けているので、本田が必要と思うのが当然なはず。なぜ「本田はいらない」というのだろうか。

ブルガリア戦のスタメン

小林悠がスタメンで出場しているが、ここに本田が入れば、本当の日本代表のスタメンといえるだろう。via google imghpハリルホジッチが一番重要視しているのは機動性と守備面だ。Jリーグ最多得点の大久保が呼ばれないのもこのせいである。すばやいボールタッチでパスを重ね、流動的にポジションが変わりシュートに繋げる。守備でも連携してボールを自分から奪いにいく。これが出来る選手が代表に呼ばれ、ゴール前でしか機能せず、守備が微妙な大久保は今の日本代表には合わないとしたのだ。しかし、スタメンに本田が必要ないという声も多い。香川や清武は機動性に関して十分真価を発揮しているが、本田はそうではないという。ブルガリア戦を見る限り、本田がいなくても攻撃は上手くいっている。本田がいれば7点もの得点は取ることが出来なかったという声もある。本田がいらないという理由の一つは足だけではなく、プレーが遅いことのあるようだ。

素早いパス回しで翻弄するのが今の日本の武器となっているが、ボールをキープしながら流れを止めてしまう本田はいらないという意見です。右のFWに清武を入れて、左に宇佐美を入れるという声が多いみたいですね。

ブルガリア戦で勝った理由を「本田がいないから」だとしています。ピルロは低めにいるMFだが、攻撃的なプレーを好む選手です。FWが速い選手に任せて後ろに下がることを勧めていますね。現状、結果を残している本田をスタメンから外すことはまずないだろうが、最終予選で万が一負けることがあれば、ハリルホジッチも容赦なく外すに違いない。それは他の選手にも言えることで、日本代表さえ次々と入れ替わっているので、海外組中心でも関係ない。FWは点を決めることが仕事なので、仕事を果たして試合に勝てば、文句は言われないはずだ。速い流れを壊さない本田・香川・岡崎の連携プレーも見てみたい。

若手は台頭できるか

リオ代表候補らもA代表に選出されるようになった今、ベテランの変革も必要になっているのかもしれない。若手が上がってこないことで、ベテランが長くスタメンにいることになる。ここからハリルジャパンが変わるためには競争がより強化される必要があるので、本田不要説を出すには、ライバルとなり得る若手が出ないことには話も始まらない。ぜひ競争が激化してほしい。

パチューカ移籍後はどうなる

2017年夏にACミランからメキシコのパチューカに移籍が決定した。著名なサッカー選手が最も多い5大リーグのある欧州から出ることに対しては批判的なファンが多い。上手い選手と対戦する可能性が減り、味方のレベルも低い可能性があるからだ。日本代表に選ばれるかどうかの話になれば、本田は今までの実績から選ばれるだろう。パチューカでもスタメンを取れるかどうかも分からず、怪我もしているようだが、ハリルホジッチは本田を見限ることはしない。しかし、欧州に残れないという結果からも他の選手を選ぶべきだとする意見が出るのは当然である。世界最高峰のスペインのリーガ・エスパニョーラには日本人選手が二人いる。乾と柴崎だ。乾はやっと日本代表に選ばれたが、いまだにスタメンの座をもらえない。柴崎はリーガで来シーズンからプレーできるようになった。リーガのクラブに認められるようになるほど成長したが、日本代表にすら入っていない。川崎フロンターレの大島など、一度ミスをしただけで日本代表に呼ばなくなるのはどうなのだろうか。毎回ハリルホジッチは解説をしてくれるが、それでも不十分だ。本田を呼ぶ理由は全くわからないと言ってもいい。守備的な選手を好むのがハリルホジッチで、それは悪くはないと思うが、結果として表れていないのに変えないのはおかしい。本田は日本を引っ張っていて、まだまだレベルは高い。しかし、日本代表に呼べるほどの実力はまだあるのか。クラブで結果を残さなければわからない。結果を出している柴崎や大島、南野、関根など若い選手を呼んで欲しい。

ダサいんだよ。

— [盆栽マスター]はるぽん (@hrpngrbl) July 23, 2017



ページトップへ