ベッキーの裏の顔が怖すぎる。好感度は表だけだった。

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バライティ番組やCMに引っ張りだこだったベッキーですが不倫会見前のゲス川谷とのライン「友達で押し通す!笑」「ありがとう文春」「センテンススプリング」などが流出しまったく反省していないことが分かり、徐々にベッキーの裏の顔が明らかとなりました。

これまで優等生キャラで売ってきていたベッキーですが、ゲス川谷との不倫騒動で、好感度はガタ落ち。
しかし、関係者は語ります。ベッキーの裏の顔が怖すぎるということを・・・

「10年前にベッキーがバラエティー番組で『痴漢退治が得意』と公言し、今まで5人捕まえたけど2人は間違いだったと笑いながら話したことがありました。痴漢の誤認逮捕は当時社会問題になっていた頃で、痴漢誤認逮捕の被害者らがベッキーを訴えようとしていると報じられるなど、波紋を呼びました」また、テレビ制作会社にADとして勤務していた女性は語る。

「ベッキーは相手の立場を見て態度を変える典型的なタレントのひとりです。ベッキーの現場の飲み物は常温の水と決まっているのですが、あるロケでベッキーに常温の水を手渡したのですが、口をつけると冷たく感じたようで、『冷たいっ! 常温って言ってるでしょ!』とかなり怒っていました。監督やプロデューサーのような偉い人の前ではいつも笑顔で元気なのですが、私のような下っ端には接し方が全然違うのだなと思いました」

さらに、飛行機内でベッキーと遭遇したことがあるという女性は語る。

「CA(キャビンアテンダント)さんへの対応の粗雑さが目立ちました。スーパーシートに座っていたベッキーに、CAさんが気を遣って膝かけを持ってきたのですが、舌打ちして片手で払うような仕草をしたのです。テレビで見ていた印象とあまりにも違いすぎて驚きました」

裏の顔がブラックすぎます。

@miyazawa_keikoさんの投稿

ベッキーといえば好感度via google imghpベッキーといえば好感度の固まりみたいなものですが、「いい人キャラ」を演じがちで、芸能人から嫌われることもしばしばあるようです。

『世界の果てまでイッテQ!』で、いとうあさこさんがTバック姿でお尻をペチペチ叩かれる尻ドラムに挑戦した際にベッキーは一人だけスタジオで『かわいそう』『セクハラ寸前』などテンションが下がるコメントを連発し司会の内村光良さんを怒らせたり、


『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』では視聴者と同じ目線で『酷い』『大丈夫』などとVTRに対しコメントし、それに苛立つ司会のブラックマヨネーズの小杉さんから『お前、喋りすぎ。ちょっとだまっとけよ~』などと冗談とも本気とも取れる怒声がスタジオに響いたこともありました。

このように「私いい人でしょ!」という自分の好感度を優先するのがミエミエなベッキーに最近ではネットでも「ベッキーが嫌い」という声も多くなってきました。

有吉さんがベッキーにつけたアダ名「元気の押し売り」

今ならよくわかる気がします。via google imghp視聴者に嫌われつつあったベッキーですが、これだけ多くのテレビやCMに出演できるのは大御所のタレントやテレビ局の重役にすり寄っているからだそうです。
そして、いつでもお礼状を書けるように、レターセットを持ち歩いているいて、もらったスタッフを感動させるベッキー。すべては自分の好感度のため。

そして、今回この不倫騒動でベッキーがゲスだということが明らかになり、好感度0
「友達で押し通す予定!笑」「ありがとう文春」「センテンススプリング」

もはや芸能界追放とまで報道されてしまうベッキーでした・・・



ページトップへ