DVで事務所解雇の小澤廉が活動再開!イメージ最悪で女性から非難殺到

エンタメ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


元交際相手の彼女に暴力行為(DV)をしたとして、所属事務所から解雇された俳優の小澤廉さんが芸能活動の再開を発表しました。しかしDVや堕胎強要などイメージは最悪で、女性ネットユーザーたちからは非難の声が殺到中。小澤廉さんの問題行動を振り返りながら、ネットユーザーの反応をご紹介します。

小澤廉による元彼女へのDVが発覚!

小澤廉さんは大学在学中にスカウトされたことをきっかけに芸能界入り。

朗読劇『戦国ホスト倶楽部』で舞台に初出演した後、『仮面ライダー鎧武/ガイム』のラット役で俳優デビューを果たしました。

また情報バラエティ番組『PON!』ではお天気お兄さんを担当し、若い世代の女性を中心に人気を集めてきた2.5次元ミュージカル俳優。

しかし2020年に女子高生時代に出会い、のちに交際を始めたAさんに対してLINEで《調教》《ご主人様》《ペット》などの生々しいメッセージを送り続け、さらに性行為中に殴るなどの暴力を振るっていたことが発覚!

またAさんの妊娠が発覚すると「本当に俺の子?」と疑い、Aさんのお腹を殴り始めて「堕ろすと言え」と堕胎(中絶)を強要したと報道されました。

これを受け、所属事務所は契約の解除を発表しています。

坊主頭でDVや堕胎強要を否定した小澤廉

https://bunshun.jp/articles/-/48652

DVや堕胎強要が報道された後、事務所からも解雇され自粛期間を過ごしていた小澤廉さん。

そして2021年8月、坊主姿で「週刊女性」のインタビューに応じ、DVや堕胎強要を否定。

Aさんの身体のアザは「自傷行為をしていたAさんが自分でつけたもの」とし、中絶に関しては「堕ろすと言い出したのはAさん」と主張しました。

さらに「彼女の話は“事実1割ウソ9割”」と、自身の潔白を主張しています。

一方のAさんは小澤廉さんからの暴言やDVによって精神的に大きな傷を負い、小澤廉さんと同棲していたマンションで自殺を決意。

遺書を書き、首を吊る寸前で友人に保護されたと報道されています。

小澤廉が芸能活動の再開を発表

騒動から2年が過ぎた2022年10月、小澤廉さんはSNSを通じて芸能活動の再開を発表しました。

直筆の文章を添付し、その中で「この約2年間 自分を見つめ直し 未熟だったところ 社会人として至らなかったところ 自分のだらしなさを痛感し、猛省致しました。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

続けて「この約2年間有難いことに僕を気にかけ、声をかけてくださった方々もいて その声に、言葉に、僕自身何度も助けていただきました。その期待に応えていきたいと思い、芸能活動を再開する決心を致しました」と伝えました。

小澤廉のマネージャーアカウントが炎上して凍結!

今回、芸能活動再開を発表するにあたり、大学時代の友人「はっき」さんをマネージャーとして採用した小澤廉さん。

しかし、芸能活動再開発表からわずか2日で「はっき」さんのアカウントが凍結されてしまいました。

マネージャーである「はっき」さんは、小澤廉さんの芸能活動再開発表に対し、否定的なコメントを書き込んだネットユーザーたちを次々にブロック。

ひたすらブロックをした結果、なぜかご本人のアカウントが凍結されてしまったようです。

どれだけ売れている芸能人でもアンチや否定的なコメントは集まるものですが、その都度ブロックをするのは素人レベル…。

さらに今回は「否定されても仕方ない」という状況でもあるため、このマネージャーとしての対応に疑問を感じている方も多い様子。

小澤廉さんの力になりたい!とマネージャーになった「はっき」さんですが、これは完全に足を引っ張ることになりましたね。

小澤廉の芸能活動再開に対するネットユーザーの声

最後に小澤廉さんの活動再開について、ネットユーザーの声をご紹介しましょう。

小澤廉さんは活動再開を発表した後のツイートで「温かい声が多く寄せられている」と述べています。

しかし、実際には批判コメントが圧倒的に多いため、芸能界に求められていない存在であるという声も…。

「ファンの期待に応えるために活動を再開させる」というのは表向きの発言であり、結局は芸能界でしか生きていけないという証でもあるかもしれませんね。

芸能活動再開について、多くの非難を浴びている小澤廉さん。

その一方で「やっと帰ってきてくれた」「待ってたよ」と活動再開を喜ぶファンがいるのも事実です。

しかし、それこそが小澤廉さんを勘違いさせてしまう要因であり、また同じようなことを繰り返すのでは?という意見も多く見られました。

不祥事が絶えない芸能界では、女性関係のトラブルなどを暴露される方も多いですね。

しかし、その中でも「群を抜いてクズ」と言われているのが小澤廉さんであり、今回の反省文も的外れという意見が見られました。

2年間の反省期間中には沖縄旅行を満喫していたことも発覚しているため、反省しているのは「フリ」だったのかもしれません…。

そして小澤廉さんの芸能活動再開によって「芸能界は甘い世界」と感じた方も多いようです。

これまでも薬物で逮捕された方が芸能活動を再開させてきたように、一般企業などではありえない対応をするのが芸能界という場所。

これだけ公に元彼女へのDVや堕胎強要が知られ、自殺未遂にまで追い込んだと報道されても「反省したので復帰します」では、芸能界が甘いと言われるのも仕方ありませんね。

<こちらもおすすすめ>

熊田曜子のDV旦那は誰?不貞行為で熊田曜子に慰謝料を請求!

【画像】ボブサップのDVを週刊文春が暴露!否定して東京地裁で対立

 

まとめ

DVや堕胎強要など小澤廉さんの問題行動を振り返りながら、ネットユーザーの反応をご紹介しました。

DVや堕胎強要について反論している小澤廉さんですが、すでにそのイメージは最悪であり「二度と戻ってこないで」という声も多い様子。

マネージャーのアカウントも凍結されている中、どのような活動で芸能界に復帰するのかも注目が集まっています。



ページトップへ