ボブ・ディラン、ノーベル文学賞を受賞するも連絡取れず

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ノーベル賞を受賞すれば、誰でも授賞式に出席する。しかし、ボブ・ディランは例外で、式に来ない可能性が高くなっている。連絡が取れないというまさかの事態に、ついに断念。果たして本当に姿を現さないのか・・・。

連絡取れず

日本では村上春樹の受賞が期待されていたノーベル文学賞。結局、村上春樹は受賞しませんでしたが、受賞者には驚きの人が選ばれていました。歌手としては初めての、生ける伝説ボブ・ディランです。アーティストとして世界中で人気で、数々の賞を受賞しています。その彼が受賞となり、喜ぶ人は多いでしょう。ノーベル文学賞は「文学」という名前のとおりに、小説や詩、戯曲など多岐にわたりますが、文章がかかれた作品によって判断されると考えられていました。日本でも川端康成と大江健三郎が受賞していますが、ふたりとも小説家です。歴代受賞者をみてみても、ほとんどが小説と詩によるもので、あとは哲学や歴史、戯曲がわずかにあるだけです。それを考えれば、音楽での受賞は想像を超えるものであり、音楽を「文学」の枠組みに当てはめて良いのかは少々疑問であり、批判する人もいます。ボブ・ディランは詩として選出されており、音楽の中の歌詞に注目したようです。ただ、ボブ・ディランほど世界に影響を与えた人がノーベル賞を取れなくて良いのかといった議論があったと考えられ、最も当てはまりそうなノーべル文学賞に半ば無理矢理入れた可能性もあります。それでもノーベル賞を受賞すべき人物であるのは誰もが知っているので、それについて文句を言う人は少ないです。問題は受賞ではなく、授賞にあります。ボブ・ディランに受賞した旨を伝えようと連絡しても全く取れないらしいです。


ボブ・ディラン

アメリカのミュージシャン。「時代の代弁者」と崇められ、全世界に影響を与える。自身はそういったメッセージを出した意図はなかったようだが、同世代の間で爆発的な人気を誇る。はじめはフォークソングを作っていたが、ロックへと転換し、今までよりも多くの人がファンとなった。ドラッグや事故などがあり、一度は姿を消したが、その後復帰を果たした。ゴスペル、ヒップホップと幾度も曲調を変え、時代の最先端を走った。代表作は「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」など。

なぜ連絡が取れないのか

連絡が取れないそうですが、それは少し奇妙ですね。実はボブ・ディランは受賞が発表された時、コンサートをしていました。その時にすでに受賞したことは分かっていたそうなのです。コンサート中は全くノーベル賞について触れず、聞いていないかのように振る舞っていたようです。普通コンサートがあれば、一言くらい「ノーベル賞受賞しました」みたいに触れるでしょうが、ないということは言いたくなかったと見えます。コンサート後は全く姿を見せず、連絡しても取れないということで、テレビやラジオで何度も呼びかけけていたようですが、ついに断念しました。授賞式は予定通り行うとのことですが、もし来なければ何か別の催しをすることになるらしいです。ノーベル賞は取りたくても取れない人がたくさんいるので、授賞してほしいですね。しかし、突然妙な行動をしたのではなく、ボブ・ディランは昔からこのような考えを持っていたと言います。「時代の代弁者」とされることに対しては、あまり良く思っていなかったようで、自分の歌詞を勝手に解釈されることを嫌がっていたそうです。また、政治性の強い曲を作っていたと考えられており、実際本人はどう考えていたのかは分かりませんが、政治的すぎると曲をひとつ拒否された際は、怒って出てしまったこともあるといいます。ボブ・ディランは周囲が思っているほどノーベル文学賞を嬉しいとは思っていないでしょう。ノーベル賞をとるために曲を作っていないので、受賞する義理はないと思っているのかもしれません。勝手に「世界に影響を与えた」とされているだけで、そう判断したのは周りの人間で、自分は何もしていないという意見は分かります。ここまで連絡がなければ、授賞する意志がないのは明らかです。本人がいないままの授賞式になりそうです。

ボブ・ディランの行動には賛否両論

世界から注目されるノーベル賞を欠席するのはものすごい覚悟が必要です。周りを気にしないボブ・ディランには賞賛する声もありますが、やはり周りを馬鹿にしていると批判も多いです。

ものすごいロックですね。ノーベル賞を無視できる人間はほとんどいないでしょう。ボブ・ディランこそロック界のトップかもしれません。

確かにノーベル賞を受賞したからといって、返事がかならず来るわけではありませんが、それにしても全くの無視をする必要はないという意見もあります。返事が来る前提で考えてもおかしくない事例であるといえます。


すでに伝説となっていますが、新たな逸話が増えそうですね。ノーベル賞を断る、ではなく無視ですから、史上初となるでしょう。

断るなら断るできちんと表明しろという人もいます。なぜ表明しないのでしょうか。やはり無視することに意味があるのでしょうか。天才にしか分からないことかもしれませんね。

だとしたらどう見ても自分にノーベル文学賞なんて困る、いらん、と思ってるとしか考えられないんだけど〜!

でもハッキリと辞退の意思は出さないんだね。なんでだ

いろ〜〜〜〜んなことを考え中なんだなやっぱ、きっと、しらんけど

— yukko (@enkoba5050) October 15, 2016

断るなら断るできちんと表明しろという人もいます。なぜ表明しないのでしょうか。やはり無視することに意味があるのでしょうか。天才にしか分からないことかもしれませんね。



ページトップへ