W不倫のファンキー加藤、タイミング悪く雑誌の表紙に

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アンタ柴田の元妻とのW不倫で話題のファンキー加藤ですが、厚労省の広報誌の表紙になっていたことが分かりました。ファンキー加藤と一緒に「一緒に保育」や「子育て支援」などの言葉が並んだ広報誌がこのタイミングで… 厚労省もかわいそうです。w

私生活もファンキー?W不倫騒動

元々友人同士だったアンタッチャブル柴田の元嫁とW不倫。
その末、妊娠した柴田元嫁に対して養育費は支払うけど自分は奥さんとは別れない、というカネにものを言わせたあまりにクズな対応で話題のファンキー加藤。

あんなにまっすぐなアツい歌詞の歌を歌っていた人がこんなにもファンキーだったなんて、と驚きを隠せない人が続出中です。

不倫の件だけでなく、ファンモン時代のメンバーとの不仲やあまりにナルシストな発言、行為など、続々とダメな面が見えてきてしまっています。

もはや笑える 「厚生労働6月号」の表紙に

そんなクズの烙印を押されつつあるファンキー加藤ですが、なんとこのタイミングで表紙をつとめた広報誌が発売。

厚生労働省が作成している広報誌「厚生労働」。
その6月号の表紙はでかでかとプリントされたファンキー加藤…。

あまりの間の悪さに、ちょっと笑えますよね。

厚労省が出す本の表紙に芸能人が出るというのは、ちょっと意外な感じがしますが、なんでもファンキー加藤の出演する「サブイボマスク」が町おこし関係の内容だったことから表紙に採用したということです。
厚労省の人もこんなことになるとは思わなかったでしょう。かわいそうです。

表紙を飾っただけでなく、インタビューも受けているのですが、その内容は主に「理想の男性像」と「社会のあり方について」。

表紙に並ぶ言葉があまりにもタイムリーすぎて、というかタイミングが最悪です。さわやかな笑顔がもう笑える。

さわやかな笑顔がもう笑える。

via google imghp

インタビュー内容

インタビュー内容は出演する映画についてのものがほとんどのようですが、理想の男性像、社会のあり方について触れられているようです。1ページ目にも大きく映るファンキー加藤

1ページ目にも大きく映るファンキー加藤

「信念を突き通す人間はカッコいい」
…信念を突き通した結果の不倫でしょうか?一直線にすすんだ結果、友達の奥さんと不倫するなんてスゴイですね!!via google imghp最初のページからうかがえる通り、まず「理想の男性像」について語っているようです。

インタビューの中で、「普段は全然ファンキーじゃない。そうなりたいから芸名をファンキーにした」と言っているのですが、いやいや、十分ファンキーですよ。


ファンキーな男に憧れて芸名を名付けた、ということは、本名・加藤俊介にとっての理想の男性像はファンキー加藤、つまり自分自身ていうとこなんでしょうか。
またしてもナルシストぶりが匂ってきましたね…

「社会のあり方」については、「みんなが手を取り合って生活していけるのが理想」と語っています。
他人にも手を差し伸べるのは立派ですが、その前にちゃんと、妊娠させた不倫相手に対してカネだけじゃなくてきちんと手を差し伸べてケアしてほしいものです。google imghp (24417)

今回の件で、めっちゃファンキーになれたと思うので、自身の理想の男性像にはぐっと近づいたんではないでしょうか!
それにしても、せっかくこんな雑誌に載ったんですから、子育てについても意見をお聞きしたかったですね。あと、結婚とか恋愛についても語って欲しかったです。via google imghpこれに対してネットでは「一直線に進む(意味深)」や、「少子化対策の一環かな?」などと、完全に面白がっているようなコメントがたくさん。当たり前といえますが。
また、表紙に採用してしまった厚労省に対して、あまりのタイミングの悪さが可哀想、というコメントも見られました。

ちなみに、当たり前ですが厚労省からは今回の件について感想やコメントなどはなかったようです。お互いにとって最悪のタイミングでの発売になってしまいましたね。

始球式に新曲も?間の悪さ

今回の厚労省の広報誌だけではなく、他にも色々と間の悪いことが起こっているファンキー加藤。

6月7日のオリックス対中日戦では、始球式を務めました。
本来は主演映画のPRとして、拍手で迎えられるはずでしたが、もう不倫が発覚したあとなので場内は失笑モード。
マウンドに登ったファンキー加藤もすごいお葬式モード。表情が死んでます。悲壮感がスゴイ

表情が死んでます。悲壮感がスゴイ

via google imghpキレイなフォームで投球したあと、マウンド上で「今回はお騒がせしてすみませんでした。ありがとうございました。」と謝罪、深々とお辞儀。
あまりの悲しい表情に、場内は大爆笑だったそうです。まだ笑ってもらえるだけマシですが、これもタイミングが悪い。

そしてもう一つ、8日にはニューシングルが発売されますが、そのタイトルは「ブラザー」。

もうそのまんまですね。
ベッキーとの不倫が話題になったゲスの極み~の、不倫発覚後の新曲のタイトルも「両成敗」というかなり意味深にとれるタイトルでしたが、今回のファンキー加藤も、友人の元嫁を寝とった形に取れる中でのこの「ブラザー」。

あまりの意味深さとタイミングに「上半期で一番面白い」「狙ったとしか思えない」とネット上では笑いが巻き起こっています。素敵な笑顔が印象的なジャケット。

素敵な笑顔が印象的なジャケット。

via google imghp友人が元嫁の不倫相手になってしまったアンタッチャブル柴田が報道陣の約30分に渡るインタビューに対して「もう怒ったりとかはない。加藤には成長して欲しい」「一緒に運動会とか見に行くかも」と、冷静に返したコメントがイケメン過ぎるとも話題になっています。

まあ、アンタッチャブル柴田も浮気を繰り返し、それが原因で一時期表舞台から姿を消していたのであまり強くは言えないのかもしれませんが、それでも良いコメントですよね。

ファンキー加藤は性格はさておき、曲はやっぱり良いので、その「ファンキー」な私生活を直してまた一から頑張って欲しいですね。



ページトップへ