映画「君と100回目の恋」 miwaと坂口健太郎のW主演

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

作曲、歌手活動で有名なミュージシャンのmiwaとモデル・俳優の坂口健太郎が、2017年2月に公開予定の映画「君と100回目の恋」の主演に抜擢された。来月から製作が開始されるという来年大注目の映画から目が離せない。

坂口健太郎がタイムリープ!? 恋愛SF映画

2017年2月、「黒崎くんの言いなりになんてならない」で監督を務めた月島翔が同じく監督を務める映画「君と100回目の恋」が公開されることが発表された。主演はシンガーソングライターのmiwaとモデル・俳優の坂口健太郎。映画公開までの間にも、さまざまなイベントが予定されているという。

本作は、坂口健太郎演じる長谷川陸(はせがわりく)がmiwa演じる幼なじみの日向葵海(ひなたあおい)を救うため、自分を犠牲にしてまで何度もタイムリープを繰り返す物語。葵海のためにその人生を捧げようとする陸と、陸の未来の為に自分の運命を決めようとする葵海の、二人の大学生を取り巻く切ない運命に注目だ。

「脚本を読んで、ラストは涙が止まらないほど、とても切ない気持ちになりました」「私が演じる葵海は、明るくて、元気で、後先考えずに行動しちゃうところが、自分と似ているところかな」

本作と自分の演じる役、葵海に対するmiwaのコメント miwa演じる葵海がどのようなキャラクターに仕上がるのか楽しみである

「僕が演じる陸は、全部が完璧でダメなところなんて1つもないように見えます。でも、ずっと葵海のことを一途に想い続ける、好きな子の前ではついカッコつけてしまうという点では、誰もが共感できる普通の男の子だと思います」

自分の演じる役、陸に対する坂口のコメント 陸のキャラクターにももちろんだが、ルックス抜群の二人の共演もとても楽しみだ

W主演を務めるmiwaと坂口健太郎 本作が初共演だという二人は30cm以上という身長差via google imghp

miwaと坂口健太郎と言えば…

miwa プロフィール
誕生日 1990/6/15(25歳)
身長 149cm
出身地 神奈川県三浦郡葉山町(東京育ち)
学歴 慶応義塾大学商学部卒業
レーベル Sony Records
事務所 トライストーン・エンタテイメントvia google imghpmiwaと言えば、今や日本中で有名なシンガーソングライターだ。「ヒカリヘ」「360°」といった人気楽曲をいくつも発表し、NHK紅白歌合戦にも3度出場している。また、現在は歌手、作曲家活動を続ける傍ら、映画「マエストロ!」でデビューを果たした後、女優活動にも力を入れている。また、可愛らしいルックスだけでなく、実は慶応義塾大学の商学部を卒業しているということで、まさに才色兼備のエリートなのだ。映画出演は本作で2作目ということで、ぜひ共演者と協力して頑張ってもらいたい。

#坂口健太郎 #sakaguchikentaro #mensnonno #メンズノンノ #かっこいい #イケメン #塩顔男子 #かわいい #おしゃれ

坂口健太郎さん(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿 –


坂口健太郎 プロフィール
誕生日 1991/7/11(24歳)
身長 183cm
出身地 東京都
事務所 トライストーン エンタテイメントvia google imghp坂口健太郎も、今では多くの人に知られる人気俳優となった。19歳の時に第25回「MEN’S NON-NO モデルオーディション」に合格してからモデル活動を始め、2014年に俳優デビュー、2015年10月にテレビドラマ「コウノトリ」で連続ドラマの初出演を果たした。また、「塩顔男子」ブームの火付け役にもなり、様々なメディアで顔をみるモデルでもある。趣味は、母の影響で読書ということで、北方謙三や村上龍など文学作品を好んで読むという。本人の雰囲気にもピッタリの知的な趣味である。

劇中歌の作曲はmiwaが担当! 坂口健太郎がギターを演奏?

