【DMM4Kディスプレイ】50インチTVモニタが激安5.9万円!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

あのDMMから遂に4Kディスプレイが12月5日より発売中!憧れの50インチがなんと59,990円で手に入ります。ワンランク上の映像鮮度で毎日のテレビ生活をより充実させてみませんか?

江口洋介さんのCMでもお馴染み、4Kディスプレイが激売れ中

via google imghp俳優の江口洋介さんがCMでプロモーションしていたこともあり、一躍ヒット商品となったDMMの4Kディスプレイ。
購入者のレビューもこの通り、高評価!

「予想以上に50インチはでかい!部屋が狭いので壁にかけたところ、部屋がシアターに!良い買い物でした。」

「PS4を繋いでも綺麗!接続も簡単。初期不良も不具合もなく完璧な商品で値段も安く、とてもいい買い物でした。素敵なモニターをありがとう♪」

「4Kディスプレイで感動を味わいたい、でも今まで中々手を出せずにいました。こちらの商品を購入して毎日が変わりました。皆さんにも4Kのある生活を体験してほしいです!」

「安いから少し不安でしたが、今の所、特に不具合もなく使えています。コスパは最高です。」

「PS4に繋げて色々やってみたけど、全然良いです!他社の4Kディスプレイは金銭的に手が届かなかったので、こちらの商品にしました。安くて大丈夫かと少しドキドキしながら買いましたが、画面が超綺麗で息子と一緒にゲームしていて感動しました!買ってよかった!」

やはりネットで電化製品を買うとなると「性能への不安」が頭をよぎりますよね。
それに本当にこんなに安くていいの?という部分も皆さんに共通した懸念点だったようですが、実際何の問題もなく、「買ってよかった」という声が続出しております♪

DMMの4Kディスプレイがこんなにも安い訳

via google imghp

ニーズに合わせてテレビチューナーを非搭載にしているから

日本のメーカーで、大体10万~20万が相場の50型がDMMなら59,990円(税抜)、65型でも159,900円(税抜)で購入できます。この4Kディスプレイは、余計な機能は徹底的に省き、その代わりにこの安さとユーザーが利用したいシチュエーションにカスタマイズできるところがポイントです。

余計な機能とは?

余計な機能って何?と思ったあなた。実はそれはテレビチューナーなんです。実は、4K配信に対応しているのはCS放送(スカパーなど)のみです。BS放送も2018年から対応という状況。仮にチューナー対応している4Kテレビを購入しても、そのチューナーは不要になり、結局BS対応したチューナーを買う必要があるのです。だから最初から非搭載にし、その分この安さを追及しているんですね。


DMM make DISPLAYを詳しく知る

どうすれば4Kのコンテンツは見れるの?

via google imghp


DMM.make DISPLAYには、Amazon Fire TV Stickがおすすめ

Amazon Fire TV Stickを利用するとHDMIでテレビと接続し、インターネットを繋げれば、プライムビデオやNetflix、huluなどが見れるようになるんです。amozonプライム会員であれば、さらに色々とお得になるようですよ。

金銭的に手の届かなかった人は今がチャンス!

via google imghp金銭的に手の届かなかった人は今がチャンス!
また最近では、ビデオカメラ・スマホ動画・ゲームなど続々コンテンツが増えて行っています。せっかくキレイなコンテンツなのに4Kで見れなかったという人にとっては、この価格で4Kを体験できるので嬉しい限りですよね?

ゲーマーにもおすすめ!

もはや、家で見る動画サービス=テレビの動画という時代ではなくなった今。テレビだけででなく、スマホ、インターネット動画やVOD(Video On Demand) 、ゲームなど様々な動画生活をしている方にこそ、このDMM make DISPLAYはおススメなのです。


もっとDMM make DISPLAYを知りたい!

DMM make DISPLAYの3つのポイント

via google imghp

Point1:なんといっても魅力的なその価格帯

50型で59,990円(税抜)、65型でも159,900円(税抜)と今まで、4Kを自宅で体験したいと何度も検討したけれど、なかなか手が出せなかった人ならわかるはず!この価格帯は本当にスゴイし、嬉しい限りできすよね。

Point2:フルHDの2倍のなめらか映像を実現

フルHDは通常1秒間に60フレームを繋げる事によって動画を生成しています。しかし、この商品は、なんと2倍の1秒間120フレームを繋げています。なので、今までよりもなめらかな映像体験を実現させています。

Point3:あらゆるユーザーの利用シーンを想定してくれている

via google imghp多彩な利用用途に対応するべく、接続端子が充実しています。HDMI出力端子を持つレコーダーにも対応し、家庭用ゲーム機などを複数接続する事が可能になっています。


今すぐDMM make DISPLAYを購入

最後に

via google imghp今回は、2016年12月5日に発売開始されたDMM make DISPLAYをご紹介させて頂きました。DMMグループが初めて家電製品に進出した商品になります。その意気込みは、今すでに放送されている江口洋介さんのテレビCMからも伺えますよね。

今まで本当に高くて手を出せなかった4Kへの世界。

早くあなたも参加してみてはいかがですか?



ページトップへ