【母の日】ワンオクTaka、母森昌子とのツーショットが話題に

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ONE OK ROCKボーカルのTakaが母の日に幸せそうな親子写真をインスタグラムに投稿!あまりにも幸せそうな森昌子さんの笑顔…ほのぼのとした写真に癒やされる人続出!その笑顔の裏にはTakaの壮絶な過去があった…

今年5月8日は母の日でしたね!筆者も日頃からお世話になっている母親に感謝の気持ちを伝えるべく、焼き菓子やスパの無料券などをプレゼントしたりしました。普段は恥ずかしくてなかなか言えない「ありがとう」も、母の日だけは言える特別な日。私たち一般人だけでなく、忙しい芸能人であってもそれは変わらないものです。

今回母の日にちなんだ芸能人の投稿で一際ネットを沸かせたのが今や世界的にも有名な日本が誇る大人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルを務めるTakaこと森内貴寛さん。数々の海外アーティストとのコラボ、そして米国、アジアやヨーロッパなどでのワールドツアーは常に満員状態、という今最も勢いに乗っているロックバンドを常に引っ張ってきました。売れっ子のはかなり多忙なスケジュールを日々こなしている印象がありますが…
先日インスタに投稿された写真があまりにも素敵であると、Twitterを中心としたSNSで話題となっています。

Instagramに投稿された話題の写真

TakaさんのInstagramはやはりONE OK ROCKのバンド仲間との写真や、海外での様子、あとは外国のアーティストとの写真などが多いようですが、ごくたまに、ご家族の写真を載せていることがあります。

@seungriseyo”さんの投稿

@10969taka)さんの投稿

Takaさんのインスタの一例

普段はこんな感じの、いかにもROCK!と言った写真の投稿が多いようです。筆者はあまり海外のロックバンドには詳しくないのですが、有名な方々や、向こうのプロデューサーさん、ツアーの時にお世話になるスタッフさんとかとも恐らく一緒に写っていると思われます。via google imghp今回話題となった写真もその数少ない貴重なショットの一つ。そしてこれがまた親子寄り添って、本当に幸せそうでまさに「温かい家庭」という表現がピッタリなお写真となっているんですね。
息子は何歳になっても母親を想うとよく言われていますが、まさにそれにぴったり当てはまる素敵な親子だと思います。

素敵すぎるツーショット

「母の日おめでとう」というコメントともに。
Takaさんにぴったりと寄り添う森昌子さん。幸せそうな笑顔で、ま、眩しい…!写真右側から差し込む光も眩しい!!美しいお母様にイケメンな息子…すべてが眩しい!!via google imghpおふたりとも全身黒い服に身を包んでいて、まるでペアルックの様との意見も。たしかにそう見えますね!このような息子を持つこと、このような息子に育ってくれることこそが息子を持つ多くの母親の理想であることはまず間違いないですね。

さて、このインスタの投稿に関して世間の感想は…

やはり誰もが認める素敵すぎる関係!!!親子愛に感動します…

とまあここまで理想的な家族というものを象徴しているTakaさんと森昌子さんのツーショットをご紹介してきましたが、実はTakaさん、若いころ(特に反抗期)はものすごくご両親に反発して家を飛び出したり、その後に森昌子さんと森進一さんが離婚されたりと波乱万丈な人生を送ってきていました。今でこそこのように寄り添って写真をとったり、ご両親のことを頻繁に気にかけたりと、森昌子さんと森進一さん、それぞれと非常に仲の良い親子のイメージがあるTakaさんですが…
今回はここに至るまでのTakaさんの人生も少し振り返ってみたいと思います!


「親の七光り。アイドルバンド。」否定され続けたTakaさんの壮絶な過去

すでに何回か述べてきましたが、Takaさんのご両親は歌手である森進一さん、森昌子さんで、Takaさんはお二人の第一子でした。また、下に1歳違いの弟(現在MY FIRST STORYというバンドでボーカルとして活躍中)、そしてそのまたさらに下に6歳違いの弟がいます。

幼い頃から家の中では常に森進一さんの楽曲が流れていたため、音楽には小さい頃から慣れ親しんでいたそうです。また、Takaさんは英語の発音がネイティブ並みに上手いとよく話題になっていますが、これも洋楽などを聞く環境にあったからではないかという説もあります。この時Takaさんはご両親の希望で慶應義塾幼稚舎へ通い、そして卒業後はそのまま2001年に慶應義塾湘南藤沢中等部へ入学。同年8月にジャニーズ事務所に入所しました。
中等部時代は学校が厳しく、かなり窮屈な学生生活を送っていたみたいで、このころからご両親に反抗していたようです。
また、ジャニーズへ入ったものの、森進一さんからの条件付きで、アイドル活動に必要不可欠なレッスンは毎週土曜日のみに参加、更には学業に差し障りがあったら辞めるというもの。

ジャニーズに入ってからまもなく、その並外れた歌唱力やルックスが評価され、NEWS結成メンバーの一人に抜擢されますが、それまでジャニーズJrで目立っていた山下智久さんなどを応援するメンバーから「親の七光り」などといったバッシングをうけてしまい、やる気を失ってからは女性との派手な付き合いが目立ったり、喫煙の疑いが雑誌に取り上げられたりと問題を起こし…わずか3ヶ月後ににNEWSの活動を休止、そしてそのまま脱退となりました。表向きでは「学業に専念するため」とのことだったようです。

NEWS結成当初の9人

面影が殆ど無いので少々わかりにくいですが、Takaさんは一番左に立っています。デビュー当時のニュースのメンバーの中ではあまり中心的な位置にはいなかったのでしょうか。via google imghpTakaさんはそのまま慶應義塾湘南藤沢高校へ進学しますが、音楽への夢を諦めきれず、まもなく高校の中退を決意します。そしてその一ヶ月後に両親の離婚…この時、Takaさんの親権は森昌子さん、弟2人の親権は森進一さんというように決定したそうです。
高校を中退してからは、実家を飛び出し、一人暮らしをするように。スリーピースバンドを高校時代の同級生と組んでカバー曲を中心にライブ活動を始めていましたが、そのライブをワンオクのギター担当のToruさんが見に訪れた際に、Takaさんの歌唱力に魅了され、何度も何度もTakaさんを勧誘したところ、押しに負けたTakaさんがワンオクへの加入を決意。

しかし、ロックの世界でもかなり試練はあり…ジャニーズでアイドルをしていたという経歴から、ライブハウスに売り込みに言っても断られることが多かったONE OK ROCK。そこで諦めずに、自分たちで大型車を運転し、全国のライブハウスを回ることによってファンを獲得していったそうです。

そして結成5年目で、ついに武道館でのライブが行われました。その公演にこれまで反抗して迷惑をかけて、ずっと衝突してきた両親を招待し、そこで2人に向けて「ごめんなさい」と「ありがとう」という気持ちを歌詞にのせた『Nobody's Home』を演奏しました。

色々な経験をして大人になったTakaさん。つらい過去や、両親との衝突があったからこそ、自立した一人の大人になることができ、そしてそれを見守ってくれたご両親への感謝の気持ちが生まれたのでしょう。今後もTakaさんとご両親の美しい親子関係を見ていきたいですね!

森進一さんと

こちらはお父様である森進一さんとのツーショット。肩を組んで仲よさげです。via google imghp

森昌子さんと

こちらは再びお母様との別ショット。
寄り添ってますね~via google imghp



ページトップへ