真木よう子、ホストクラブで2000万円の夜遊びか!?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

真木よう子さんが、歌舞伎町のホストクラブで数千万円の大金を使って遊ぶ姿が目撃されました。年齢、性別に似合わないその豪快な散財っぷりは離婚の反動という見方も。詳しく調べました。

必死のアヒル口

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 –

via google imghpクール&ビューティーなイメージの強い真木よう子さんに、意外な一面があることが発覚しました。

実は真木さん、ホスト狂いだというのです。

具体的に発覚したのは、4月の初めのこと。
ホストクラブの聖地、新宿・歌舞伎町にド派手な噂が流れました。

それが、「真木よう子が一晩で数千万円使った」というもの。

数千万円と聞いて、驚くのはもちろん、信じられない人もいるでしょう。
バブル経済真っ只中の時代ならまだしも、景気のいいとも言えないこのご時世においては、明らかにケタ違いです。

しかしながらこの話、確かな情報らしいのです。

噂のお店は、歌舞伎町に古くからある某ホストクラブ。
歌舞伎町でも最も古参のお店らしく、ホストクラブ業界でも名が通っているようです。

過去には長らく日本一の売り上げを誇っていたそうですが、ここ数年は勢いのある新参クラブに抜かれていました。
しかし、今年に入ってから、いわゆる“デカい客”が続々とついてきて、再び日本一に返り咲いているようです。
で、その“デカい客”の一人が真木よう子さんだというのです。

まっったく意外ですよね。ホストクラブの上客って、もっとふくよかでギラギラしたおばさんだと思っていました。
しかも、数千万円なんていったらもう“デカい”どころではありませんから。

数千万円を叩いたその当日の詳しい情報が、しっかり入ってきています。

久しぶりに遊びに来た 弟の腹がヤバすぎ……

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 –

via google imghp真木さんがそのホストクラブに通い始めたのは、今年に入ってから。
例の日というのは、3月下旬のある晩のことです。


一人で入店した真木さんは、いかにも自宅からふら~っと来たようなラフな格好。
店に入るやいなや、お気に入りのホストを横につけ、その他数名のホストも一緒に囲ませて、お値段数百万円もするような高級なシャンパンやワインを空けていたそうです。

その月、真木さんのお気に入りホストは、月間で数千万円を売り上げてNo.1に輝きました。
その売り上げを計算すると、真木さんがその夜に2000万円ほど使っていることになるんだそうです。

一晩で2000万とは……庶民の私などからすれば、考えられません。
超高級車でも2台買えるじゃないですか(笑)

それにしても、この羽振りの良さは男らしさを感じます。潔い感じは、逆にイメージと合っているかも?

ですが、さすがに一晩でこれだけの額を叩く人は滅多にいないみたいです。
過去に、細木数子さんが同じくホストクラブで800万円使ったことが話題になりましたが、その倍以上ですからね。真木よう子とは、とんだ大物かもしれません。

家事を放り出して夜遊び?

「真木よう子って、結婚してなかったっけ?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、真木さんは2008年に元俳優の片山怜雄さんと結婚。翌年に長女も誕生しています。
しかし、実は2015年に離婚しています。

今年から小学生になった娘さん。現在は真木さんのお母さんが面倒を見ているようですが、離婚以前は片山さんがほぼ専業主婦として子育てをしてきたみたいです。
その他にも家事は一通り片山さんがこなしていたようですが、というのも、俳優をやめてからは小説家を目指していて、ほとんど稼ぎがなかったみたいです。

つまり、ほぼほぼ真木さんのヒモ状態。
そのことで真木さんが愛想を尽かし、離婚に至ったとのことです。

真木さんは、男らしくない男が好きじゃないのでしょうか。
以前、ある番組で、「男っぽい性格なんでなよなよした男は好きじゃない。でも、(自分のもとに)頼りない男が集まってくる」と話しています。
男兄弟の中の紅一点で育ってきた真木さんは、自他共に認める男っぽい性格。

ヒモ男を許せなくなるのは仕方ないかもしれませんね。

しかしながら、ホストというのは男らしい男に入るのでしょうか。
チャラチャラした感じや、長く、盛られた髪は男らしさとは正反対な気もしますが……

けっこう楽しそうな写真がいっぱいあります
「遊ぶ時は遊ぶ!」という感じなのでしょうかvia google imghpしかし、片山さんを悪く言ってしまっては可哀想でもあります。
真木さんの奔放な私生活は今までも少しずつ取り沙汰されていたようで……

まだ結婚していた2012年には、演出家・長塚圭史と腕を組んで歩いているところをスクープされています。
ちなみにこの長塚さんは、あの常盤貴子さんの旦那さん。
当時は掘り下げられずに終わりましたが、そんなW不倫となったらヤバイですね。

また、片山さんがベビーカーを押して買い物したりなど、家事育児に勤しむ姿を目撃されていたのに対し、真木さんは夜な夜な飲み歩く姿を目撃されていたこともあったようです。

それにしても、真木さんが男らしすぎてもどうかと思いますよね。
子育てを任せて遊び歩いてお金をばらまくなんて、昭和の昔かたぎの男のイメージです。男すぎます。(笑)


ページトップへ