BTSがグループ活動休止を発表!兵役だけが理由じゃない?

芸能人 韓流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、世界で一番人気を集めている韓国アイドルグループと言えばBTS。しかし、人気絶頂の今「グループ活動の休止」を発表し世界中に衝撃を与えました。BTSが活動休止をする理由とは?

BTSがグループ活動の休止を発表!

BTSは6月14日、YouTubeチャンネル「BANGTANG TV」を通じてカムバックを記念する会食の様子を公開。

その動画の中で、グループ活動の休止を発表しました。

あくまで「グループ全体の活動」を休止するだけであり、個人での活動は継続するとのこと。

また解散や不仲での活動休止ではなく、「グループの方向性を見つけるため」の前向きな選択と明かしました。

しかし、この発表を受け世界中のファンはもちろん世界中のメディアが大きな衝撃を受けた様子。

実際、BTSのグループ活動休止発表後は所属事務所HYBEの株価が約25%下落しており、大きな影響を与えていることが分かります。

BTSのグループ活動休止は兵役や宿舎問題が理由?

BTSのグループ活動休止の理由として、今後の入隊が挙げられます。

BTSのメンバーは今後入隊を予定しており、必然的に完全体での活動が難しくなりますね。

しかし、これは韓国に生まれた男性の義務であり、わざわざグループ活動の休止を発表する必要はないはず。

実際、BTSのように7人ほどメンバーがいるようなグループの場合は誰かが入隊をしていても、他のメンバーでグループ活動を継続していますね。

そして今回、配信された動画の中では「宿舎契約の終了」も話題になりました。

これまでは7人が一緒に宿舎で生活していましたが、宿舎の契約終了によってメンバーはそれぞれお引越し。

ジミンは「もう宿舎契約が終了するが、宿舎を整理しにきたついでにこのようなこと(活動休止について)も話して」と明かしました。

しかし、この部分においても宿舎での共同生活を終えて、その後もグループ活動を継続しているグループが多いですね。

そのことからBTSのグループ活動休止は「入隊」や「宿舎契約」は直接的にあまり関係ないことが予想できます。

グループ活動休止の理由をBTSメンバーが涙ながらに説明

「何を伝えればいいのか分からなくなった」

BTSのグループ活動休止の理由として、リーダーのRMは「何を伝えればいいのか分からなくなった」と述べています。

これは2020年のアルバム『MAP OF THE SOUL: 7』に収録されたシングル「ON」のリリース後から悩んでいたこととし、「Dynamite」や「Butter」など新曲のレコーディングをしながら「グループが変わってきた」と実感。

そして、どんどん人気が集まる一方で自分たちですら「BTSというグループが手の届かない存在」になり、RMとしては「いつからかラップ・マシーンになり、音楽をリメイクし、グループのために英語を話すことが私の仕事になりました」と感じていたと明かしています。

BTSは世界中に大きな影響を与えており、彼らの持つ“メッセージ性”も高く評価されてきましたが、すでに本人たちの中では違和感や葛藤があったことが分かります。

「成長する時間さえない」

またBTSのグループ活動休止の理由として「成長する時間さえない」ことも挙げられました。

これはBTSの問題だけでなく、K-POPという業界においての大きな問題。

常に新しいものを追い続け、他のグループとは差別化された音楽やダンスを生み出すため、寝る間もなく働き続けています。

その結果「成熟する時間を与えてくれない。音楽制作を続け、何かをやり続けなければならない」と負担を感じることも多く「一人で考え、一人の時間を持つことで、その考えが自分らしいものに成熟していくのですが、物理的にこれ以上成熟できません」と素直な気持ちを明かしています。

韓国では「お金持ちになるならアイドルになるのが一番」と言われており、実際BTSのメンバー個人の年収は5億円を超えているとも…。

しかし、一度頂点に立ってしまったBTSは「より新しいもの」を追い続けるためだけに努力し、結果的には自分の生活や心の健康もままならない状態になってしまったようですね。


「2013年以降、一度も楽しみながら作業をしたことがなかった」

BTSのグループ活動休止の理由として「2013年以降、一度も楽しみながら作業をしたことがなかった」ことも挙げられました。

BTSの楽曲を数多く手掛けているSUGAは、今回の動画配信を通じて「今、無理やり歌詞を絞り出している。いつも苦しかったし、絞り出していた。今絞り出していることと、8年前に絞り出したものが全く違う」と心境を明かしました。

その結果「2013年以降、一度も楽しみながら作業をしたことがなかった」と明かし、ファンたちに切なさを与えています。

メンバーたちと共に旅行に行く際でも、必ずパソコンを持参し楽曲制作をしていたSUGA。

しかし、それも楽しさから作っていたのではなく、どこか業務的になっていた部分があるのかもしれません。

BTSのグループ活動休止はいつからいつまで?

BTSの活動休止は新アルバム「Proof」のカムバック活動終了後からと発表がありました。

しかし、詳細の日程については言及されていません。

その一方で、今回のカムバック活動は6月中には終わるはずなので近日中にグループ活動を休止すると予想。

またその期間についても言及されていませんが、今後BTSのメンバーたちは入隊を控えています。

まだ法案が正式に決定していないものの、最年長のジンに関してはすでに入隊までのタイムリミットが迫っている状況。

今後7人のメンバーが順番に入隊した場合、メンバー全員の除隊を待ってグループ活動を再開させる可能性もありますね。

最年少のジョングクは現行で2027年まで入隊延期をできるため、除隊は2029年。

これから7年もグループ活動を休止するとは少し考えにくいため、もう少し早い時期にグループ活動を再開させるものと思われます。

BTSの今後の活動はどうなるの?

グループ活動の休止を発表したBTSですが、気になるのは今後の活動。

まずは7月にJ-HOPEが米国の音楽フェスティバル「Lollapalooza(ロラパルーザ)」のステージで、ソロ活動を始めます。

その後は、他のメンバーたちもソロアルバムを発売する計画とのこと。

BTSの兵役問題はまだ正式決定していませんが、最年長のジンは入隊時期が迫っているためもしソロ活動を行うなら、早い段階で活動をスタートさせるはずです。

一方、Vのように過去に俳優業を行っていたメンバーもいるので、ソロ活動は音楽活動だけにとどまらない可能性もありますね。

さらにBTSは一部のコンテンツについてはこのままグループでの活動を継続をするとしています。

<こちらもおすすめ>

BTSジミンが保険料滞納で自宅マンションが差し押さえ!その原因は?

BTSグクの手首にリスカの跡?タトゥーとの関係も徹底調査!

まとめ

BTSの活動休止理由についてご紹介しました!

韓国アイドルには兵役問題や宿舎問題などが付き物ですが、BTSの活動休止理由はそれだけではないことが分かりましたね。

あくまで「前向きな活動休止」としているものの、これまでの辛さを涙ながらに語っていたメンバーたちの姿にショックを受けたファンも多かったようです。

グループ活動の再開が何年先になるのかは分かりませんが、今後はそれぞれがソロ活動を通して新しいチャレンジをし続けて欲しいと思います。



ページトップへ