どうやら、本作では音楽が重要な要素の一つとなるようだ。作品内にバンド演奏のシーンがあり、物語で重要な役割を担うラブソングを、映画の登場人物としてmiwaが書き下ろしている。

「自分で歌うのとはまた違った楽しみがあるなと思っています」

普段は自分の曲を自分で歌っているmiwa 今回のように自分の曲をほかの人が歌うのは新鮮に感じる部分があるのだろうそして、そんなmiwaの曲を演奏し、歌うのは坂口である。撮影に向けて今のうちからギターを猛練習しているという。

「人前で演奏したり、歌うことは全く未知の世界です。しっかり弾けなくてはならない役柄なので、時間を掛けて頑張りたいと思っています」

初めての挑戦に意気込む坂口 個人的にも長身イケメンのギター演奏シーン、歌唱シーンは楽しみである

映画だけでは終わらない! 漫画、音楽など多彩なプロジェクトが展開

. 🎤🎸miwa ✖️ Instagram📸❤️ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2018.5.27 . miwa acoustic live tour 2018 “acoguissimo 4” . in 茨城県立県民文化センター . 初miwa LIVEに参戦してきました🎶🎶 兄貴に誘われて念願のmiwa LIVE!! 去年のロッキンでmiwaを見逃しちゃったから😭 やっと LIVE行けた🎶 しかも、席はステージからたったの9列目!!近すぎ‼️ miwaの顔しっかり見えました☺️ 小さくて可愛いかった🎶🎶 . また、 LIVE行きたい!! めちゃくちゃ楽しかった🎶🎶 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー #2018 #527 #5月27日 #茨城 #水戸 #茨城県立県民文化センター #miwa #miwaライブ #miwa acoustic live tour 2018 “acoguissimo 4” #小さかった #可愛いかった #初LIVE #next #横浜アリーナ

HIKARUさん(@h10_soccer)がシェアした投稿 –

劇中歌としても使われるmiwaが作曲、坂口がギター、ボーカルを務める楽曲を中心としたプロジェクトの展開も予定されているvia google imghp監督、キャストともに大注目の本作だが、注目すべきは映画だけではない。映画の製作と平行して「(君100)プロジェクト」と題されたプロジェクトも始動することとなった。2016年4月28日に発売する「週刊ヤングジャンプ」にて同タイトルの漫画連載がスタートするほか、秋以降には本作の番外編とも言える小説の出版も決まっている。

また、劇中歌となるmiwa作曲のラブソングを始めとした、音楽での様々な展開も予定されている。映画公開まで待ちくたびれたり、興味が薄れてしまったりすること無く、「君と100回目の恋」の世界観を楽しむことが出来そうだ。

まとめ

miwaと坂口健太郎という今をときめく超豪華な二人を主演に起用した映画「君と100回目の恋」。個人的には間違いなく来年の要チェック作品の一つである。映画を取り巻く「(君100)プロジェクト」ももちろんだが、映画とは関係のないところでの二人の活動も見逃せない。

特に、miwaに関してはこれからもそのルックスとセンスを活かして女優活動にも力を入れて欲しい。

追記 2017/02/17

先日、2月4日にとうとう公開となった”君と100回目の恋”、評判も上々で多くの映画サイトでも高評価を得ているよう。メディアミックスとして予定されていた漫画も連載が開始し、今まさに盛り上がっていると言える。

また、Youtubeには劇中で登場するバンド、「THE STROBOSCORP」としての楽曲、「アイオクリ」のShort Ver.のMVが公開されている。これももちろん必見だが、最近公開されたこのMVのメイキング映像をぜひ見て欲しいところ。miwaのファンも坂口健太郎のファンも楽しめる内容になっていると思う。

The STROBOSCORP 「アイオクリ」MV Short Ver. + メイキング

坂口健太郎がちゃんとギターを弾いているのが少し感動。こういうところにこだわってくれるのは見ている方としては好感が持てるし嬉しい。via www.youtube.comまだ、本編を見に行っていないという人はぜひこの動画を見てから本編を見て欲しい。ネタバレ要素はほとんどなく、少しだけ主役の2人に感情移入しやすくなり、楽しく見られるかもしれない。



ページトップへ